故プリンスのギターを1400万円で落札したNFLオーナー、過去にはジョン・レノンやボブ・ディランの歴史的なギターも落札

2016.06.2916:00

  • LINEで送る

プリンスのギター

4月にこの世を去ったプリンスに関するコレクションが、オークションに登場し13万7500ドル(約1400万円)の高値で落札された。

アメリカのオークション会社、ヘリテージ・オークションズが競売にかけたのは、プリンスが80年代後半から90年代半ばにツアーやレコーディングで愛用したギター。通称イエロー・クラウドの複数ある中の一本で、元プリンスのギターテク、ゼイク・クラーク氏が売却したもの。鮮やかなイエローに音符をイメージしたボディシェイプは、プリンスのトレードマークの一つといえるほどに有名だが、レコーディングでも数多く使用され1991年のナンバーワンヒット「クリーム」や「ゲット・オフ」のミュージックビデオでも使用された。オリジナルはミネアポリスのギタルシアーが製作したもので、80年代半ばに作られホワイトボディのものは「パープルレイン」でも使用された。

報道によると落札したのは、NFL、インディアナポリス・コルツのオーナー、ジミ・アーセイ氏。地元インディアナポリスの名士プリンスのゆかりギターということもあるが、過去にギブソンのレス・ポールの1954プロトタイプ(27万5000ドル)やジョン・レノンの1963年グレッチ6120、レノンとジョージ・ハリスンが使用した1966年のVOX、グレイトフル・デッドのジェリー・ガルシアのタイガー、ボブ・ディランの1965年ニューポート・フォーク・フェスティバルで使用したフェンダーストラトなど、これまでも歴史的なミュージシャンのギターを次々と高額落札する楽器コレクターとしても有名だった。

なおオークションには1月に死去したデヴィッド・ボウイの毛髪も競売にかけられ1万8750ドル(190万円)で落札された。

記事提供:AOL News