ピアノゾンビ ホネヌキマン コラム「ぬいてもぬかれるな」第2回

2016.08.1012:00

  • LINEで送る

ピアノゾンビ

おはよう諸君。
ご苦労。
私だ。

さて今週も張り切っていきましょう。
私は夏は夕方から夜にかけてが好きですね。昼間の汗がひいてね、ジリジリと焼け付かせる太陽が隠れて、虫の鳴き声も少し落ち着いてくると無性にお外に出たくなります。夏の夜にはねワクワクとね、切なさみたいなものがねあるわけです。
私は冬は早朝が好きですね。冬の早朝は空気が張りつめてて、吐く息も白くて、静かですよね。冬の早朝にも切なさみたいなものがあるわけです。
つまり私は切なさが好きなんですね。きっと。
曲もねマイナー調の曲が好きな傾向にあります。はい。

切なさってなんなんですかね。胸を締め付けてくるあの感じ、たまらんですよね。
高校生の時、帰り道で、坂の向こうに夕日に照らされた好きな人らしき後ろ姿。切ない。
というか、もうね、下校自体が切ない。もっと言うと夕方そのものが切ないわけです。
一人ぼっちは切ないし、誰かといても別れ際のじゃあねは切ない。
日常の色んなところに切なさは潜んでいるのです。
日本特有の侘び寂び、これも切なさなわけであります。
元気にお外に飛び出して、みんなと一緒に大笑いするってのもとっても素敵なことです。
でも私は、今日はお家で一人で切なさに胸を締めつけられたいと思うことがよくあります。
どちらかといえばインドア派なのでね。
皆さんにとっての切なさってなんですか?切なく感じるものってなんですか?
みんなが共有できる切なさもあれば、一人一人違う切なさもあると思うんですけどね。
いつかね切なさについてねたくさんの人とね議論してみたいなと思いますね。
夕方の公園とかでね。

切なさが好きですね。
私は切なさが好きですねやっぱり。

そんなわけでまた来週。

じゃあね。

アディオス。

 

9/3(土)クアトロ公演に向けたロングインタビューはこちら!
http://www.diskgarage.com/digaonline/interview/10352

 

次回は8月17日(水)掲載予定

ピアノゾンビ「骨殺しナイト」

2016年9月3日(土)渋谷 CLUB QUATTRO
17:00 開場 / 18:00 開演
出演:ピアノゾンビ / DATSUN320 / 八十八ヶ所巡礼 / 花団
NOW ON SALE

ディスクガレージ受付

お申し込みはこちら
受付期間:発売中~8月12日(金)23:00

関連リンク