【インタビュー】GRASAM ANIMAL、2ndアルバム『GOLDEN BAD』完成&リリースパーティー開催!「“これまでのロック史全部に勝つ”を叶えます」

インタビュー | 2019.05.08 12:00

曲を作っているときは作曲者だけど、ステージに上がっているときはプレイヤーに徹してます

──じゃあライブのときは、常に楽しい状態なんですか。

曲が難しいから昔はライブをすることが苦手だったんですよ。今はギターが少し違う音を出しても、その場の空気に合っていたら気にしなくなりましたね。あとはもう……破壊って感じで(笑)。レコーディングとライブしているときは、同じ曲でも全然気持ちが違うので、ちゃんと弾くことを意識しなくて良いんですよね。ライブって自己顕示欲の発散場なので、今は楽しいです。

──いつから変わりました?

歌に自信を持てるようになってからですかね。「歌が上手いね」と言われたら普通に嬉しいんですよ。曲を作っているときは作曲者だけど、ステージに上がっているときはプレイヤーに徹してます。時代の空気とか、その場の空気を内包して曲に歌声を乗せるのがボーカルだと思っているんですよ。アート全体がそうですけど、地球から生まれたものを使って音楽にしろ、映像にしろ、絵にしろ何かを表現するじゃないですか。それを見て、地球をもう一度認識するものだと思うんですね。

──それは表現の根幹というか。

そうだと思います。地球から生まれたもので何か作り上げて、それを人が見ることで地球の存在を意識する。このアルバムを作っている途中くらいから、そんなことを考えるようになりましたね。

──ライブの話に戻しますけど、木屋さんが初めて観に行ったライブって誰ですか?

誰だっけなぁ、アルカラかな……違う!ゆずですね。小学6年生のときに中学受験をしていたんですよ。それで受験が嫌すぎて、ずっとゆずの曲を永遠かけながら大声で歌ってました。親への嫌がらせなんですけど。

──アハハハハ、ゆずはどこで観たんですか。

「ゆずのね」というコンサートがあって、それを横浜アリーナまで親と観に行きましたね。

──それで木屋少年は「俺も音楽をやりたいんだぁ!」と。

いやいや!それは絶対に関係ない。今の自分に活きているとも思えないし(笑)。

──ハハハ。ところで、アルカラを観に行ってたのはいつですか?

高校1年生くらいですかね。あとは「オドループ」をリリースする前に、フレデリックのライブもよく行ってました。とはいえ千葉に住んでいたので、ライブハウス・キッズほど入り浸ってはなかった。だから、俺はいわゆるバンドマン像から外れている気がします。さっきも話しましたけど、昔から洋楽を聴いていたわけじゃないし、みんなと同じような音楽を聴いて育ったので。

──そこからGRASAM ANIMALの音に行き着いたのは面白いですけどね。

いろんな要因があると思うんですけど、大抵音楽をちゃんと聴き始めるのって大学生とかになって少しお金に余裕が出来てからじゃないですか。自分もそういうタイミングで「音楽をいっぱい聴きたいな」という気持ちになって。最初はザ・ロイヤル・コンセプトとか父親が買ってきたオシャレなバンドから耳を慣らしていって。途中でフジファブリックにハマって、ブラジル音楽を好きになって。そういう風に、じわじわと音楽の知識が広がっていった感じなんですよね。他のメンバーは違いますけど、俺は洋楽の名盤といわれている作品は全然通ってない。ニルヴァーナやグリーン・デイすら、あんまり聴いたことないんですよ。恥ずかしいんですけど、そういう感じですね。

──うんうん、面白いなぁ。

だから今は、知らないものをそのまま放っとくんじゃなくて、聴いた上でわかるものがあるかないかで分別したい。「そんなの聴かなくて良いんだよ」と言ってしまえば楽ですけど、ちゃんと知識が欲しいんですよね。

──CDもそうですけど、ライブも「このバンドって名前は知ってるけど、どんな感じなんだろう」とジャッジする場だと思ってて。

ああ、そうですね。

本当に自分が好きなバンドだけを誘いました。だから、すごく楽しみなんですよね

──6月2日、14日のリリースツアーでは、バンドを招いての対バン形式になりますよね。

俺は選り好みせず、なんでも好きなわけじゃないから。本当に自分が好きなバンドだけを誘いました。だから、すごく楽しみなんですよね。

──ちなみにいつか立ってみたいステージはありますか。

日比谷野音と国技館でもやってみたい。その2箇所があがるということは、やっぱりフジファブリックが好きなんでしょうね。

──先ほども名前が挙がりましたもんね。

あの立ち回り方って理想なんですよ。コンピレーション・アルバムを作る機会があったら、絶対に参加したい。

──ありがとうございます。今日は僕からざっくばらんに質問してしまいましたけど、最後に言い残したことってあります?

言いたいことは全部話せた気がしますけど……じゃあ今後の話をすると、早く次のアルバムを作りたいんですよ。すでにタイトルも考えてて。

──へえ!また違った感じに?

そうですね。形にするのはめちゃめちゃ厳しそうですけど、いやぁ〜いっぱい作らなきゃな。だから『GOLDEN BAD』のインタビューですけど、すでに次を向いてます。

──良い状態じゃないですか。

『GOLDEN BAD』が出来たときはめちゃくちゃテンション上がったんですけど、今は褒められてもそこまで上がらないかな。だって次の作品に向いてるから。まだ発売前だからしょうがないけど「なんで早く褒めてくれなかったんだよ」って思う。

──だいぶ無茶なこと言ってますよ!

アハハハハ!作品ごとに、どんどんグレードアップして「これまでのロック史全部に勝つ」を叶えます。

GRASAM ANIMAL / LOVE OIL(Music Video)

PRESENT

ステッカー&缶バッヂをセットで3名様に!

※転載禁止

受付は終了しました

公演情報

ディスクガレージ公演

『GOLDEN BAD』 Release Party

2019年6月2日(日) 心斎橋CONPASS
出演:GRASAM ANIMAL、BimBamBoom、manchester school≡、Mississippi Khaki Hair

2019年6月14日(金) GARAGE(下北沢)
出演:GRASAM ANIMAL、ベランダ、ナツノムジナ、CHIIO

チケット一般発売日:2019年5月11日(土)

RELEASE

「GOLDEN BAD」

NEW ALBUM

「GOLDEN BAD」

(EIGHT BEATER)
5月8日(水)SALE
  • インタビュー

    真貝 聡

SHARE

GRASAM ANIMALの関連記事

アーティストページへ