運動してる時みんな何を聞いてるのか?【横山シンスケのライブオアダイ】連載:第29回

コラム | 2020.04.16 12:30

【 今回のコラムについて 】
このコラムは緊急事態宣言が出される前に書いたものです。今、不要不急の外出はできませんが、この事態が終息し、また外に出たりジムに行ったりできるようになった時には是非このコラムに書かれてるように「運動と音楽」をみんなが楽しんでいただければと思います。
横山シンスケ

こう見えて実は普段わりと運動をしている。ランニング、ジム、プール、ロードバイクなど、一人でいつでも手軽に出来るものしかやらないんだが時間がある時はどれかしらやっている。

キッカケは数年前の全く運動などしてなかった頃、オフクロのウォーキングに着いて行ったら全然追いつけず息があがった上に翌日筋肉痛になり凄いショックを受けた事と、同じ頃に、年もほぼ同じのある知り合いのミュージシャンから「いつもランニングしてる」という事実を聞かされ、全然運動なんかしてないと思ってたので凄く驚いた事から自分も考えるようになり、実際日々体力の衰えを感じまくっていたので、何気に近所での軽いランニングから始めたらこれが、体調よくなるわ、やせるわ、よく眠れるわ、飯も美味いわ、頭は冴えまくるわ(これだけ膨らましてます)で、イイ事しかなく、それから体を動かす事にハマってしまい、遅咲きデビューながら今に至るという感じだ。

今は近所のランニングとジムが中心で、その時に僕は必ずスマホで何かしらを聞きながら運動しているが、周りの人達も見てみると若い人を中心にほぼみんなイヤホンを着用して何かを聞きながら運動している。

そこで人間観察が趣味の僕として、いつもそれを見て気になってた事は「みんな何を聞きながら運動してるんだろう?」という事である。
自分もいつもそれを楽しんでるので、他人にはホントどうでもいい事だろうが、人間ウォッチャーの僕としてはそれがやたら気になる。かと言ってジムやランニングでイヤホンしてる知らない人に「すいません!今、何聞いてるんですか?」なんて聞いたら即通報されるので、今回は周りの運動してる知人とその界隈の人達で運動時に何かを聞いてるという人にしつこく聞いてまわったので、その結果をここに発表したい。みんなそれなりに答えてくれて面白い結果になったが、みんなに「横山さんヒマですねえ...」と呆れられた。

やっぱりダントツ「サブスクで好きなジャンルを聞く系」、少し「iPodやウォークマン系」

やはりそうだろうとは思ったが、今はダントツでスマホでサブスクで好きな音楽を聞く人が多かった。
それで知りたかったのは、その中でも運動時の人気ジャンルとかがもしかしたらあるのか?という事だったのだが、やはりみんなそれぞれ自分の好きな音楽をただ聞いてるだけで、洋邦ヒットチャート、好きなアーティストのみ、オールジャンルから選曲、アニソン、テクノ、ヒーリングなどなど、ほんと見事にそれぞれバラバラではあったが、一つだけ全体的に支持する人が割りと多めだなと思ったジャンルはヒップホップだった。
ヒップホップ(その中の幅も凄く広いけど)はテンポが全体的にも早すぎたり遅すぎたりがあまりなく安定してて音楽として聞きやすいし、ラップものだと聞いててモチベーションのアガる言葉もギュッと詰め込まれてる事が多いし、実際ラッパーやヒップホップのアーティストには体を鍛えてる筋肉ムキムキの人が多いので、「スポーツ向き」という音楽ジャンルとして、ヒップホップが浮かび上がったのは何となくとても利にかなっていて興味深く思った。

それと聞いてるものは上と同じだが、ハードな走りや筋トレをしてるアスリート系の人はプレイヤーの軽量さなど使いやすさ重視という部分でiPodやウォークマンを使ってる人も多かった。ある筋トレマニアのマッチョな方は自分のスマホに運悪く超重いバーベルを落としてスマホを一瞬で完全破壊してしまい、それからiPodに変えたら今度はiPodが軽すぎて気付かずにiPodの上に今度はダンベルを落として又も破壊してしまい、そのジムで「デストロイヤー」と呼ばれてると言っていた。

