オリジナル・ラブ、4年ぶりの新作『bless You!』をリリース!“一発録り”で「音楽のアンサンブルの良さ」を込めたライブ感溢れる作品を田島貴男が熱く語る!

インタビュー | 2019.02.13 12:00

どんな毎日でも、どんな人生でも祝福されるべきっていうか。自分なりのゴスペルソングを書きたかった

──タイトルトラックの“bless You!”は今作の「人生賛歌」というテーマを象徴していますね。
アルバム『風の歌を聴け』あたりから、僕の表現はいわば人生賛歌に向かっていってたと思うんですけど、今回はそれを自覚的にテーマに決めて書いていきました。そんな中で、去年母親が亡くなって、命とか人生について、これまで見えてなかったところが見えてきて、それで“bless You!”を一気に書きました。大きなことを成し遂げた人だけが偉いっていうのは違うんじゃないかという気がして。それは相対的なものであって、どんな毎日でも、どんな人生でも祝福されるべきっていうか。「どうせ死ぬんだから何をしてもいい」という考え方は違うんだとハッキリ分かりました。死んだ後も続いていくもの、残っていくもの、影響を及ぼすものが実在するんだなって。そういう感覚を知った上で自分なりのゴスペルソングを書きたいと思って。
──なるほど。
ゴスペルの対訳とかを読んでみると、自分の思い描いてたゴスペルの歌詞とは違って、100~200年前の流行歌をそのまま歌ってる曲もあったりして、歌をみんなで歌うことで、気持ちを和らげてたのかもしれないなって。僕は自分の音楽に「自分を信じて」みたいな、ある種宗教めいたことを入れるのはあんまり好きじゃなくて、距離を置いてたんです。さまようからこそいろいろ考えて、わかることがあるんじゃないかと思ってた。でも、自分でもいろんな経験をして、何でみんなそういう曲を求めるのか、ちょっと分かった気がしました。
──そんな“bless You!”と“いつも手をふり”の後に、パンキッシュな曲調で<この流れに逆らえ>と歌う“逆行”でアルバムを締め括ってるのも田島さんらしいなと思いました。
ある意味さっき言ったこととは正反対というか、みんな一緒くたに何かを信じるのってやっぱりちょっと不気味だし、嫌だから、「全部逆を行け!」って言ってて、そうしたら、友達が一人もいなくなっちゃったっていう(笑)。そういう生き方もあるというか、そういうモノの見方もどこかしら心の隅に置いておいた方がいいと思うんですよ。僕は昔からそうで、クラスのみんながワッとなってると、一人だけ別のことをイメージするタイプ。今SNS見ても村社会っぽくて、何かひとつの考えにまとまり過ぎて、そうじゃないとめちゃくちゃ叩くでしょ?あれがすごく嫌で、“空気-抵抗”は「空気を読むな」っていう曲。「これ言ったら叩かれるんじゃないか」って、自分の考えを言わないでおくのはやっぱりおかしいんじゃないのか、ひとりひとり本当の自分の考えを言うことがきるのか。そういう覚悟を問うた曲っていうかね。
──今の時代感だからこそ、「空気を読まないこと」や「流れに逆らうこと」の大事さっていうのは非常によくわかります。
どっちかっていうと、仲間外れの方が好きなのかも(笑)。でも、僕はポップスをやっていて、普遍的な、誰もが普通に感じることはとても大事だと思ってる。だからこそ、大衆心理の負の部分、危ないところも感じるわけですけど、その両方の感覚を持っていたいですね。

弾き語りはさらに深めた表現を、リリースツアーはフレッシュな気分で

──最後に、2月からの弾き語りツアーと、6月からのリリースツアーに向けた展望を聞かせてください。
弾き語りツアーはリリースツアーのプロローグという形を取りながらも、自分がこれまでやってきた弾き語りをさらに深めた表現を見つけていきたいです。もう弾き語りも7年目なので、いろいろわかってきたこともあるし、技術もついてきたので、またもう一歩進んだ新しい表現を見つけられたら。そして今年6月から始まるオリジナル・ラブの“bless You!”ツアーは思いっきり盛り上げたいです。エキセントリックなアートロック エンターテインメントショーにしたいと思ってます。みなさん、是非遊びに来て下さい!

