2019年第1弾!全国ライブツアーで見せる“大人のフェアリーズ”!

インタビュー | 2019.05.10 15:00

フェアリーズの2019年第1弾となる全国ライブツアーのタイトルが「ALL FOR YOU」に決定した。“ALL”とは“全曲”のこと。デビューから8年。当時、中学1年生だった最年少の下村実生が昨秋に二十歳の誕生日を迎え、リードヴォーカルの伊藤萌々香は21歳、最年長の井上理香子は22歳となった。平均年齢が約21歳となった大人のフェアリーズは果たしてどんなパフォーマンスを見せてくれるのだろうか。
──待望の全国ツアーが決まりました!
伊藤萌々香前回のツアーで初めて福岡公演が増えて、4箇所になって。次はもう1箇所でも増やしたいっていうのをずっと言ってたので、今回、広島に行けることになって、すごく嬉しかったです。ツアーをやるたびに、1箇所でも増やしたいと思っているので、また一歩踏み出せたかなと思います。
下村 今回も前回の全国ツアー「JUKEBOX」と同じ演出家さんで。前回演出家さんへお任せする部分が多くて。でも、今回は2回目なので、私たちも考えて、自分たちの意見を積極的に言おうと思っていて。何をしたらみんなが喜んでくれるだろうなって考えるのが楽しいです。
井上 みきみき(下村)が言うように、何か1つ、みなさんが行きたいって思ってもらえるものが形としてないと弱いなと思っていて。だから、ツアーが決まった時は喜びよりも不安の方が大きかったんですね。でも、打ち合わせをしていく中で、これならみなさんに喜んでもらえる!っていう形が見えてきて。やっと楽しみになってきました。
──どんなツアーになりそうですか。その形を教えてください。
伊藤「ALL FOR YOU」というツアーのタイトル通り、全公演を通して、いろんな形で全曲を聴いてもらおうと思ってます。だから、5公演、セットリストは全部変わるし、どこに来ても、何回来ても、新鮮な楽しみがあるライブが見せられるかなって。あとは、映像に関しても、自分たちの意見を出させてもらってて。前回は探り探りだったんですけど、今回は一緒に作る形になっているので、新しい雰囲気が見せられるかなって思います。
下村実生昨年の6月に出した2ndアルバム『JUKEBOX』から好きになってくださった方にも、今までの私たちの曲を全部知ってもらえる、いい機会になるなと思って。何曲かはダンスの振りを変えようと思っているし、前回のツアーのようにカッコよく魅せるブロックだけではなく、みんなで一緒に楽しめるブロックも作りたいなと思っているので、振り幅のある内容になるんじゃないかなって思ってます。
井上理香子久しぶりにやる曲もありますからね。実は、私たちがイベントでずっとやっていない曲もあって。最近好きになってくれた方は、こんな曲もあるんだっていう驚きがあると思うし、昔から応援してくださってる方は、久しぶりに聞けたっていう喜びも感じてもらえると思います。
──このタイミングで全曲をやるのはどうしてですか?
伊藤全公演に行きたいって思ってもらいたいっていうのと、私たちは中学生でデビューしたので、ライブを始めたのが他のグループより遅かったんですよね。ライブでやってない曲もあるので、ここで一旦、全曲披露しておきたいなと思って。
下村みんな成人して、ちょうど大人になったっていうこともありますね。当時は理解できていなかった歌詞も理解した上で表現できたり、大人っぽい衣装が年相応で着られるようにもなってるし。
井上あと、2〜3年後だと年齢的に無理っていう曲もあるから。<chuchuchuchu>言ってる「Sweet Jewel」とかね(笑)。今のうちに全部やっておいて、大人の女性になっていく、これからのフェアリーズが見せたらいいなと思います。
──これまでの楽曲を全部聴き返して、どんなことを感じました?
伊藤いろんな曲調があるなって思いました。歌って踊るのは根本にあったとしても、「Tweet Dream」や「光の果て」のように可愛らしい曲もあって。でも、幅が広いからこそ、これまでのライブのようにコンセプトごとに選曲ができたり、今回のツアーのように全曲をやっても、最初から最後まで飽きずに楽しめるのかなと思うんです。また、最近やっと、自分たちでこういう曲をやりたいとか言えるようになってきたタイミングもあるので、いろんなものを経験してきてよかったかなって思います。
下村最初の頃は、まだ子供だったから、どういう曲調がいいとか、私たちはこういう風にやっていきたいんだっていうのは考えてなくて。今の年齢になって、やっと、こうなりたいっていうことを自分たちで考えるようになったんです。そうなるまでにいろんな曲をやって、幅があったからこそ、学べたこともいっぱいあって。そういう経験を生かして、これからも、みんなと「こういう曲をやっていきたいよね」って話し合いながらやっていけたらいいなと思います。
井上大人になってからの8年だといろいろあったなって思えると思うんですけど、中学生からの8年なのでめっちゃ一瞬だったなって。そのなかでも、辛かったり、嬉しかったり、いろんな思いを感じていて。今、話しながら、頭の中にいろんなシーンがフラッシュバックしてきてるんですけど……やっぱり、若いうちから大人の方にいろいろ教わって、いろいろ厳しく教えていただいたなって思いますね。その分、今の年齢で普通だったら見えてなかっただろう部分が見えてると思うし、デビュー当時、たくさん厳しくしていただいたことに、今、感謝できていると思います。
──いまの話にあった「こういう曲がやりたい」「こうなりたい」っていう将来の理想像を具体的に言葉にしてもらえますか。
伊藤結果的には最初の頃に大人の方々に言われていたようなコンセプトに戻ったと思います。ただ、今は自分たちの中から、「同世代や年下の女の子に憧れられる、カッコいいグループになりたい」っていう思いが強くなってる。着たい衣装ややりたい曲もメンバーのグループラインで送りあったりしてるんですけど、だいたいカッコいいイメージですね。
下村デビュー当時は大人っぽい衣装を着ても、やっぱり子供だったんですよね。今の年齢になって、やっと大人っぽい服が似合う年齢になった。大人っぽくて女性らしくて、同性に憧れられるようなグループになりたいです。
井上今までは全員の振りを揃えることを重視してきたんですけど、そこはベースにありつつ、もっと大人の表現ができるようになったらいいなと思います。衣装や演出を含め、みんながわって驚くような表現をライブで取り入れていけたら、もっと強くなっていけるのかなって思います。
下村あとは、もっとクリエイティヴになりたいですね。今までは言われてきたことをやってきたけど、これからは自分たちからこれがしたいですって言っていきたい。クリエイティヴに関して、ちゃんと発言できるアーティストになっていきたいです。
──2ndアルバム『JUKEBOX』からはメンバーが積極的に制作にも関わるようになったイメージがあります。今回のツアーでは新曲は聞けそうですか?
下村ツアーでやりたいよね。まだ願望だけど。
伊藤なんとか披露できるように頑張ってます。とにかく、今回のツアーはみんなに楽しいと思ってもらえる時間にしたいし、また次のツアーにつながる、会場を増やせるようにステップを上がれるようなライブができたらいいなと思います。

