【LUNKHEADのライブの10曲】<第6回>合田悟 選曲「アウトマイヘッド」

コラム | 2019.07.08 17:00

結成20周年を迎えたLUNKHEADは現在、最新作「plusequal」を引っさげ各地で怒涛のライブツアーを敢行中!これまで数え切れないほどのライブを積み重ね、全身全霊のパフォーマンスを届け続けてきたLUNKHEADにいま、『LUNKHEADのライブの10曲』を問う!
選曲は結成からのオリジナルメンバー、vo,gt小高芳太朗、gt山下壮、ba合田悟によるもの。選曲理由も聞いた。
ライター兵庫慎司氏、宮本英夫氏、横山シンスケ氏によるレビューや映像・音源を視聴し、来るべきツアーファイナル・LIQUIDROOMワンマンに思いを馳せて欲しい。そして、すべてのロックファン、ライブファンに、いまこそ、LUNKHEADのライブを観て欲しい。
DI:GA ONLINE編集部

「アウトマイヘッド」(2018年 配信Single)

今やライブの鉄板となっている曲です。曲調、展開などとても気に入っています。歌詞も今のLUNKHEADを代弁していると言っても過言ではありません。会場全体で盛り上がること必須!
ー合田悟ー

合田悟


Review

ランクのライブで必ず盛り上がるいわゆる「神曲」は沢山あるが、ライブを楽しむ(踊りまくる)のが好きで、ランクをまだよく知らないという人には、僕からは是非この曲をオススメしたい。
ランクの演奏はよく「バンド内戦争」と呼ばれるほど、メンバー4人がそれぞれの楽器を武器にして、これでもか!という位に強烈なフレーズやリフと驚くようなアプローチを曲の中で次から次へと繰り出してきて、そこに小高の胸を打つ歌声と歌詞が乗っかる事で奇跡のバンドマジックを生み出しているのだが、この曲にはそんなランクのオリジナルな魅力が見事に詰まっていて、ランクを聞いた事のないロック好きな人も、みんなこの曲1発ですぐにノックアウトされるだろう。
歌詞に小高の敬愛する「ナンバーガール」が象徴的な形で登場するのだが、その後ホントにナンバガが復活した事も、この曲を更に今ドラマチックな作品として生まれ変わらせている。
(横山シンスケ)


TwitterでLUNKHEADにメッセージを送ろう!

あなたの人生のどこかで寄り添ったLUNKHEADの音楽やライブ。
LUNKHEADとの出会い、何かのきっかけになった曲、忘れられないこと、LUNKHEADの音楽やライブの魅力、そんな、あなたとLUNKHEADにまつわる思い出やエピソードを教えてください!
ハッシュタグ「」でぜひシェアしてください!

──第7回は7月10日(水)UP予定!

公演情報

ディスクガレージ公演

LUNKHEAD ONEMAN TOUR 2019「plusequal」FINAL

2019年7月19日(金) 恵比寿LIQUIDROOM

チケット一般発売:2019年3月9日(土)

RELEASE

「plusequal」

結成20周年にしてなお未来へ牙を剝くLUNKHEAD渾身の12thアルバム!!

「plusequal」

(CHOCKYU RECORDS)
2019年4月17日(水) SALE

≫ 音源・MVの視聴はこちら

SHARE

LUNKHEADの関連記事

アーティストページへ