【LUNKHEADのライブの10曲】<第1回>小高芳太朗 選曲「朱夏」

コラム | 2019.06.25 17:00

結成20周年を迎えたLUNKHEADは現在、最新作「plusequal」を引っさげ各地で怒涛のライブツアーを敢行中!これまで数え切れないほどのライブを積み重ね、全身全霊のパフォーマンスを届け続けてきたLUNKHEADにいま、『LUNKHEADのライブの10曲』を問う!
選曲は結成からのオリジナルメンバー、vo,gt小高芳太朗、gt山下壮、ba合田悟によるもの。選曲理由も聞いた。
ライター兵庫慎司氏、宮本英夫氏、横山シンスケ氏によるレビューや映像・音源を視聴し、来るべきツアーファイナル・LIQUIDROOMワンマンに思いを馳せて欲しい。そして、すべてのロックファン、ライブファンに、いまこそ、LUNKHEADのライブを観て欲しい。
DI:GA ONLINE編集部

「朱夏」(2019年 Album「plusequal」収録)

結成20周年でこういう曲を作らざるを得ない俺たち
もっとまるくて優しい落ち着いた曲を
大層な身分で安定したポジションで出してたかった。
でもいいです。
俺ら、手負いの獣、LUNKHEADです。
ー小高芳太朗ー

小高芳太朗


Review

僕は以前ここの自分の連載コラムでランクの事を「永遠で最高のルーキー」と評した事があるが、その思いは今も変わらないでいる。
ボーカル小高のファンへの赤裸々な告白のような内容のブログがいま話題にもなっているが、結成から20年経った今も貫かれる凄まじい演奏とパフォーマンス、心が痛くなるほど更に切実さを増す小高の歌声や歌詞。そしてそのブログなどで張り詰めた思いを包み隠さず語る姿勢など、まるで注目の(ヤバい)ルーキーのようで、ホントつくづく目が離せないバンドだなあ、といつも思う。
最新アルバム「plusequal」(傑作!)のオープニングでもあるこの「朱夏」の歌詞には今の小高の揺れ動く気持ちがあまりにもストレートに反映されている。でも昔からランクの最高なとこは、「悩んだまま踊らせる」(フーのピートの名言でもある)とこで、結果的にランクの魅力全開のめちゃくちゃカッコいい楽曲になっている。小高はこんな風にこの曲に対して自虐的なコメントを寄せてるが、自信がなければアルバムの1曲目になんか持ってこないだろう。
このMVのYouTubeコメント欄に沢山のファン達が、この楽曲とランクへの熱い思いを書き綴っているのを読んでいると本当にグッときてしまう。
(横山シンスケ)

永遠で最高な日本のロックルーキー LUNKHEAD【横山シンスケのライブオアダイ】


TwitterでLUNKHEADにメッセージを送ろう!

あなたの人生のどこかで寄り添ったLUNKHEADの音楽やライブ。
LUNKHEADとの出会い、何かのきっかけになった曲、忘れられないこと、LUNKHEADの音楽やライブの魅力、そんな、あなたとLUNKHEADにまつわる思い出やエピソードを教えてください!
ハッシュタグ「」でぜひシェアしてください!

──第2回は6月27日(木)UP予定!

公演情報

ディスクガレージ公演

LUNKHEAD ONEMAN TOUR 2019「plusequal」

2019年6月29日(土) 心斎橋JANUS
2019年6月30日(日) 名古屋ell FITS ALL

TOUR FINAL
2019年7月19日(金) 恵比寿LIQUIDROOM

チケット一般発売:2019年3月9日(土)

RELEASE

「plusequal」

結成20周年にしてなお未来へ牙を剝くLUNKHEAD渾身の12thアルバム!!

「plusequal」

(CHOCKYU RECORDS)
2019年4月17日(水) SALE

≫ 音源・MVの視聴はこちら

SHARE

LUNKHEADの関連記事

アーティストページへ