秋のアナログ・レコードの祭典!今回の目玉はプリンスの12インチなど

2016.10.3018:00

  • LINEで送る

レコード

インディペンデントなレコード店を盛り上げるために、毎年4月に限定レコードなどの販売や関連イベントなどを行う「レコード・ストア・デイ」。近年世界のアナログ・レコード人気を受け、アメリカの年末商戦、ブラック・フライデーにもスピンオフ企画として行われるようになったが、今年も11月25日に複数のアイテムが海外のレコードショップで発売されることが明らかとなった。

今回も膨大な数の限定生産のアイテムがリストアップされており、デジタルやCDでリリースされた作品のアナログ化なども含む。

特に話題となっているのが、プリンス&ザ・ニュー・パワージェイレーションの「Sexy M.F.」の12インチピクチャーディスクやローリング・ストーンズの最新作からのリード曲「Ride ‘Em All Down」の10インチなど、アイアン・メイデン「Brave New World」やポルノ・フォー・パイロス「Good God’s Urge」といったCD時代のリリースされた作品のLP化なども多い。

さらに昨年の冬にリリースされたエリカ・バドゥのミックステープ「But You Caint Use My Phone」のLP化などもコレクターズ・アイテムとして人気を集めそうだ。

「レコード・ストア・デイ」に関しては本来の小規模レコード店救済という理念から徐々にずれ、大手レコード会社のカタログ販売の場になりつつあるなど問題も少なくない。またプレス数が少ないため、転売目的で買い占められることが万国共通で問題視されており、リリースをボイコットするアーティストが増えているのが現状だ。

様々な問題があるものの、アナログ・レコード・ファンにとっては欲しいレア・アイテムも数多く販売される「レコード・ストア・デイ」。一部の商品に関しては、輸入レコードを扱う店鋪や、Amazonのようなネット通販などで少数量発売されることがあるが、当日、各国の店鋪に並んで入手するのが原則とされている。
日本ではブラック・フライデーセールはないが「レコードの日」という独自イベントが2年目を迎え11月3日に開催される。

記事提供:AOL News