LEGO BIG MORL、10周年イヤーの集大成。3・28新木場スタジオコースト『10th anniversary SPECIAL LIVE』を観た

2017.04.1020:00

  • LINEで送る

LEGO BIG MORL

LEGO BIG MORL『10th anniversary SPECIAL LIVE』
2017年3月28日(火)新木場Studio Coast
TEXT:兵庫慎司
PHOTO:RUI HASHIMOTO(SOUND SHOOTER & STINGRAY)

以下ニュース原稿は既出。後半に新規テキスト掲載!

LEGO BIG MORLが2017年3月28日(火)に、新木場スタジオコーストで『10th anniversary SPECIAL LIVE』を行った。この日はLEGO BIG MORLの結成日であり、2016年1月~3月のツアーから始まった結成10周年イヤーの活動のゴールとして早くから開催が発表されていたもので、2年半ぶりのニュー・アルバム『心臓の居場所』がその翌日の3月29日にリリースされるというタイミング。平日にもかかわらず、この日を待ち望んでいた多くのファンが集まった。

開場中のBGMの代わりに響き続けていた心臓の鼓動音がだんだん大きくなってSEに切り替わり、メンバーが登場。『心臓の居場所』収録の「end-end」でライブはスタート。2016年6月リリースの10周年ベスト・アルバム『Lovers,Birthday,Music』からの9曲、『心臓の居場所』からの4曲を含む全22曲が披露された。

最初のMCタイムでは「おめでとう!」「おめでとう!」とフロアのあちこちから声が飛び、タナカヒロキ(Gt)が「いつも静かなくせに(笑)」と答える。
中盤、「A」のサイケデリックな爆音で一度目のピークを作ったあとで、ヒロキ、「俺はエゴサーチしてるよ」と、Twitterに書き込まれてきたファンの今日への思いがとても熱いことを言葉にする。そして「今日が来なければいいと思って。今日終わるとツイートもなくなるから……なんで俺はここでもネガティブなことを言う」と漏らし、フロアに笑いが広がる。
「ここに立てて、本当にありがとう。みんなのおかげです。今年1年ほんまに愛してもらったので、全力で返していこうと思います。そういう歌をやります」というヒロキの言葉に続いて、カナタタケヒロ(Vo&Gt)が弾き語り状態で「大きな木」を歌い始め、後半がスタート。曲の後半でカナタとヒロキがステージから消え、ヤマモトシンタロウ(Ba)とアサカワヒロ(Dr)が音で闘うような激しいインプロヴィゼーションを続けてフロアの歓声を浴びた、と思ったらカメラを頭上に掲げたヒロキとタンバリンを持ったカナタがホール後方から現れ、オーディエンスで埋まったフロアをつっ切ってステージに向かっていく。
「暴れる準備はできてますか!走れる準備はできてますか!踊れる準備はできてますか!」というカナタのアオリから突入した「正常な狂気」の後半では、リードボーカルをオーディエンスにまかせ、そのシンガロング状態が次の「溢れる」まで続く。
「ピークピーク、すでにピーク感じてます!」というカナタの言葉をはさんで「君の涙を誰が笑えるだろうか」「問う今日」と『心臓の居場所』の曲を連打、そして「久々にやる曲」と「LAIKA」を聴かせる。

「あと3曲!早ない?もう1時間半経ってるんや?40分くらいの感じや。足りねえわ……いやあ、これはびっくりしてるわ。この1年、今日のこのライブと明日のリリースへ向けてやってきて、それで体感時間40分って、ヤバいで」とステージ上で困惑するヒロキ。
「あと3曲、全部歌え!3曲とも全部知ってる歌やから!」と、「ワープ」「Blue Birds Story」「RAINBOW」のキラー・チューン3曲で大きなシンガロングを起こす。特に「RAINBOW」では「show me rainbow after the rain」のリフレインが何度も何度も続いた。シンタロウ→アサカワ→ヒロキ→カナタの順に演奏を止めてステージを下りていく、という形で本編はしめくくられた。

LEGO BIG MORL

アンコールを求める声に応えて4人が再び登場。今日のこの日に向かって毎回「このステージが最後のステージになってもいいようにやろう」と言ってライブをやってきたこと、その今日をこうして迎えられたこと、それがもう終わってしまうこと、今日集まってくれたファンへの感謝の気持ち、それからマネージャーが来月で辞めてしまうこともあり、ヒロキ、話しているうちに言葉を詰まらせ、涙をこらえきれなくなる。
「……こういうのイヤやねんなあ。こういうのやってるバンドおったらさめた目で見てたのに、俺」と嘆き、「出会いと別れの季節やけど、最近別れの方が多いから」「別れは人を成長させるというけど、別ればかりだと心が保たないんで、ここにいるみんなとはなるべく別れたくないです」「11年目も大丈夫やからついてきてください」というヒロキの言葉からの「あなたがいればいいのに」で、情感あふれるカナタの歌がスタジオコーストを包んだ。

続くWアンコールでは、6月からツアーを行うことを発表。今日、地方から集まってくれたファンに対して「今度はこっちから各地に行くので」と告げ、最後に「Ray」をオーディエンスにプレゼントした。

LEGO BIG MORL、3月と4月は各地のタワーレコードで『心臓の居場所』のインストアイベントを回る。6月からのツアーは、ファンクラブ会員限定の6月15日(木)東京・TSUTAYA O-Crestでスタート、福岡・札幌・名古屋・岡山・新潟・大阪・仙台を回って9月14日(木)東京・Shibuya WWW Xでファイナルを迎える全11本。東京は3公演、大阪は2公演が組まれている。

セットリスト

01. end-end
02. dim
03. テキーラグッバイ
04. Spark in the end
05. バランス
06. 三月のマーチ
07. Noticed?
08. その時のこと
09. A
10. 大きな木
11. Wait?
12. ドリルドリル
13. 正常な狂気
14. 溢れる
15. 君の涙を誰が笑えるだろうか
16. 問う今日
17. LAIKA
18. ワープ
19. Blue Birds Story
20. RAINBOW

ENCORE
あなたがいればいいのに

W・ENCORE
Ray

1 2

LEGO BIG MORL Tour 2017 「心臓の居場所」

2017年6月15日(木) TSUTAYA O-Crest
※LBM会員限定公演
2017年6月18日(日) 福岡 DRUM SON
2017年6月24日(土) 北海道 札幌DUCE
2017年7月2日(日) 愛知 SPADE BOX
2017年7月9日(日) 岡山 IMAGE
2017年7月16日(日) 新潟 CLUB RIVERST
2017年7月17日(月・祝) 大阪 梅田shangri-La
2017年7月21日(金) 東京 下北沢GARDEN
2017年7月23日(日) 宮城 仙台Hook
2017年9月2日(土) 大阪 梅田QUATTRO
2017年9月14日(木) 東京 渋谷 WWW X
5月13日(土) SALE

関連リンク

RELEASE

5th album
「心臓の居場所」

(A-Sketch)
NOW ON SALE