「初めて行ったライブは?」~夏木マリ、斉藤ノヴ(One of LoveプロジェクトGIG)編~

2016.06.1815:00

[左:斉藤ノヴ、右:夏木マリ]

[左:斉藤ノヴ、右:夏木マリ]

夏木マリ、斉藤ノヴの初めて行ったライブは?

イケコ
編集部:夏木マリさん、斉藤ノヴさん、初めて行ったライブを教えてください!

夏木マリ
「ボブ・マーリー」

私ね、ボブ・マーリー。もうね、最高だった!人生の三大ライブのひとつ。
彼が亡くなる2年前、厚生年金で観たんです(1979年4月5・6日、新宿・東京厚生年金会館。なお同会場は2010年に閉館)。
もうねえ、会場全体が地鳴りがするぐらい。
私、2Fか3Fの席だったんだけど……当時はスタンディングでのライブなんて日本にはなかったんだけど、立たされちゃって、ノッて、もう涙が出て。
もう、あんなに感動したライブはない!最高だった!
当時はレゲエっていうリズムも知らなかったし。
そしたら2年後に亡くなっちゃったから、ショックで。
当時の私?……売れない歌手だったと思います。キャバレー回りしていて、ふて腐れてた頃(笑)
ちょうど「イヤだな、こんな自分……」って思ってた頃だったから、それもあって感動したんだと思います。すごかった!

斉藤ノヴ
「美空ひばり」

僕はね、ビートルズの来日を観てるんですよ(1966年6月30日・7月1日・7月2日、日本武道館にて昼夜あわせて5公演開催のうちの1公演)。親に内緒で、京都から出てきて。
チケットを買っていた先輩が、行けないって話になって、「おまえ行くか?」って、チケットをくれて。
でも、音が全然きこえなかったんですよ。
ステージにエースのボーカル・アンプがあって、それだけなんです。
ギターも全部アンプからしか音が出てなくて、PAがないから、みんなの「ウワーッ!」っI ていう声で音がかき消されちゃって。
席が南スタンドのいちばん上の方だったから、よけいね。
東京ビートルズだとか、尾藤イサオさんだとか、ドリフターズとか、内田裕也さんとか……いろんな人がいっぱい出て、最後にビートルズが出て。30分くらいしかやらなかったんじゃないかな。
ただね、実は初めて観たのはビートルズじゃなくて(笑)。
もっとちっちゃい頃に、いわゆる歌謡ショーを観に行ったのが、初めてでした。
京都の南座で、美空ひばりさんを観たんです。
すんげえ歌がうまくて、ひっくり返りましたね。子供心に「この人、何!?」と思った。
お祖母ちゃんに連れていってもらったんですけど。
フルバンドが入っていて……小柄な方なんですけど、スポットライトを浴びて歌いながら出てきたんですよ……あれ、どうやってたんだろう?
当時まだ、ワイヤレスマイクなかったと思うんですけど。
とにかく、歌がめちゃくちゃうまかったですね。

イケコ
お話を伺っているだけでテンションが上がる、レジェンドたちのライブのエピソード。
夏木マリさん、斉藤ノヴさん、ありがとうございました!

 

■and ROSEs 「紅のプロローグ」short ver.
http://gyao.yahoo.co.jp/player/00107/v09788/v0947100000000539798/

One of LoveプロジェクトGIG vol.7 『途上国の子供たちに未来の仕事を贈るプロジェクト』

2016年6月21日(火)赤坂BLITZ
18:30 開場 / 19:00 開演
<出演>
華原朋美/シシド・カフカ/土屋アンナ/夏木マリ/LiLiCo/仲井戸“CHABO”麗市/ichiro/TOSHI-LOW(BRAHMAN / OAU)/ゴスペラーズ
<One of Love Special Band>
末松一人(Gt)/宮崎裕介(Key)/山内陽一朗(Dr)/石田純(Ba)/斉藤ノヴ(Per)
[SOLD OUT]

One of Loveプロジェクトとは

夏木マリと斉藤ノヴが中心となり、音楽とバラで途上国の子供たちの教育環境、そしてその母親でもある働く女性たちの雇用整備の向上を目指す支援活動。毎年「世界音楽の日」である6月21日に、プロジェクトに賛同したアーティストたちでGIGを開催!

and ROSEs

華原朋美、シシド・カフカ、土屋アンナ、夏木マリ、LiLiCoによるWOMAN’S CHORUS UNIT「and ROSEs」結成、ゴスペラーズの安岡 優 作詩・作曲「紅のプロローグ」6月8日リリース!
and ROSEs

関連リンク

RELEASE

NEW SINGLE「紅のプロローグ」
(ワーナーミュージック・ジャパン)
NOW ON SALE
※初回限定盤[CD + DVD]・通常版[CD]