ガンズ・アンド・ローゼズ、注目のスラッシュ復帰後の前座にアリス・イン・チェインズを指名

2016.03.0417:57

guns0304

いよいよ来月3月にオープンするラスベガスのTモバイル・アリーナから、コア・ラインナップ(アクセル・ローズ、スラッシュ、ダフ・マッケイガン)3人によるスペシャルツアーをスタートさせる「ガンズ・アンド・ローゼス」のツアー前座に、「アリス・イン・チェインズ」が決定した。

90年代のグランジ・ブームの一角を担った人気バンド、アリス・イン・チェインズも、ガンズ・アンド・ローゼスの全盛期とほぼ同じ時代から活躍してきたグループだが、2002年にフロントマンのレイン・ステイリーをドラッグのオーバードーズで失うという悲劇を乗り越え、新メンバー、ウィリアム・デュヴァールと共にリリースした2009年の『ブラック・ギヴズ・ウェイ・トゥ・ブルー』で奇跡の復活を果たし、現在もコンスタントにライヴ活動を続けている。

4月8日と9日の2日間行われるラスベガスでのGNRの公演は、最初に発表されたコーチェラ・フェスティバルのヘッドライナーよりもさらに早く復活したクラシックメンバー3人を見ることができる最速ライブとして、長らく彼らの復活を待っていたファンにとっては特別なショーとなる。

僅かながら合流の可能性が伝えられていたもう一人のギタリスト、イジー・ストラドリンについては、今回の4月に行われるリユニオンに参加しないことを本人が表明。GNRメンバーとの新たな作品の録音の噂も重ねて自らのツイッターで否定している。

イジーに関しては最近ツイッター・アカウントを新設したこともあり、ここ数日新しい演奏映像を公開するなど精力的な活動をアピールしており、メディアも今後、長期に渡り続くガンズ・アンド・ローゼスのツアーにイジーが参加する可能性を探るべくマークし続けている。

今のところ4月の北米、及びメキシコで行われるショーは、前述の3人と共に、ギタリストのリチャード・フォータス、ドラマーのフランク・フェラー、クラシックラインナップからキーボードを担当していたディジー・リードなどが参加する予定。18年間バンドのメンバーだったマルチ・プレイヤーのクリス・ピットマンに関しては今回招集されなかったことに対して不満を示し、ここ数日音楽メディアを騒がせている。

■参照リンク ガンズ・アンド・ローゼス 公式サイト

記事提供:AOL News