兵庫慎司のとにかく観たやつ全部書く:第75回[2021年3月前半]編

コラム | 2021.03.23 15:00

イラスト:河井克夫

 音楽などのライター、兵庫慎司が、基本的に音楽、時々お笑いや演劇やプロレス等の、生で観た興行すべての、短いレポを書いて半月に一回アップしていく連載、2021年3月前半編です。
 もう1年を超えてしまいましたが、新型コロナウイルス禍以降は、「配信ライブを観て書くのもあり」にしています。が、今回は5本とも生で観たことに、書いていて気がつきました。いつ以来だろう。

3月4日(木)18:00 ハンブレッダーズ@渋谷TSUTAYA O-EAST

 ファースト・シングル『COLORS』の発売記念、『ハンブレッダーズ“きっと何かが変わるはず”』東阪ツアーの東京編。ろくにライブができない1年を経たにもかかわらず、えらくよくなっていてびっくりした。SPICEにライブレポを書きましたので、ぜひ。
SPICE:『ハンブレッダーズ“きっと何かが変わるはず”ワンマンツアー』東京公演、バンドが至った境地をみた

3月9日(火)21:00 ヤバイTシャツ屋さん@Zepp Tokyo

 コロナ禍前に切っていた35本のスケジュールを、「1日2公演」に切り替えて決行したので、35×2=70本・約半年間に及んだ『You need the Tank-top』のリリースツアー。最後は、Zepp Tokyoで5デイズ(3/2・3・5・6・9)がセミファイナルで、3月20日(日)沖縄ミュージックタウン音市場がファイナル。という中の、Zepp Tokyoの5デイズ・10公演の9本目・ツアー通算68本目に当たる、3月9日(火)の2本目を観て、rockin’on comにレポを書きました。ぜひ。≫ rockin’on com:ヤバイTシャツ屋さん/Zepp Tokyo
 で、完全に余談ですが。ヤバイTシャツ屋さん、2月10日(水)に出たばかりのニュー・シングルに『こうえんデビュー』に、「2月29日」という曲が入っているのですね。レミオロメンの「3月9日」みたいに(とは、曲中で明言してはいませんが)、日付の曲を作れば、毎年その日に話題になって、卒業式などで歌われたりするかも、と思ったのに、よりによって「2月29日」で書いてしもうた。ということが、めちゃくちゃ美しいメロディに乗って歌われるバラードです。
 というわけで、Zeppに向かいながら「あ、今日3月9日じゃん。なら今日のライブで、『3月9日』をちょっと歌ってから、そのまま『2月29日』やったりしないかな」と期待したのですが、始まってすぐ「あ、違う、バンドもお客さんもそんな空気じゃない」と、すぐ自分の脳内で撤回しました。

3月10日(水)18:15 アナログフィッシュ@新代田FEVER

 アナログフィッシュが毎年この時期に行っている、京都と東京でのライブ『Kyoto to Tokyo 2021』。今年は東京2デイズ京都2デイズで発表され、後に東京に1日追加公演が出て、3月8日(月)・9日(火)・10日(水)が東京・新代田FEVER、京都は3月12日(金)・13日(土)というスケジュールになった。
 当初、配信の予定はなかったが、要望が多かったため、それを受けて最終日=13日(土)が生配信された。プラットフォームはStreaming+でチケット代は税込2,500円、3月20日(土)23:59までアーカイブ視聴可。
 ここ数年、いや、ここ10年とかかもしれないな、基本的にこのバンドのライブを観て期待を裏切られたことなど皆無だが、やっぱり今回も「ああ、いいなあ」と浸っている間にあっという間に終わってしまった。
 前半は「SHOWがはじまるよ」「Tonight」「Good bye Girlfriend」などの佐々木健太郎ボーカル曲がひっぱり、後半は「PHASE」「Fine」などの下岡晃ボーカル曲が映える構成。本編ラストの下岡曲「抱きしめて」などは、もう、圧巻だった。曲を書いた1年後に3・11が起きてしまった、なので当時はどんな顔で歌えばいいのか悩んだ(と以前取材等で言っていた)というこの曲をラストに持ってきたのは、あきらかに、今だからだと思う。
 YouTubeの磔磔のチャンネルに、3月13日(土)の、短いダイジェストが上がっています。

