CHiCO with HoneyWorks初の全国ホールワンマン&2年連続の日比谷野音ライブが決定!CHiCOにインタビュー!

インタビュー | 2018.04.03 18:00

CHiCOにとって3月16日は特別な日だ。2013年の夏に募集が始まったボカロ・アニソン限定の第1回全国オーディション「ウタカツ!」。記念すべき第1回目のグランプリを獲得したのが2014年の3月16日であった。その4年後、彼女は人気クリエイターズ集団、HoneyWorksとのコラボユニット"CHiCO with HoneyWorks"のヴォーカルとして、満員のファンで埋め尽くされた武道館のステージに立った。オープニングナンバーから涙を堪えていた彼女の胸中に浮かんだのはどんな思いだったのか。初の日本武道館ワンマンライブ「i contact」を終えたばかりの彼女を直撃した。
──初の武道館ワンマン公演を終えた感想から聞かせてください。
1曲目が始まる前、バンドが登場するSEが流れて、照明が暗くなった時に聞こえた声援で、本当に足の力が一瞬抜けてしまって。その時点でもう泣きそうだったんですけど(笑)、必死でこらえて。1万人のみんなが喜んで迎えてくれたのが本当に嬉しかったので、とても楽しい時間でした。
──1曲目「私、アイドル宣言」でもう涙が出るんじゃないかと思ってました。
1万人規模でやるのが初めてだったし、CHiCO with HoneyWorks としても挑戦の部分があったので、会場入りするまで本当にこれが自分のワンマンなのかっていう現実味が無かったんです。それが、ステージに立った時に、これは本当に自分のライブなんだっていうのを体で感じて。もう、ありがとうございます!っていう感謝の気持ちでいっぱいになっちゃって。一瞬、『これ、泣いていいかな』っていう悪魔の囁きが聞こえてきたんですけど、『CHiCO、一曲目で泣いた』ってなるのも恥ずかしいなと思って(笑)。ちょっと自分のなかで葛藤があったんですけど、頑張って堪えました。
──お客さんの<You're my angel!!>のコールがすごく大きかったですね。
そうなんです!アルバムの曲は今回の武道館で初お披露目だったので、始まる前は、合いの手とかやってくれるかなって不安だったんですけど、そんな不安がいらなかったくらい、完璧に応えてくれて嬉しかったです。本当にすごいなって思いました。
──武道館のステージ上から見た景色はどうでした?
すごい!の一言になっちゃいますね。武道館に立たせてもらったことは、これまでもイベントなどで何回かあったんです。でも、今回は、全員が私たちを見に来てくれてるっていうのが本当に嬉しくて。『私、アイドル宣言』で頑張って泣くのを堪えて、2曲目の『ハートの主張』からはだんだん落ち着いてきて、楽しいって思えるようになりました。
──先ほど、挑戦という言葉がありましたけど、CHiCOさん自身、7曲目「color」では初のアコギにもチャレンジしてました。
当日まで内緒にしてました。去年の8月26日の日比谷野外大音楽堂で武道館公演を発表したんですけど、初の武道館だし、自分の中で何か挑戦したいなって思って。それがギターだったんです。野音の2ヶ月後の10月くらいに『ギターをやりたいです』ってスタッフさんに相談しました。アコギで行こうって決まったのが今年の2月半ばくらいで、それから約1ヶ月、ギターでバンマスのOjiに特訓に付き合ってもらって挑みました。もともとエレキの経験はあったので、あまり苦戦はしなかったんですけど、当日はやっぱり緊張しましたね。
──ハニワのコンポーザーであるGomさんとのコラボもありましたね。
武道館が決まった時から、せっかくチコハニで武道館に立たせてもらえるんだったら、ずっとユニットを組んでお世話になっているGomさんやshitoさんに出て欲しいっていうのは考えていたので、Gomさんに『ぜひ出てください』ってお願いをしました。Gomさんは、ちょうどその時、チコハニの2ndアルバム『私を染めるiの歌』の制作期間中だったので、『じゃあ、武道館で一緒に歌えるように、今回のアルバムでデュエットソング作っていい?』っていうことで、デュエットソング『平成バブル』が生まれたんです。初のセクシー曲を武道館で一緒に初お披露目できたのも嬉しかったですし、チコハニのワンマンでカバーさせてもらってきたハニワの『イノコリ先生』も一緒に歌えたのが楽しかったです。
──20名の杉並児童合唱団と一緒に卒業ソング「贈り歌」も歌いました。
合唱スタイルが初めてなので、どういう形になるんだろうっていう緊張もあったんですけど、当日のリハーサルで合わせてみたら、意外と難しく思うこともなく、すんなりできました。すごく新しい挑戦で新鮮だったので、楽しかったです。
──1日だけの公演でこれだけゲストがいるのも贅沢ですよね。ダンサーさんもアンコールの1曲「ホーリーフラッグ」だけでしたし。
贅沢ですね。中野サンプラザ公演にも来てくださったダンサーさんなんですけど、今回は2人から4人に増えました。打ち上げで、『今度は旗以外でも一緒にできたらいいですね』って言ってもらえたので、次回、もっと大きいところがあったら、ぜひ、踊ってくださいって言いました(笑)

公演情報

ディスクガレージ公演

LAWSON presents CHiCO with HoneyWorks 夏の初の全国ホールツアー

2018年8月16日(木)神奈川県民ホール 大ホール
2018年8月18日(土)中野サンプラザホール
2018年8月26日(日)日比谷野外大音楽堂 ※雨天決行

※一般発売日未定、後日発表

オフィシャルサイト先行受付!

詳細はオフィシャルサイトをご確認ください

RELEASE

「私を染めるiの歌」

2nd FULL ALBUM

「私を染めるiの歌」

(MusicRay’n)
NOW ON SALE
※初回生産限定盤[CD+DVD+ライトノベル+特製消しゴム]、通常盤[CD]
  • 永堀アツオ

    インタビュー

    永堀アツオ

SHARE

CHiCO with HoneyWorksの関連記事

アーティストページへ