【文通連載】月に吠える。大森南朋(Vo,Gt) 塚本史朗(Gt)の「聴き捨てならない歌がある」第4回

コラム | 2018.12.14 15:00

ロックン・ロールが大好きだ!
そんな気概が伝わって来る、月に吠える。のロック・ミュージック。
その音を鳴らすロックな男たちの首謀者の名前は大森南朋(Vo,Gt)と塚本史朗(Gt)。
聞けば、初めて観に行ったライブが「The Street Sliders」(大森)、「エアロスミス」(塚本)という。
大人になってから結成したこのバンドが、本気で音楽と向き合っている。
ならば、その音楽のルーツや二人のあれこれをもっと知りたいと思った。
大森さんと塚本さん、酒を嗜みながら交わすいつもの会話を、手紙に託した文通がスタートです。

月に吠える。大森南朋(Vo,Gt) 塚本史朗(Gt)の「聴き捨てならない歌がある」第4回

謹啓 大森南朋様。

 

事多き師走の候、お忙しい日々をお過ごしのことと存じます。

早いもので、もう一ヶ月が経とうとしますが、

新宿BLAZEでのワンマンライブ、お疲れ様でした!

 

私はと言いますと、世間にまみれてアタフタしがちになりながらも

冬の陽だまりにて、国語辞典を片手に先日頂いた文を再読しております。

 

ある種、文豪が書かれたようなその文章と表現に圧倒されながらも、

心にズシンと響くその言葉の憶測を、稚拙ではありますが、自分なりに探求して、

そして体現していく所存でございます。

 

改めて、今後ともよろしくお願いいたします!

 

南朋さん、

またしても中学時代の話ですが、

『お前ブルーハーツが好きやったら、これ聴いてんやい』

と先輩に聴かせてもらったTHE COLLECTORS。

 

先月発売のリマスターされたアルバムを聴いて、

その初期衝動を思い出しました。

 

それは、色褪せることなく、今の自分に突き刺ささるわけであります。

 

叩かなければ 扉だって開きはしないさ

とざされたままさ そこで見ているだけじゃ

叫ばなければ 聞こえはしないし

歌わなければ 振り向いてもくれないさ

 

THE COLLECTORS

アーリー・イン・ザ・モーニング

 

聴いてくださいぃ

 

ペンフレンドより

THE COLLECTORS オフィシャルYouTubeチャンネル

──次回は更新は来年1月頃の予定です

RELEASE

「ワンダートレイン」

限定配信シングル

「ワンダートレイン」

2018年7月11日(水) SALE
「さよならブギー」

限定配信シングル

「さよならブギー」

2018年7月4日(水) SALE
「気まぐれジョニー」

限定配信シングル

「気まぐれジョニー」

「気まぐれジョニー」
2018年6月27日(水)SALE
月に吠える。 配信限定、三週連続リリース!!
https://youtu.be/WbgVJME-pWM

PROFILE

月に吠える。

月に吠える。

日本を代表する俳優の大森南朋(Vo,Gt)と、プロギタリストとして数多くのアーティストをサポートしてきた塚本史朗(Gt)、古くからの友人でもある2人が偶然再会したことにより、かねてよりの夢であった「Rockバンド」が現実のものとなる。
そこに、プロベーシストとして多くのバンドで活躍中の長野典二(Ba)と、俳優、ドラマーとしてマルチな才能を発揮する山崎潤(Dr)が加入。
山崎、塚本、長野の3人は地元博多での先輩・後輩関係。また大森、山崎は同じ俳優事務所(アパッチ)に所属。
そんな4人が出会い、ついにバンドが結成、始動へと導かれる。

SHARE

月に吠える。の関連記事

アーティストページへ