破格の才能yonige、「最後のインディーズのワンマン」(by牛丸)を観た!

2017.09.1518:00

yonige

売上総取 Vol.3
2017年9月6日(水) TSUTAYA O-WEST
TEXT:兵庫慎司
PHOTO:Viola Kam (V’z Twinkle)

このバンドの登場は衝撃だった。テンポの具合、リズムの組み方、ギターの入れ方、楽曲の構成のしかた、どこをとっても「今時のギター・バンド」なのに、メジャーにもインディーズにもどこの地方のライブハウスにもうじゃうじゃいそうなタイプのそれなのに、画期的に新しい。歌う人演奏する人の感覚がその「今時のギター・バンド」というスタイルを超えている。つまり、内容が形式を超えている。その人の恋愛観や生活感を素直に歌うことがそのまま、聴き手の心臓をバクバクさせる、リアルで生々しい音楽になる。誰もが身に覚えがあるはずのどうしようもない思いを絶妙に形にする言葉の選び方、それをメロディにのっける時のセンス、どの曲ももうめったやたらと鋭い。だから聴いていて、1曲1曲、1フレーズ1フレーズに、いちいちハッとさせられる。

yonige

この日は、メジャーからのファースト・フル・アルバム『girls like girls』のリリースを9月20日に控えての東京ワンマン。
『売上総取』というタイトルは、以前に『売上折半』という2マン企画をやっていたから、とMCで説明していた。ベースのごっきん、「みんな、総取られしに来てくれてありがとう」と、彼女たちと同年代もしくはちょっと下くらいの子たちでびっしり埋まったフロアを見渡す。
女の子のファンがとても多い、という事実も、このバンドが本物だということを示している(若いバンドで同性からも支持されるかどうかというのはかなり大事で、それがある種の目安になるのです)。

yonige

あと、激しくて速くてノリがいい、オールスタンディングに適した曲が中心なのに、「踊る」「飛ぶ」「歌う」「腕を振り上げる」みたいなリアクションをするお客さん、少ない。じいいいっとステージを凝視しながら耳を傾けている、そして曲が終わるとドーッと拍手する人が多いのも、このバンドの本物感を表している、と思った。
みんな真剣なのだ、聴く姿勢が。なんで。自分のことが歌になっているからだ。自分が抱えているけどうまく形にできない感情を、言葉とメロディにしてギター・サウンドにのっけて形にしてくれる、ほかのバンドは決してやってくれないことをやってくれるバンドだからだ。

yonige

2回目のMCの時、「いったん休憩したいから、なんかおもしろい話して」と牛丸ありさ(Vo&g)に振られたごっきんが、「夏フェスでおぼえたアオり。みんないけんのかい!」と叫び、みんなそれに「おー!」と答えてからわははと笑う──というようなノリが成立する空気であることも、何かとてもいい。時流に乗っているっぽいけど全然違う存在であることが、端的に出ていて。
という意味で、めったやたらとソングライティングの才能があるだけじゃない、冷静で強かなバンドでもあるのだと思う。

yonige

『girls like girls』からは3曲だけだったのは、アルバムのリリース前だからだと思うが、そのことで、リリース後のツアーがいっそう楽しみになった。
この日も、チケットは瞬殺ソールドアウトだったそうだが、この先よりいっそう、加速度を増してそうなっていくと思う。というか、そうならないとおかしい破格の才能だと思う。
なるべく早く観ておくことをお勧めします。

アルバム・リリース翌日の9月21日には、Zepp Tokyoで女の子限定(ただし男も女装していれば入場可)のフリーライブ『女の子の逆襲』を開催。
その後は、10月12日心斎橋BRONZEを皮切りに、四国全県や山陰などをくまなく回る、全32本のツアーが切られている。

yonige

 

セットリスト

01. 最近のこと
02. さよならアイデンティティー
03. our time city
04. あのこのゆくえ
05. アボカド
06. センチメンタルシスター
07. バイマイサイ
08. サイドB
09. バッドエンド週末
10. サイケデリックイエスタデイ
11. しがないふたり
12. 悲しみはいつもの中
13. 最終回
14. ワンルーム
15. 恋と退屈
16. さよならバイバイ
17. トラック
18. さよならプリズナー

yonige presents フリーライブ「女の子の逆襲」

2017年9月21日(木) Zepp Tokyo
18:00 開場 / 19:00 開演
チケット:無料(事前にエントリー制)
※事前エントリー受付は終了しております。

yonige「girls like girls tour」

10月12日(木) 大阪 心斎橋BRONZE
 w/PassCode
10月14日(土) 出雲 APOLLO
10月15日(日) 神戸 太陽と虎
10月18日(水) 岡山 CRAZY MAMA2nd ROOM
10月20日(金) 広島 SECOND CRUTCH
10月22日(日) 周南 RISING HALL
 w/雨のパレード
10月24日(火) 宮崎 FLOOR
 w/突然少年 and more
10月26日(木) 大分 club SPOT
 w/突然少年 and more
10月27日(金) 鹿児島 SR HALL
 w/突然少年 and more
10月29日(日) 福岡 LIVE HOUSE CB
11月7日(火) 長野 ライブハウスJ
 w/アルカラ
11月9日(木) 浜松 窓枠
11月11日(土) F.A.D YOKOHAMA
11月12日(日) 下北沢 Daisy Bar
11月14日(火) さいたま HEVEN’S ROCK熊谷
 w/ ircle and more
11月15日(水) 千葉LOOK
 w/The Wisely Brothers、リーガルリリー
11月17日(金) 郡山 CLUB#9
 w/PELICAN FANCLUB、THE BOYS & GIRLS
11月18日(土) 秋田 SWINDLE
 w/PELICAN FANCLUB、THE BOYS & GIRLS
11月19日(土) 八戸 ROXX
 w/PELICAN FANCLUB、THE BOYS & GIRLS
11月21日(火) 仙台 MACANA
 w/PELICAN FANCLUB and more
11月25日(土) 苫小牧 ELL CUBE
 w/PELICAN FANCLUB、THE BOYS & GIRLS
11月26日(日) 札幌 BESSIE HALL(ワンマン) 【SOLD OUT】
12月3日(日) 三重 MAX’A
12月4日(月) 生駒 RHEBGATE
12月7日(木) 新潟 GOLDENPIGS RED
 w/2、THE FOREVER YOUNG and more
12月8日(金) 金沢 vanvan V4
 w/2、THE FOREVER YOUNG and more
12月10日(日) 福井 CHOP
 w/THE FOREVER YOUNG and more
12月12日(火) 徳島 club GRINDHOUSE
 w/ Age Factory
12月14日(木) 高知 X-pt.
 w/ Age Factory and more
12月15日(金) 松山 SALON KITTY
 w/ Age Factory and more
12月17日(日) 高松 DIME
 w/ Age Factory and more
12月18日(月) 米子 AZTiC laughs
 w/ Age Factory and more
2018年1月6日(土) KYOTO MUSE【SOLD OUT】
チケット NOW ON SALE!

tricot「tricot VS 47」

10月1日(日) F.A.D YOKOHAMA
出演:tricot / yonige
※予定枚数終了

>>各詳細、その他の公演情報はオフィシャルサイトにてご確認ください。

関連リンク

RELEASE

NEW ALBUM
「girls like girls」

(ワーナーミュージック・ジャパン)
2017年9月20日(水) RELEASE!

この記事をシェアする