本当の意味での1stアルバム『パパはNewギニア』 と、11月からのツアーへの意気込みをTAKUMI&KO-Kiが語るロングインタビュー!

2016.10.0312:00

  • LINEで送る

NECOKICKS

インタビュー/フジジュン

──本当の意味での1stアルバム『パパはNewギニア』が完成しました。

TAKUMI(Gt&Vo) はい。全曲新曲ということと、アルバム製作という作業にメンバー全員で挑んだのが人生で初だったので、今作は“本当の意味で”と言いたくて。

KO-Ki(Dr&Driver) 今回、制作に臨む気持ちも違ったし、一人ひとりのプレイにも挑戦があって。今後のバンド人生でも、フルアルバムを作る機会ってそんなにないと思うので。いま出来ることを惜しみなく全部詰め込もうと必死で作りました。

TAKUMI アルバムだと、シングルやミニアルバムじゃ挑戦出来ないことだったり、バンドの幅を見せることが出来るので。みんなでたくさん話し合って、アルバムでは色んな角度からバンドを魅せることが出来ていると思うので。すごく良い1stアルバムになりました。

──僕もアルバムを聴かせてもらって、「圧倒的な今が詰まっているな」というのが感想で。1曲目「ワンダーワンダー」が象徴的だと思うけど、ラストの「遠い空の向こう」まで、今思うこと、今伝えたいことがしっかり描かれていたし、人柄が見えてきたし。アルバム通しての物語性を感じた時、「これは日常という壮大な物語なんだ」と思ったんです。

TAKUMI すごく嬉しいです! 僕ら不器用で、物語性を持ったアルバムを作ろうと思って作れるタイプじゃないので。まさに「アルバムを作ろう」と言ってからの4人の毎日が歌詞や曲に入っていて。それが物語になってるというのは、出来上がってから僕らも気付いたんですが。日常という物語がアルバムに落とし込めていたら、本当に嬉しいですね。

KO-Ki 歌詞は一枚通してTAKUMIの日常が描かれてて。僕らも出来上がった時に「こういう歌だったんだ」と思ったり、「あんたのこと丸分かりだよ!」と思う身近さがあって。ずっと一緒にいるから、「あの時に思い付いたんだろうな」くらいよく分かります(笑)。

TAKUMI 僕、あまり照れずに全てをさらけ出しちゃうタイプなんで。メンバーやよく知ってるお客さんは、僕のこの1年くらいに起きたことが丸分かりだと思います(笑)。何かから引用してくるというよりは、自分に起きたことや感じたことを素直に描きたいタイプなので。赤裸々な僕が見えるアルバムになってると思います(笑)。

──曲のテーマや魅力をメンバーが理解した上でアレンジ、演奏が成されている気がしたんですが、普段の曲作りはどんな感じなんですか?

TAKUMI 曲にもよるんですけど、デモの段階で「これは切ない感じの曲で」とかイメージだけ伝えて。そこからみんなで曲を作っていく感じですね。

KO-Ki どんなに凝ったことをやっても、難しいことやっても、聴き手に伝わるのって1割くらいだと思うんです。だから、いつかそれを伝えたいというのは心に秘めておいて。とにかく色んな所で耳にしてもらって、聴いた人に自然と入っていく曲にしたくて、基盤はすごくシンプルに作りました。ライブではひと味違った感じになると思うんですけどね。

──バンドとして、1stアルバムを作るタイミングはバッチリだった?

TAKUMI 今回、このメンバーになって4回目のレコーディングだったんですが、メンバーへの信頼はどんどん生まれていて、安心して任せられる感もあって。そこはバンドの成長なのかな? と思っているし、今作が出来てそれがより強くなった感もあるし。アルバムを作るにはバッチリのタイミングでしたね。

──アルバム完成してみての率直な感想は?

KO-Ki アルバム一枚作るのは、本当に大変だなと思いました(笑)。あとは無意識でやっていたちょっとしたことが、後から聴いた時に作品通しての重要なポイントになっていたりして。アルバムを作るということの難しさと面白さ、あと自分たちの成長を感じました。

TAKUMI 僕は単純に嬉しかったです。自分でも良い曲がばんばん作れる、センスある人間じゃないと思ってるし、歌詞もすごい時間をかけて悩んで書いてるんですけど。11曲出来上がって、レコーディングをして形になった時、ちゃんと振り幅もあって、面白さやネコキらしさも入れられて、すごく満足出来て。もっと曲を作りたいと思ったし、ネコキのこれからの可能性もすごく感じるものになったと思っています。

──客観的に見るのは難しいと思いますが、作品としてはいかがですか?

TAKUMI 僕が気に入ってるのは、1曲目から4曲目まで攻めた曲がダダダッと入ってるところですね。曲間も詰めていて、走り抜けるような感じがすごく良いし、その後の「かぞくのうた」でゆったりする感じもすごく良いし。曲順もすごい悩んだんですけど、この曲順が決まった時に「この曲たちをレコーディングして良かった!」と思いました。

──全曲新曲ってところで、これだけ一気に曲を作ったのも初めてでしょう?

TAKUMI そうですね。僕らはある物をもったいぶらずにどんどん出しちゃうタイプなので。その場その場の全力を出していきたいし、そういう勢いはきっと曲に出ると思ってて。

KO-Ki 本当に24時間、曲作りのことを考えてる時期もあったよね?

TAKUMI うん。で、今までは僕の弾き語りをスタジオで聴かせて、そこから曲を作っていく感じで。それがアナログだし、ロックで良いなと思ってたんですけど。今回はちょっとだけ作曲方法を変えて。音楽ソフトに挑戦してみたり、スタジオで話し合いながらみんなで作っていったりして、そこには弾き語りだけでは出せない面白さもあったり、そこから生まれたアイデアがあったんです。

KO-Ki でも、TAKUMIの弾き語りから一人ひとりが色んなことを試してみる、アナログなやり方だからこそ人間っぽさとか、自分たちらしさに繋がってる気もするんですよね。

──うん、その場その場で思ったことを出し惜しみせずに出していって、その感覚を忘れないうちに形にしてしまうという作業はこれからもやっていった方が良い気がします。

TAKUMI そうですね。僕ら、「良い曲が出来たから、次のリード曲に取っておこう」みたいな考えはあんまり好きじゃなくて、「良い曲が出来たから、すぐ出すっしょ!」みたいな感じで。在る物をもったいぶらずにどんどん出しちゃうタイプなので、その場その場の全力を出していきたいし、そういう勢いはきっと曲に出ると思ってるんです。

1 2

NECOKICKS pre.「ゆとり爆発ツアー」~パパはNewギニアリリースツアー~

2月4日(土)DAIKANYAMA UNIT
開場 17:15/開演18:00
NOW ON SALE

ディスクガレージ先着受付

お申し込みはこちら
受付期間:受付中~10月31日(月)23:59

関連リンク

RELEASE

NEW ALBUM「パパはNewギニア」
(FIVE RAT RECORDS)
10/5(水)Release!