Analogfish アナログフィッシュ ダイジェスト @ 京都 磔磔 2021/3/13

3月13日(金)17:00 佐野元春@日本武道館

 デビュー40周年を祝うアニバーサリー・コンサート、東京はこの日で、大阪は4月4日(日)大阪城ホール。いやあ、観れてうれしかった! ラッキーだった! 幸せだった! とか言いたくなる、すばらしいコンサートだった。しかも「デビュー40年・65歳にして、今も健在」とか「今も現役」みたいな「今も」な感じのライブじゃなくて「今がすごい」「今だからすごい」「今がさらにすごい」というライブだった点に、やられた。
 大阪がまだなので、ネタバレなしで、このDI:GA ONLINEにレポを書きました。

佐佐野元春、3月13日(土)日本武道館をレポート!

《レポート》佐野元春武道館コンサート開演時に雨が止み鮮やかな虹が現れる

3.13に行われた佐野元春武道館コンサート。午後は関東各地で激しい雨や雷に見舞われ、荒れ模様。ところがちょうどコンサート開演時、日没間近に雨は止み、何と西の空から晴れて虹が現れた。東京多摩エリアや23区西部、神奈川県内では鮮やかなダブルレインボーが見えたところもあったとのこと。ミラクルといっていいかもしれない。

佐野元春(Official)さんの投稿 2021年3月13日土曜日

3月15日(月)18:00 カーリングシトーンズ@東京ガーデンシアター/Streaming+

 2020年7月のツアーが新型コロナウイルス禍で中止を余儀なくされ、その東京公演を行うはずだった東京ガーデンシアターでようやく実現した、1年3ヵ月ぶりのライブ、15日(月)・16日(火)の2デイズの1日目。入場者を半分以下にするなど、「新型コロナウイルス感染予防対策ガイドライン」に則っての開催。
 で、2日とも生配信もあり。早割各日税込4,000円、普通税込4,500円、プラス500円で「写真付き視聴券」も。Streaming+での配信で、15日(月)は21日(日)23:59まで、16日(火)は22日(月)23:59までアーカイブ視聴可能だった。
 そもそも持ち曲が少ないからか、それとも単にその方が楽しいからなのか、以前のライブでは、お互いをいじり合うMCが続いたり、中盤に「もぐもぐタイム」(6人でメシを食いながらしゃべる)が設けられたりしていたが、なんせこのご時世なので、(このバンドにしては)キビキビと矢継ぎ早に曲を放っていくライブになっていた。
 と思ったら、最後にでかいのが待っていた。この日3月15日(月)朝のNHK連続テレビ小説『おちょやん』は、主人公・千代(杉咲花)の父親である、トータス松本演じるテルヲが何年ぶりかで現れた。で、放送終了直前に吐血、病に冒されていることを示して、翌日の放送へ──という内容だった。
 なので、前半のMCから、「テルヲシトーン」「今日血ぃ吐いてたね」「吐血シトーン」などとみんなにいじられていたトータスシトーン、アンコールで、テルヲの姿で登場。で、他の5人が千代に扮してひとりずつ出て来て、詫びてすがりつくテルヲを蹴散らし、ラストのひとりが、ドラマで千代が言った「カネの切れ目が縁の切れ目や!」という言葉を放って「借金大王」が始まる、そして次は「ガッツだぜ!!」──という、爆笑のショートコントが繰り広げられたのでした。
 でもこれ、明日もやるだろうからツイートとかしない方がいいな、あ、でも生配信してんじゃん、どうするんだろう、などと思いながら観ていたら、途中で奥田シトーンが、メンバーに「これ、明日どうするんや?」。さらに笑いました。

  • 兵庫慎司

    TEXT

    兵庫慎司

    • ツイッター

SHARE