[即レポ!]松本 隆スペシャル・プロジェクト「風街ガーデンであひませう2017」初日で既にファイナル並みの感涙!

2017.10.0700:00

~松本 隆 作詞活動47周年記念スペシャル・プロジェクト × 恵比寿ガーデンプレイス23周年記念WEEK~ サッポロ生ビール黒ラベルPresents 風街ガーデンであひませう 2017
2017年10月6日(金) 恵比寿ザ・ガーデンホール

TEXT/田中サユカ
Photo/旭 里奈(CYANDO)

本日2017 106()から8()まで3日間に渡って開催される「風街ガーデンであひませう 2017」の初日が大盛況のうちに終わった。

これは作詞家・松本 隆のデビュー47周年を記念して恵比寿ガーデンホールが3日限りの“風街”と化したプレミアムイベントで、当イベントのためだけに限定オープンさせた「風街BAR」では、サッポロビールの完璧な生ビルを目指した「パーフェクト黒ラベル」なども用意されている。また砂原良徳による松本作品オンリーのDJパフォーマンス、更にステージでは松本作品を心より慕うアーティスト達が一夜限りのパフォーマンスを展開。大人の上質なこの場所には、初日にも関わらず多くの松本 隆ファンで埋め尽くされた。                                  

この日は、上白石萌音、さかいゆう、冨田ラボ・冨田恵一、中島 愛、秦 基博、吉澤嘉代子といった実力派の6名と、風街レジェンドゲストとして南 佳孝が登場。鈴木正人が音楽監督を務める「風街ガーデンばんど」とともに格別の秋夜を彩った。

冒頭から吉澤嘉代子の「さらばシベリア鉄道」、中島 愛の「瞳はダイアモンド」など名曲を次々と蘇らせ、松本作品の世界観を充満させていく。続く上白石萌音も「WomanWの悲劇”より」を持ち前の表現力で魅了した。

上白石萌音

さかいゆう・秦 基博・冨田恵一による「タイム・トラベル」では、原田真二によるピアノ感覚まで、時代の枠から抜けた見事な仕上がりに、ギャラリーも驚きを隠せない様子であった。

秦 基博/さかいゆう

ラストには松本作品における“ダンディズム”の象徴、南 佳孝が登場。「スタンダード・ナンバー」など代名詞ともいえる名曲を次々に披露した。ラストはもちろん「スローなブギにしてくれ(I want you)」。初日を華麗なるフィナーレで締めくくった。

南 佳孝

明日107()は、松本 隆が全作詞を担当した「デラシネ déraciné」を927日にリリースしたばかりのクミコが登場。また ハナレグミ、藤井 隆、堀込泰行など個性の光るアーティスト勢が松本作品の深い魅力を引き出すだろう。この日のレジェンドゲストは斉藤由貴。

最終日となる108()には、森高千里や安藤裕子などのポップス勢の他に、ROLLYや田島貴男、OKAMOTO’Sらも集結。松本作品の 原点とも言える“ロック性”を掘り下げてくれそうだ。レジェンドゲストは太田裕美。8日まで開かれる「風街」に是非足を運んで欲しい。

風街ガーデンであひませう2017:10月6日 セットリスト

01. さらばシベリア鉄道 / 吉澤嘉代子
02. 魔女 / 吉澤嘉代子
03. 星間飛行 / 中島 愛
04. 瞳はダイアモンド / 中島 愛
05. 赤いスイートピー / 上白石萌音
06. Woman“Wの悲劇”より / 上白石萌音
07. 消しゴム / 吉澤嘉代子 with 冨田恵一
08. パラレル / 冨田ラボ with 秦 基博
09. タイム・トラベル / さかいゆう & 秦 基博 with 冨田恵一
10. いつか晴れた日に / さかいゆう
11. SWEET MEMORIES / さかいゆう
12. 朗読:眠りの森 / 上白石萌音
13. 雨色 / 秦 基博
14. 涙のステラ / 南 佳孝
15. SCOTCH AND RAIN/ 南 佳孝
16. スタンダード・ナンバー / 南 佳孝
17. スローなブギにしてくれ(I want you) / 南 佳孝

1 2