「908 FESTIVAL 2017 -クレバの日-」9月08日、日本武道館。今年もこの日、この場所だけの音色が響いた最強の音楽の祭り!

2017.09.2221:00

908 FESTIVAL 2017

908 FESTIVAL 2017 -クレバの日-
2017年9月08日(金) 日本武道館
出演:KREVA / 三浦大知 / 絢香 / 久保田利伸 / MIYAVI / AKLO
Report:宮本英夫
Photo:岸田哲平&中河原理英

今日は9月08日、クレバの日「908 FESTIVAL 2017 -クレバの日-」だ。KREVAがパフォーマーとしてプロデューサーとして、レベルの違いを見せつけてきたこの“音楽の祭り”=フェスも6年目。例年に増して豪華アーティストの参加がアナウンスされる中、先陣を切るのはやはりこの男たち。18時30分ジャスト、首謀者KREVAとクレフェス常連の三浦大知がステージに姿を現し、1曲目から「全速力」のパフォーマンスに場内騒然。つかみはOK。どころか、このテンションで最後までもつのか?という強烈なオープニング。

908 FESTIVAL 2017

 

「ようこそクレバフェスへ!一発目のアーティストはMIYAVI!」
KREVAの紹介を受けて登場した日本が誇るサムライギタリストは、エレクトリックギターをひっぱたく得意のスラップ奏法で代表曲「WHAT’S MY NAME?」をぶちかまし、「今日は武道館を燃やしに来ました!」と高らかに宣言。「スペシャルゲストを呼んでます!」「いや、俺のイベントだから!」と、お約束のやり取りでKREVAを呼び込み、まさにラップとギターがストロングスタイルで激突するハードな「STRONG MIYAVI vs KREVA」へ。そしてニューアルバム(リリース前)からの新曲を世界初披露、三浦大知との「Dancing With My Fingers」と、強烈コラボ二連発で会場内の温度をぐっと上げてくれた。

908 FESTIVAL 2017

908 FESTIVAL 2017

続いては、KREVAが「アニキ」と慕うミスターファンキー、久保田利伸。KREVAとツーショットでステージに現れ、10年前のコラボ曲「M☆A☆G☆I☆C」のメロウなグルーヴでゆったりと。この曲を作った時のサンプリング手法がKICK THE CAN CREWの「千%」につながっていて、「アニキがいなかったら『千%』は生まれてなかった」と秘話を明かすKREVA。さらにソウルの名曲、アイズレー・ブラザーズ「BETWEEN THE SHEETS」のカバーでは、久保田利伸の歌うメロディに合わせて「K.I.S.S」「リズム」のラップパートを載せるという洒落た趣向を披露する。往年のリズムマシンの名機TR-808と909が現代に蘇った「08」「09」を駆使したビートも、リズムマニアにはたまらないポイントだ。

908 FESTIVAL 2017

908 FESTIVAL 2017

次は誰だ?AKLOだ!クレフェス常連のAKLO、緊張感あふれるエレクトロ・トラックの「McLaren」で一気にテンションを上げ、「Catch Me If You Can」ではKREVAを呼び込んでガチでハードコアなラップバトルを。と思えばJAY’EDと共に歌う「Different Man」はスムース&メロウ、AKLO、JAY’ED、KREVAが勢ぞろいした「想い出の向こう側」では、KREVAのパートをJAY’EDが歌い、音源の再現にとどまらないスペシャル感をかもしだす。ここまでの展開はとにかくスムース、これだけ多くのアーティストが出入りしているのに停滞する瞬間は1秒もない。

908 FESTIVAL 2017

908 FESTIVAL 2017

プロデューサーKREVAの手腕はやはり尋常ではない。そのままステージに残り、「くればいいのに」を歌うKREVAがいきなり言う。「ハンパない歌声の持ち主が来てくれました。絢香!」

1 2
908 FESTIVAL 2017

「908 FESTIVAL 2017」
大阪・東京 両公演を BSスカパー! で独占放送!

908 FESTIVAL in OSAKA 2017
【放送日時】 2017年10月28日(土)22:00~25:30

908 FESTIVAL 2017
【放送日時】2017年11月 ※日時未定

≫ 詳細はオフィシャルサイトにてご確認ください。

関連リンク

RELEASE

最新アルバム「嘘と煩悩」
(Speedstar Records)
NOW ON SALE

この記事をシェアする