さくら学院インタビュー!卒業を迎える中3生、沢山の思い出と続いていく未来へ思いを馳せる

インタビュー | 2019.03.04 12:30

──3月3日には2018年度のアルバム「さくら学院 2018年度 ~Life 色褪せない日々~」がリリースされます。
麻生私的には、アルバムをそのままライブでやってもおかしくないって感じてて。明るい曲もあれば、しんみりと聴かせる曲もあるし、何回リピートして聴いても飽きない1枚になってると思います。
新谷私は「~Life 色褪せない日々~」っていうタイトルがすごく好きなんですよ。「Life」には職員室の先生からたくさんの意味があるって聞いて。命だったり、生活だったり。本当にたくさんの意味があるので、このアルバムを聴いてくださった方が、自分にとっての「Life」の意味を見つけていただけたらと思うし、「色褪せない日々」という言葉が心にグッときてて、すごく気に入ってます。
麻生中3曲の中に<色褪せない日々>っていう歌詞が入っているのでそこを聴いて欲しいです。私の一押しです。
新谷ね、そこが繋がってて。
日髙2018年度は、本当に色褪せない日々を過ごしたので、すごく合ってますね。
麻生ずっと忘れない思い出、みたいなね。一瞬一瞬を大切にしたいなっていう気持ちがこの題名からでも伝わるから。これからさらに濃い日々にしたいと思います。
新谷あと、特典映像もおすすめだよね。
麻生学院盤は、恒例の学年末テストなんですよ。ちょっと怪しいなって思ってたけど、いざドッキリになると引っかかるものですねって思いました。すごいびっくりしました。
新谷それをぜひ見ていただきたいです。
麻生はちゃめちゃで波乱万丈でした。2018年度らしさを感じられると思います。あと、さくら盤の特典映像にMVが入ってるんですけど、どっちも結構、頑張ったんですよね。特に新曲「Carry on」は、1カット風に撮影をして。これまた、ちょうど大切なシーンの撮影でお天気雨が。
日髙狐の嫁入り!
麻生その時の光がめっちゃ輝かしくて。「ああ、さくら学院にいてよかった!」って感じて。
新谷すごく綺麗だったよね。キラキラしてて。

■「Carry On」Music Video [Short.ver]

麻生ダイヤモンドみたいに輝いてて。最高でした。めっちゃ興奮したよね。
日髙ね。もう1曲の「Fairy tale」は階段で12人がそれぞれ違う方向を向いて踊るシーンがあって。階段の幅が狭くて踊るのが大変でドキドキしてたんですけど、全体として絵本の世界みたいなセットになっていて。私は大好きな雰囲気だったので、完成したら何回もみたいなと思います。
麻生時計台とか月とか雲とかユニークなセットがあって。私、すごい惚れちゃって。めっちゃオシャンティーだったんですよ。これを持って帰りたいと思って。めっちゃ大きい月の顔がすごい好きで、持って帰りました!家に。
日髙私も持って帰りました。私は蝶々と薔薇。
麻生他では使わないから捨てることになるって言われたんですよ。もったいない!と持って。電車で持って帰って。
新谷私、真彩と一緒に帰ったんですけど、隣で大きい月を持ってて、めっちゃ恥ずかしかったです。
麻生今も家の階段の奥に置いてあって。夜、寝る時に見るとめっちゃ怖いです(笑)。でも、思い出が形に残ってるのが嬉しいです。
日髙(笑)。私は普段、アルバムを買うと、全曲を通した物語を作っちゃうんですよ。このアルバムも自分の頭の中でいろんな場面を想像しながら聴いていて。
──どんなストーリーを想像しました?
日髙メンバー12人で構成されているミュージカルみたいなものを妄想してますね。自己紹介があって、学校生活があって、部活動もあり、世界旅行にも行って……。最後の方に、12人でいてよかったね、一緒にいれてよかったねっていう曲が入ってる。本当に私、最後まで聴いていると涙が止まらなくなるんですよ。大げさかもしれないですけど、自分のさくら学院生活を締めくくる、最高のアルバムになってるなと思いました。

■「Fairy tale」Music Video [Short.ver]

