<9BALL GAMES -3rd->THE MICRO HEAD 4N’S×defspiralの9人が揃った賑やかなステージとラウド&キャッチーなサウンドを体感せよ。ツアー初日をレポ

ライブレポート | 2018.03.26 14:00

THE MICRO HEAD 4N’Sとdefspiralによるカップリング・ツアー<9BALL GAMES -3rd->が、3月10日から始まった。2015年、2016年に続いて3回目を迎えたことからは、90年代からシーンの中核を担っているメンバーが顔を揃えたバンドの競演という魅力に加えて、彼らの組合せが絶妙なことがうかがえる。さらに、“1st”の時はTHE MICRO HEAD 4N’Sのボーカルが前任者で、“2nd”はdefspiralのMASAKI(ds)が参加できなかったため、今回が9BALL GAMESのメンバーが新しく揃った初のツアーとなった。お客さんはもちろん、メンバー達も今まで以上に開催を心待ちにしているに違いないと思いつつ、ツアーの始まりを飾る場となった新宿LOFTに足を運んだ。

先にステージに立ったdefspiralのライブはパワフルかつメロディアスな「SILVER ARROW」で幕を開け、高速で疾走する「AURORA」を経て、妖艶さとデジタル感覚を融合させた「IN FLAMES」に移る流れからスタート。エレガントなオーラを振りまいて、力強さと深みを湛えた歌声を聴かせるTAKA。クールな表情で、ソリッドなバッキングやスリリングなギター・ソロを奏でるMASATO。内面の熱さを露わにしつつ、重厚なトーンでしなやかなグルーブを紡いでいくRYO。パワフル&タイトなドラミングを、余裕の表情で展開するMASAKI。強い存在感を発する4人が並び立った姿と安定感に満ちたサウンドの取り合わせは本当に魅力的で、ライブが始まると同時にステージに強く惹き寄せられた。

その後は「ハロー、新宿! <9BALL GAMES -3rd->へようこそ。みんなで一つになろうぜ。踊っていきましょう!」というTAKAの言葉を挟んで、ダンス・テイストを活かした「MASQUERADE」や軽やかにドライブするサウンドとエモーショナルなボーカルのマッチングが心地好い「MOBIUS」、ヘヴィ&メロディアスな「LABYRINTH」などをプレイ。defspiralの楽曲は良質なメロディを押し出したうえで、エッジの効いたヘヴィネスやコンテンポラリーなシンセ類の音色、「IN FLAMES」「LABYRINTH」に注入されたダブ要素など、時代にフィットしたテイストを活かしていることがポイントといえる。ベテランのアーティストにたまに見受けられる“あの時代で時が止まっている感”が全くないのはさすがの一言で、彼らの意欲的な姿勢は今なお変わることがないようだ。また、幅広さを見せていながら、常にdefspiralならではの退廃的な空気が漂っていることも印象的だった。

TAKA

MASATO

ライブ後半では、TAKAの「今日という日に、この曲を贈りたいと思います」という言葉と共に演奏されたドラマチックなスロー・チューンの「ESTRELLA」と翳りを帯びた「PHANTOM」、スタイリッシュ&アッパーな「LOTUS」が相次いで演奏された。ハード・チューンを並べて怒涛の勢いでいきあげるパターンとは異なり、様々なテイストでオーディエンスの感情を引き上げる流れをライブの終盤に持ってくる辺りも実に見事。ライブを通して良いリアクションを見せていたオーディエンスの熱気はさらに高まり、場内は熱さと一体感を伴った良質な盛り上がりを見せた。

defspiralは、魅せることに長けたバンドといえる。オーディエンスが熱狂的であればある程良いライブと考えるバンドも多い中、秀でた表現力を発揮して様々な情景を描いてオーディエンスを惹き込んでいく彼らのライブは本当に魅力的だ。45分のミディアム・ライブだったにもかかわらず、長尺の映画を観た後のような感覚になったことが印象的だった。

RYO

MASAKI

公演情報

ディスクガレージ公演

THE MICRO HEAD 4N'S × defspiral
COUPLING TOUR 2018 9BALL GAMES -3rd-

2018年3月27日(火) 仙台 MACANA
2018年3月29日(木) 札幌 DUCE
2018年3月30日(金) 札幌 DUCE
2018年4月7日(土) 名古屋 HEART LAND
2018年4月8日(日) 岐阜 ANTS
2018年4月13日(金) 岡山 IMAGE
2018年4月14日(土) 梅田 ZEELA
2018年4月15日(日) 姫路 BETA
2018年4月21日(土) 新宿 ReNY

  • テキスト

    村上孝之

SHARE

THE MICRO HEAD 4N'Sの関連記事

アーティストページへ