兵庫慎司のとにかく観たやつ全部書く:第34回[7月の巻~前編~]

コラム | 2019.07.22 19:00

イラスト:河井克夫

音楽などのライター兵庫慎司が、自分が観たすべてのライブ・演劇などの生の公演について、ひとことレポ的なものを書いていく連載の2019年7月前半編。15日間で10本、今回は演劇も1本あり、です。

7月1日(月) Ghost like girlfriend @ LIQUIDROOM

驚異の新人(だと思う、まさに)岡林健勝のひとりユニットGhost like girlfriend、メジャーから最初の作品になるアルバム『Version』をリリースして行う東阪ライブの東京編。
いろいろ新鮮な体験でした。詳しくは、リアルサウンドにレポを書いたので、そちらをぜひ。

7月3日(水) ユニコーン @ 日本武道館

ツアー「百が如く」の前半戦の締めくくり、日本武道館2デイズの1日目。2日目も観て、ユニコーンのレーベルが各ウェブメディア等に配信する、オフィシャルのニュースレポを書きました。ビルボード・ジャパンにアップされたものを貼っておきますので、ぜひ。(→ニュースレポはこちらです。)

7月4日(木) ユニコーン @ 日本武道館

ツアー「百が如く」の前半戦の締めくくり、日本武道館2デイズの2日目。2日まとめて、レーベルが発信するオフィシャルのニュースレポを書いたのですが、それに個人の解釈や感想等を書き足したロング・バージョンを、このDI:GA ONLINEにアップしてもらいました。ので、こちらもぜひ。

7月5日(金) 女王蜂 @ Zepp DiverCity(TOKYO)

ニューアルバム『十』のリリース・ツアー、Zepp DiverCity2デイズの1日目。その『十』収録曲もそれより前の曲も含め、ここ4年くらいの間にこのバンドが、本当に超強力な曲ばかりを生んできた、ということを突きつけられるライブだった。イントロが鳴るたびに「ああっこれか!」とゾクッとくる、そんな曲だらけ。ベストアルバムみたい。
ツアーの最後だけあって演奏やパフォーマンスが完成しているし、サポートまで含めてメンバーそれぞれのキャラも仕上がっているし、何よりもアヴちゃん、なんだか実在の人間じゃないのでは、とか思ってしまうくらいのカリスマ性でした。『ジギー・スターダスト』的な宇宙人感。

7月6日(土) 日本マドンナ vs おとぼけビ~バ~ @ 新宿red cloth

数年前におとぼけビ~バ~を知った時、即思い出したのが日本マドンナでした、私。なのでこの2バンドの東西対決が実現、というのがまずうれしい、観てさらにうれしい、という日になった。ソールドアウトで超満員の新宿red cloth、先攻がおとぼけビーバーで後攻が日本マドンナ、どちらも超強力、どちらも「これこそ俺が思うパンク・ロック」で最高。どちらもサイトにライブ映像とかMVとかあるので、ご存じない方はぜひ観ていただければ幸いです。

日本マドンナ オフィシャルサイト
おとぼけビ~バ~ オフィシャルサイト

  • 兵庫慎司

    TEXT

    兵庫慎司

    • ツイッター

SHARE

関連記事

イベントページへ