兵庫慎司のとにかく観たやつ全部書く:第24回[1月の巻~後編~]

コラム | 2019.02.05 18:00

イラスト:河井克夫

音楽などのライター兵庫慎司が、自分が観たすべてのライブについてひとことレポしていく連載、2019年1月の後半編、なのですが。今回、土日にライブに行かない日がいつもより多くて、「ヒマなのか俺?」と不安になりましたが、その分、平日に行っていたことが、これを書いてみてわかりました。以下、8本です。

1月18日(金) エレファントカシマシ @日本武道館

宮本浩次ソロ本格始動インタビューが年末に出たロッキング・オン・ジャパン誌に載って世間を驚かせ、というか私も驚き、ただしその一発目の曲となった「冬の花」の情報が解禁になる3日前、というなんとも言えないタイミングで観に行った、エレカシ恒例新春ライブ、今年の東京は日本武道館2デイズ、その2日目。エレカシの恒例ライブ=新春ライブと日比谷野音は、普段なかなかやらないレアな曲を聴ける機会なので楽しみにしているが、今回特にレア度高かった気がする。イントロで「おおこれかあ!」って興奮する瞬間が多かったので。特に、後半でやった「悪魔メフィスト」には「おおおっ!」となりました。

1月20日(日) 在日ファンク @東京キネマ倶楽部

ニュー・アルバム『再開』のリリース・ツアーのファイナル。東京キネマ倶楽部、在日ファンクにとってホームと言っていいくらいハマリのいいハコで、前半でハマケンも「キネマ倶楽部、好きっ!」とか叫ぶほど。ツアー回ってきただけあってバンド・サウンドの足腰ががっしり固まった安定のステージで、ハマケンもやりやすそうに思えた。中盤、ゲストでサイトウ“JxJx”ジュンが登場、アルバムで共演した「なみ」をやったんだけど、その時にキネマ倶楽部のステージ左上のバルコニーにキーボードをセットされて「あそこで弾くの? やりにくい!」と愚痴っておられたのに笑いました。で、そこで弾かされてました。

1月22日(火) レキシ @横浜アリーナ

ツアーのセミファイナル、なんと横浜アリーナ2デイズ、の1日目……って、そうか、ファイナルは2月6日の大阪城ホールだから、まだネタバレ気にしなきゃいけないのか。なので具体的な詳細は書けませんが、なんにも曲げず、譲らず、妥協せず、己を貫いてここまで来たレキシって、これもう偉業って言っていいんじゃない? と、観ながら何度も思いました。
カバンにINAHO(稲穂ね)を挿した人たちがその街に集まって来るのが異様な光景、というの、レキシのライブには必ずありますよね。実際この日の新横浜駅も、そのような愉快な光景になっていたけど、でも、以前よりも異様さが薄れた感じがした。外苑前駅がヤクルトのユニフォームを着た人で埋まっても、「ああ、今日試合あるのか」としか思わないでしょ? 徐々にそれに近づいている気がする。

1月23日(水) キュウソネコカミ @Zepp DiverCity(TOKYO)

ニュー・アルバム『ギリ平成』のリリース・ツアーの2本目。なのでこれもネタバレ自粛ですが、日本中どこのフェスでも大ウケしてきた、数々の過去のキラー・チューンよりも、『ギリ平成』の曲をとにかく楽しみにしている自分に途中で気づいて、ああ、やっぱりあれ、すげえいいアルバムなんだなあ、と実感した。もちろん『ギリ平成』の曲いっぱいやってたけど、もっとやってもいいのに、と思ったほどでした。

  • 兵庫慎司

    TEXT

    兵庫慎司

    • ツイッター

SHARE

関連記事

イベントページへ