PRESENT

サイン色紙を2名様に!

受付は終了しました

公演情報

ディスクガレージ公演

フェアリーズ LIVE TOUR 2019 ―ALL FOR YOU―

2019年6月8日(土) Zepp Tokyo[東京]
2019年6月15日(土) Zepp Nagoya[名古屋]
2019年6月16日(日) Zepp Osaka Bayside[大阪]
2019年7月14日(日) LIVE VANQUISH[広島]
2019年7月15日(月・祝) DRUM LOGOS[福岡]

チケット一般発売日:2019年5月11日(土)
※チケット先行情報はオフィシャルサイトへ!

RELEASE

「Metropolis~メトロポリス~」

NEW SINGLE

「Metropolis~メトロポリス~」

2019年7月17日(水)Release!
⇒詳細
「フェアリーズ LIVE TOUR 2018 ~JUKEBOX~」

DVD&Blu-ray

「フェアリーズ LIVE TOUR 2018 ~JUKEBOX~」

NOW ON SALE
※初回限定特典:40Pフォトブック&スリーブ仕様
※ジャケ写はDVD

OTHER

■伊藤萌々香

ドラマ「都立水商!~令和~」に出演!
MBS:2019年5月5日(日・祝)より毎週日曜24時50分~
TBS:2019年5月7日(火)より毎週火曜25時28分~
 

■下村実生

ミュージカル「Little Women –若草物語-」に出演!
2019年9月3日(火)~25日(水)シアタークリエ[東京・日比谷]

  • 永堀アツオ

    取材・文

    永堀アツオ

SHARE

フェアリーズの関連記事

アーティストページへ