「ラジオを聞いている系」

音楽だけじゃなくて運動時にラジオを聞いてるという人も多かった。これはやはりスマホでラジオをタイムフリー(好きな番組を好きな時間に聞ける)で聞けるアプリの「ラジコ」が広く浸透した事が大きいようで、ラジコからラジオを初めて聞きだしたという若い人も多くて、お気に入りのラジオ番組を運動時の好きな時に聞いているそうで、ミュージシャン、役者、声優などの深夜番組や、ジャニーズやアイドルやお笑い芸人などテレビ人気タレントの番組(超ビッグネームでラジオ番組やってる人も沢山いる)とかを聞いており、音楽と同じで好きなラジオもみんなバラバラだったが、共通した意見であったのは、やはりラジオはアーティストもタレントもテレビや表で言えない事ばかりしゃべってくれるので、そこが痛快で楽しいそうで体を動かしながら聞いてるとメンタル面でのストレス発散もできて相乗効果になっているとも言われ、なるほどと思った。
特に昔からのラジオの伝統でもあるが、お笑い芸人の深夜ラジオはコンプラなこの現代においても本音トークが溢れてて、話芸としてもやはり抜きん出てるので、全体的にも運動時に聞きながら一人で笑ってるという人が多かった。

実は僕もラジコのお陰で去年から突然ラジオにハマってしまい、運動中に聞くのも全て音楽だったのが最近は半分はラジオになった。特に今大人気の講談師、神田伯山(元・神田松之丞)のラジオ番組「問わず語りの神田伯山」に思いっ切りどハマりしてしまい、クラウドで過去の放送も全部聞けるので、それも全部聞き尽くしてしまった程である。個人的にオススメです。

問わず語りの神田伯山(TBSラジオ)
https://www.tbsradio.jp/edo/

「聞いてる」じゃなくて「映画やドラマを見てる系」

そもそもすでに「何かを聞いてる」ではなく「動画を見てる」という人も多かった。これも言われてみれば確かにそうだったなというか、ジムでストレッチ運動してる人やフィットネスバイクに乗ってる人でスマホで何らかの映像をずっと観ながらやってる人はとても多い。今はどこでも通信環境もいいし、色んな動画サービスも沢山あるし、視線をある程度一点に留めたままで出来る運動なら長い動画の視聴も全然可能という事だろう。
運動中に見てるもので人気だったのは、やはり長い時間スマホをいじらないでも見られる映画やドラマが人気で、女性は特に韓流ドラマを見てるという人が多く、ヒップホップのように韓流ドラマにも運動に合う何らかの理由があるかもと、韓流ドラマ好きの女性に聞いてみたら、全然知らなかったが韓国ドラマは「週2放送でCMも入らないしジャンルも豊富でどんどん見れちゃう」と、きちんとなるほどと言える理由があった。「でも一番の理由はグッチャグチャな愛憎劇がもう最高!」とも言われて、再びなるほどと思った。
可笑しかったのは、この運動しながら動画見てる人達ほぼ全員が「ランニングマシンだけは絶対ダメ!」と言っていて、みんな過去にドラマや映画に夢中になりすぎてランニングマシンで派手に転倒した経験があるそうで、その界隈だけのあまりにもニッチなあるあるネタで笑った。

<番外編>他にいた特殊な方々 イヤホンをしてるが何も聞いてない「無音イヤホン系」

これはかなり意表をつかれた方だったが、長身でルックスもよく体も鍛えまくってる男性だったが、とにかくジムでトレーニング中になぜか他のお客さん(特におばさんやおじさん)やジムのスタッフとかに無駄に声をかけられる事が多いそうで、更にその男性は極度の人見知りだそうで、とにかく人に声をかけられるのが嫌らしく、何か対応策がないか考えて出た作戦がこの何も聞かずにイヤホンだけする作戦(音楽は特に好きじゃないそう)だそうで、その無音イヤホンをし始めてからは全くと言っていい程声をかけられる事がなくなり快適だそうだが、無音なだけに逆にまわりの話しかけようとした人の声は聞こえてるそうで、「何だ聞こえねえのか」とか「タレントさんかも?」とか「大したことねえな」なんて声はバッチリ聞こえてるそうで、結局イライラしてるのだそうだ。
あと、「店員がしつこく付きまとうアパレルショップでこの無音イヤホンしてると店員が寄ってこないんでいいですよ」という無音イヤホンの他の技も教えてもらった。今度やってみよう。

<番外編>他にいた特殊な方々〜その2〜 走りながらギターを弾いてる「エアギター系」

ランニングは足だけでなく両腕もちゃんと振らなければ正しく進まないが、たまにギターがカッコいい曲とかを聞いてると、走りながらその振ってる両腕でついエアギターをやってしまうという人なのだが、今はそっちの方が楽しくなり過ぎて、もうエアギターアクションすると楽しい曲ばかり集めたプレイリストを作って、それを爆音で聞きながらずっと腕をぶんぶん振り回してエアギターをやりながら走っているという人もいた。

すいません、これは僕です。

「I Love My Air Guitar」

SHARE