──中3曲の「clover」は最初に聴いた時にどう感じました?
麻生第一印象は懐かしい感じだなって思って。でも、ずっと聴いてたらリズムに乗っちゃうような明るい感じなので、今年の雰囲気に合ってるなって思いました。
新谷聴いた瞬間、タイムスリップした感じがして。この前、学院祭で「時をかける新谷」っていうお芝居をさせていただいて。それとかけてるのかなって思うくらい、曲調がちょっと懐かしい感じがあるなと思います。
日髙歌詞は今までのさくら学院生活を振り返ってる内容になってて。1つ1つの情景が見えてくるし、その時の思い出が蘇ってくる感じになってるんですね。この曲を初めて聞いた時から、本当に早く歌いたいっていう気持ちが強くて。これ、歌えたら絶対に気持ちいいだろうなって思って。歌詞の最後のところに<新しい明日へ>ってあるんですけど、そこが本当に、レコーディングで歌ってて気持ちよくて。最後のレコーディングでこんなに思い切り気持ちよく歌えたことが私はすごく嬉しかったし、今でも余韻が残っていて。自分はこの曲を歌うために、今までさくら学院で歌ってきたのかなって感じるくらい気持ちよかったですし、これからもずっと思い出として残るんだろうなっていう感じがしますね。
麻生特にラストのレコーディングだったので、私たちの感情も。本当に最後なんだなっていう気持ちが強くて。最後のレコーディングがこの曲でよかったですね。
新谷アルバムレコーディングの最後の曲が、3人の曲だったので。これで締めくくるなんだって思うと、なんだか気持ちよかったですね。3人で終わったっていう。今まで活動してきてよかったなって思える曲になってます。
──歌いながらどんな情景が思い浮かんできました?
日髙みんな共通だと思うんですけど、<ひとつひとつ重なっていく/手のひらから見えるシルエット>っていう歌詞があって。さくら学院はライブ前に全員で円陣を組むんですけど、多分、そのことを言っていて。ライブ始まる前に必ずみんなが見る景色なので、私たちにとってはグッとくるというか。
麻生めっちゃいい曲だね!
新谷あと、<十年先の春の日に/ありがとうを届けよう>っていうところなんですけど、学院祭の時に真彩がZONEさんの「secret base〜君がくれたもの〜」をカバーしてて。<10年後の8月/また会えるのを信じて>っていう歌詞をかけてるのかなって。
麻生そうそう。「時をかける新谷」のお芝居の中でも歌ったんですけど、今年の中3のテーマソングになったらいいなって思ってて。だから、感動して。
日髙本当に10年先の春の日にうちらが会ったらどうなってるんだろうって。
新谷楽しみだよね。あと、タイトルは3つ葉のクローバーをイメージしてて。
麻生クローバーの花言葉の1つに「約束」っていう意味があるんですよ。歌詞には<約束のドアが開いて/続く軌跡>って入ってて。
新谷さくら学院という幹から3つの葉っぱが出てて。それぞれの道を表してる感じがするよね。
麻生わかる。1つ1つの葉は離れているけど、幹でくっついてるっていう。
新谷それぞれ向かう道は違うけど、さくら学院っていう幹から成り立った3人っていうところは変わらないよっていう意味かなって思います。

公演情報

ディスクガレージ公演

The Road to Graduation 2018 Final ~さくら学院 2018年度 卒業 ~

2019年3月30日(土) 神奈川県民ホール 大ホール

チケット一般発売日:2019年2月10日(日)

★『The Road to Graduation 2018 Final~さくら学院 2018年度 卒業~』ライブ・ビューイングが決定!
詳細はライブ・ビューイング・ジャパンのサイト内にある特設ページをご覧ください。

The Road to Graduation 2018 ~放課後アンソロジー レッツ スタンディング~

2019年3月26日(火) TSUTAYA O-EAST

チケット一般発売日:2019年1月27日(日)

公開授業「歌の考古学」

2019年3月3日(日) はまぎんホール ヴィアマーレ
※1日2回公演
<出演者>
[開演12:45]
講師:倉本美津留
担任:森ハヤシ
出演:新谷ゆづみ / 日髙麻鈴 / 吉田爽葉香 / 有友緒心 / 八木美樹 / 白鳥沙南
[開演16:45]
講師:倉本美津留
担任:森ハヤシ
出演:麻生真彩 / 藤平華乃 / 森萌々穂 / 田中美空 / 野中ここな / 野崎結愛

チケット一般発売日:2019年2月9日(土)

RELEASE

『さくら学院 2018年度 ~Life 色褪せない日々~』

9th Album

『さくら学院 2018年度 ~Life 色褪せない日々~』

(アミューズ)
3月3日(日) Release!

※初回限定盤 さくら盤(CD+Blu-ray)/ 初回限定盤 学院盤(CD+DVD)/ 通常盤(CD)
※画像は通常盤

写真集『さくら学院 麻生真彩・日髙麻鈴・新谷ゆづみ 2019年3月 卒業』

(徳間書店)
2019年3月25日より順次発売!
  • 永堀アツオ

    取材・文

    永堀アツオ

SHARE

さくら学院の関連記事

アーティストページへ