ギラギラし過ぎだろ! マーチングバンドのキーボードの女の子が演奏に入りすぎて大変なことに

2016.07.2315:00

  • LINEで送る

女の子

演奏中にギタリストやピアニストが演奏に没入した時に見せる表情は、時にパフォーマンスの一つとして観客を魅了するが、あるマーチングバンドのキーボード奏者の凄まじい入り込み方が、「常軌を逸している」とネット上で大爆笑を誘っている。

話題になっているのは「ボストン・クルセイダー・ドラム・アンド・バグル・コープス」というバンドのキーボード奏者の演奏シーン。周りは楽しそうに演奏しているが、キーボードを演奏する女性の眼だけはギラギラ。サウンドに完全に入り込み首を横に降るなど演奏に集中している姿は素晴らしいが、徐々に目が宙を舞い、魔女が乗り移ったかのような邪悪な顔に・・・途中からは白目を向いてかなりヤバイ状態。
音楽へ集中している姿はひたむきとは言えるが、かなりゾーンに入り込みすぎてハッキリいって怖い。最後のドヤ顔も見事!

この演奏シーン「余りにも入り込み過ぎて面白い」とネット掲示板Redditでも話題なり、動画もFacebookなどでかなり拡散されたが、彼女のお兄さんという人からの投稿があり「彼女はこのバンドで演奏するのが長年の夢だったんだ」とコメント。念願の演奏で気合が入りすぎたという裏話を明かしている。

記事提供:AOL News