グッディガール feat. PUNPEE (Love Jam Ver.)

ゼロセット (Music Video Short Ver.)

田島貴男自身の撮影・編集による処女作、 「アクロバットたちよ」のMVを公開!

PRESENT

オリジナル・リストバンドを3名様に!

※転載禁止

受付は終了しました

公演情報

DISK GARAGE公演

田島貴男 弾き語りツアー2019

2019年2月9日(土) 新潟県民会館・小ホール
2019年2月16日(土) 関内ホール 小ホール [SOLD OUT]
2019年2月17日(日) 仙台 戦災復興記念館
2019年2月23日(土) 福岡 都久志会館
2019年2月24日(日) 熊本 八千代座
2019年3月2日(土) 広島 クラブクアトロ
2019年3月3日(日) 高松 オリーブホール
2019年3月8日(金) LiveHouse浜松 窓枠
2019年3月9日(土) 名古屋クラブクアトロ
2019年3月16日(土) 梅田クラブクアトロ
2019年3月17日(日) 神戸 クラブ月世界
2019年3月23日(土) 函館 金森ホール
2019年3月24日(日) 札幌 かでる27
2019年3月31日(日) 東京国際フォーラム ホールC

≫ チケット販売詳細はオフィシャルサイトにてご確認ください

ORIGINAL LOVE “bless You!” Tour

2019年6月8日(土) 神奈川 関内ホール 大ホール[横浜市市民文化会館]
2019年6月16日(日) 新潟LOTS
2019年6月22日(土) 福岡国際会議場 メインホール
2019年6月29日(土) 盛岡 CLUB CHANGE WAVE
2019年7月6日(土) 北海道 Zepp Sapporo  
2019年7月13日(土) 名古屋ダイアモンドホール
2019年7月14日(日) 大阪Zepp Namba
2019年7月20日(土) 東京 中野サンプラザホール

≫ 2月15日(金)正午より、神奈川、東京公演のディスクガレージ先行抽選受付開始予定!上記日時以降に本ページにてご確認ください

≫ そのほかチケット販売詳細はオフィシャルサイトにてご確認ください

RELEASE

「bless You!」

NEW ALBUM

「bless You!」

NEW ALBUM
「bless You!」
(WONDERFUL WORLD RECORDS / VICTOR ENTERTAINMENT)

●2019年2月13日(水) release!

◉【通常盤】VICL-65123 / 1CD ¥3,000+tax
【完全生産限定盤】VIZL-1527 / フォトブック*+CD / 5,000セット限定)¥4,000+tax
※写真愛好家でもある田島貴男が撮り続けてきた日々と、写真家松本直也が田島貴男のある1日に迫った『bless You!』の制作とともに流れる刹那を捉えた全88ページのフォトブック『A Day & Days』

◉musicians
小松秀行(Ba)、佐野康夫(Dr)、河合代介(Org)、鹿島達也(Ba)、
木暮晋也(Gt)、真城めぐみ(Cho)、小松シゲル(Dr)、村田シゲ(Ba)、冨田 謙(Key)、村田陽一(Tb)、小池 修(Sax)、奥村 晶(Tp)、弦一徹ストリングス(Strings)

◉guests:
渡辺香津美(Gt)、岡安芳明(Gt)、長岡亮介(Gt)、PUNPEE(Rap,Scratch,SE)、
角銅真実 (Vibraphone, Conga)

photography by Takao Tajima
  • 金子厚武

    インタビュー

    金子厚武

SHARE

関連記事

最新記事

もっと見る