さくら学院、本日ニュー・アルバム発売!“2015年度卒業式”を間近に控えたロング・インタビューを敢行!

2016.03.0312:00

  • LINEで送る

さくら学院
──まず、2015年度のさくら学院を振り返っていただけますか? 

磯野莉音 12人のメンバーのうちの半分、6人が転入生だったので、今年度が始まった頃は正直、どうなるのかわからなくて。不安な気持ちが大きかったんですよね。

白井沙樹 しかも、転入生6人のうち、小等部が4人もいて。みんな人見知りもしない明るい子たちなんですけど、最初の頃はメリハリをつけることが難しくて。

大賀咲希 はじめは友達感覚だったり、仕事というよりも楽しく遊ぶっていう感じがあったと思うんですね。

白井 でも、夏頃からみんなの自覚が芽生えてきて、だんだんと光が見えてきて。

倉島颯良 レッスン中にもメンバーとよく目が合うようになったし、1つになったって感じる瞬間が増えたんですよね。それに、転入生に教えることによって、自分が気付かされることもたくさんあって。転入生のおかげで成長することができた1年だったなって思いますね。

大賀 転入生はみんなすごく前向きで、常に新鮮な気持ちで取り組んでて。転入生のおかげで今まで在籍していたメンバーもまた新たな気持ちでスタートできたし、颯良が言ったように、一人一人がいろいろなことに気づけた年でしたね。

磯野 転入してきた年度も学年も違うからこそ、新たな発見もあったし、それぞれに刺激しあって、お互いに成長できたなと感じていて。今となっては、この12人でさくら学院として過ごせていることを本当に良かったなって思ってます。

──中3の3人は卒業間近ですね。

磯野 私は転入してきてから5年経つので、自分の生活の中からさくら学院がなくなってしまうことが想像できなくて。まだ実感は全然ないんですけど、初代のメンバーと活動していたのは私だけなので、自分にしか伝えらえないことはしっかりと伝えたいし、将来の自分のためにも自分にできることは精一杯やって、今を一生懸命に頑張りたいなって思います。

大賀 転入生が入ってきたばかりの頃は、さくら学院じゃないみたいだなって思うこともあったんですけど、今、振り返ってみると、新しい空気感を味わえたのは良かったなって思ってて。中3の3人は特に悩んだり、壁にぶつかることも多かったんですけど、今までのさくら学院と新しいさくら学院、2つのさくら学院を経験できたのは恵まれてるなと思うし、いろいろなことを感じた貴重な4年間でした。

白井 最初の頃は本当に手探り状態で、どうやったら転入生に伝えたいことが伝わるのかが分からなくて。難しいって思うこともあったんですけど、そこで諦めずに、ただがむしゃらにやってきたらからこそ、今の私たちがいるなって思ってて。やっぱり諦めないことは大切なんだなってことを実感したし、転入生たちが成長して自立していく様子を見ていることも楽しかった。今度年、この12人で活動できて本当に良かったなって思います。

──3月3日には今年度の活動の集大成となる通算6枚目のアルバム『さくら学院2015年度〜キラメキの雫(かけら)〜』がリリースされます。それぞれのお気に入りの曲を教えてください。

倉島 今年度が始まって、初めて録った「夢に向かって」の2015年度バージョンですね。一番最初のAメロを中3の3人と一緒に4人で歌わせてもらっていて。まさか自分が歌わせてもらえるとは思ってなかったので、すごく嬉しかったし、ちゃんとやらなきゃっていう気持ちもあって。これまで以上に大切に歌って、踊ろうって思うようになったんですね。それに、この曲は5年前、さくら学院が結成して初めて作ってもらった曲でもあるので、5周年を迎えた今、2010年度バージョンと聞き比べてもらって、声や色の違いを感じてもらえたらいいなと思います。

大賀 私は中3曲の「未知標〜ミチシルベ〜」です。歌詞の中に、中3一人一人の頭文字が入ってるのが、とってもお気に入りのポイントで。初めて聴いた瞬間から、3人で「これは自分たちにしか歌えない曲だ」って喜んだし、全体としても今年の中3らしい歌詞になってるんですよね。すごく悩んだこともあったけど、それは決して無駄なことではなくて。悩んだことが明るい未来につながった今となっては、悩めてよかったなと思っているので、そういう気持ちを込めてしっかりと歌いたいし、中3の関係性も見せていきたいなと思ってます。

磯野 うん、たくさん悩んできたけど、中3の二人に助けられたこともたくさんあったので、本当にこの3人で今年度を引っ張ってこれてよかったなって思います。

白井 私は「キラメキの雫(かけら)」。この殻を打ち破って、キラメキの雫(かけら)を探すんだっていうサビがあって。やっぱり、さくら学院にいるうちは、さくら学院という場所に守られている部分がたくさんあったと思うんですね。その殻をぶち破った時にもっとキラキラした未来が見えてくるんじゃないかと思うし、卒業してからもキラメキの雫をどんどん探していきたい。迷いや不安がないわけではないけど、いろんなことに挑戦していきたいなっていう勇気をもらえる曲だと思ってます。

磯野 私は「約束の未来」なんですけど、卒業を間近に控えているからこそ、歌詞が自分にすごく響いて。<ドリーム>という歌詞を自分の夢に置き換えて歌ってみたりしてるんですね。自分が卒業してからも自分の背中を押してくれる1曲になるんじゃないかなって思ってます。

──今、中3の3人からは“未来”や“夢”という言葉が出てきましたが、卒業後の未来はどう考えてます?

磯野 苦手なことがたくさんあるので、苦手なことを克服して、自分に自信をつけたいし、まだ経験できてないこともいっぱいあるから、新たな挑戦をしてみたいなと思います。小さなことでいうと、乗ったことのない飛行機に乗ってみたいし、英語にも挑戦してみたい。まだ一人で何かをしたことがないので、自分が成長するためにも、海外とか、自分の知らない世界に行って、一度自分自身と向き合ってみたいなっていう思いがありますね。

大賀 これからもきっとうまくいかないことだらけだと思うんですけど、限界を決めつけないで、思いっきり羽ばたいていきたいなって思ってます。辛いことって、一見嫌なことのように感じるけど、逆にずっと甘やかされていたら絶対に成長できないし、幸せなことではないと思うんですね。だから、これからたくさん起こるであろう、辛いことにもどんどん立ち向かって、大人になっても成長し続けられるように頑張りたいです。

白井 歌手、アイドル、モデルや女優さんとして活躍している先輩もいるし、芸能界を引退して、自分の夢に向かって頑張ってる子もいる。自分はどの道に進むのがいいのか、まだわからないんですけど、さくら学院の最終目標はスーパーレディーになることで。それは、職業ではなく、立派な女性になることだと思うんですね。そのためには、もっともっと自分を磨いて行って、ああいう先輩になりたいって思われるような人になりたいです。

──3月27日の卒業式まで一か月を切りましたね。

倉島 3人がいなくなった後のさくら学院はまだ全然想像できないんですけど、卒業式までの一か月でできることはたくさんあると思うし、さくら学院にもっと本気で向き合って、絶対に悔いの残らない卒業式にしたいと思ってます。

磯野 私は今まで卒業生全員を送り出してきたんですけど、もう自分の番が来てしまったのかという感じで。全然実感はないんですけど、自分らしく笑顔で卒業したいし、ライブビューイングを含め、全国の父兄さんと一緒に2015年度の集大成を楽しめたらいいなと思ってます。

大賀 最後の公演なので、難しいことは考えずに楽しんで終わりたいですね。パフォーマンスに関しては、1つもミスをせずにやりきると同時に、中2の颯良や美澪奈を始め、後輩たちにちゃんとバトンをつなげられるようにしたいと思います。

白井 私はメンバー全員が今年度の最大限を出せたらいいなと思っています。今、この瞬間も立ち止まってる暇なんてないので、ここからどんどん成長して、卒業式では最高のパフォーマンスをみなさんにお届けしたいと思ってます。

──最後に、来年度に期待することを聞いてもいいですか。

磯野 私が卒業したら初代のメンバーと活動していたメンバーがいなくなっちゃうんですよね。今までの歴史も大切にしてほしいけど、新しいものが生まれるんじゃないかっていう思いもあって。まだどうなるかわからないけど、個人的には、客席からさくら学院のステージを見たことが1回もないので、客席から見るのが楽しみです。

大賀 一番の楽しみは、中3になる颯良と美澪奈の二人がどんな風にさくら学院を引っ張っていくんだろうなっていうことですね。まだ見せてない一面があると思うので、今は心の準備をして、来年度になったらバーンと見せてもらいたいです。

白井 私はもともと父兄(ファン)で、ライブにもたくさん行かせていただいていて。毎年、どんな色に染まるんだろうっていうのが楽しみだったので、来年度のさくら学院がどんな色になって、中3になる二人のコンビがどんな風になるのかが、ただただ楽しみです。卒業生として不安がないって言ったら嘘になるけど、さくら学院をきっと良いものにしていってくれるだろうなって期待してます。

倉島 莉音ちゃんが言ったように、初代から知ってるメンバーは一人もいなくなってしまうんですけど、次に入ってくる転入生に、今までの歴史やさくら学院が大切にしてきたことを教えるのは中3の役目だと思ってます。そこは絶対に途切れさせたくないなと思ってることですね。パフォーマンスに関しては、メンバーによって今年度とは違った色が出てくると思うので、美澪奈や中1の3人と協力しながら2016年度のさくら学院を作っていきたいなと思ってます。

インタビュー/永堀アツオ

The Road to Graduation 2015 Final 〜さくら学院 2015年度 卒業 〜

2016年3月27日(日)神奈川県民ホール 大ホール
16:00 開場 / 17:00 開演

*3/27公演は、全国各地の映画館でライブ・ビューイング中継決定
→詳細はこちら
※映画館の開場時間は各会場ごとに異なります

The Road to Graduation 2015 〜放課後アンソロジー レッツ スタンディング〜

2016年3月22日(火) Zepp DiverCity(TOKYO)
17:30 開場 / 18:30 開演
NOW ON SALE

春のひな遊び☆2016

2016年3月6日(日) TSUTAYA O-EAST
15:30 開場 / 16:30 開演
出演::palet、風男塾
OPENING ACT:まなみのりさ
NOW ON SALE

関連リンク

RELEASE

6th Album
「さくら学院 2015年度 〜キラメキの雫〜 」
(アミューズ)
※【初回限定盤 さくら盤】CD+Blu-ray
NOW ON SALE
※【初回限定盤 学院盤】CD+DVD
※【通常盤】CDのみ