Hilcrhyme、デビュー10周年!各日異なるコンセプトで贈る、豊洲PITでの3daysライブ開催に向けての思いとは?

インタビュー | 2019.06.01 10:00

万人の共感を得る!
そんな信念を擁し、これまでラップをポップスにまで昇華した共感性溢れる数々のラップミュージックを世に送り出してきたHilcrhyme。現在はMC TOCひとりのユニットとして活動中だ。そんな彼が今年デビュー10周年を迎え、その動きを更に活発化させている。
6月12日発売の新曲も交えたリメイクベスト盤『SUN ~リメイクベスト1~』を皮切りに、来春までに3種のテーマ別のリメイクベスト3作を連続でリリース。そして、7月13日~15日には豊洲PITにて「Hilcrhyme LIVE 2019 "MILESTONE 10th"」と銘打ち、日毎違ったコンセプトや内容で3Daysライブも行う。
まさにオールタイムベストな内容が期待される、この3Days。13日は地元・新潟にゆかりあるアーティストたちと対バン形式のライブを。14日はアコースティック楽器も交えた優雅に楽しめる1日が。そしてメジャーデビュー日でもある15日は新曲の披露も視野に、これまでとこれからを同居させたワンマンライブと、どれもが見逃せない。
──今年でデビュー10周年を迎えるわけですが、振り返ると色々とありましたね。

ありましたね。メジャーデビューしてから毎日「忙しい日」の連続で。この10年、一日一日を必死にクリアし続け、気づいたらここまで来ていたという印象です。

──TOCさんの場合、ここまで都度都度しっかりと先々のビジョンを思い描いて活動して来たように映ります。

いやいや、その逆です。その時々に思ついた、今やるべきことを即実行してきただけです。新潟には大きなスタジオがあまりにないので、その必要性に駆られて、「だったら自分が作っちゃおう!!」とか。なので成功ばかりではなく、失敗や、途中で頓挫したものもあります。でも、今ではそれらをやってきて良かったとつくづく感じています。

──それは?

これまで点でやってきたものが、いつしか線になって繋がっていくんだという実感が、ここ最近は頻繁にあるんです。当時「やらなきゃよかった」等の後悔があっても、今になって、「あの時やっておいて正解だった」「あの時経験しておいてよかった」「けっして無駄じゃなかった」に変わる瞬間に多々出会えるようになりましたね。

──分かります。ここまで間違いじゃなく、このまま進んでいけばいいんだとの確信も最近のTOCさんからは伺えます。

道を外れたり、何かに挑戦したり、失敗しないと見えなかった景色や分からなかった経験も多々ありますから。そう考えると遠回りしたこともしっかりと今に繋がっていたんだなと実感してます。

──Hilcrhymeをここまで突き動かしている信念は何だと考えますか?

「万人の共感を得る」、そこですね。ラップって技法をポップスに変えて、他の音楽に負けない位置にまで引き上げたいし、自分がその立ち位置に常に居たい。それは今後も変わらないし、揺るがないですから。

──その共感って凄く分かります。これまでも景色観や光景、季節やメッセージ等、タイプは違えど曲毎に、常に共有感を大事にしてきましたもんね。

まさにその辺りは常に大事に活動してきました。

──ライブに関してはいかがですか?これまでダンサーを入れたり、ショー的な魅せ方をしたり、こと魅せ方や楽しませ方にはこだわってきたのでは?

今は一人だけなので、逆にこれまでとは全く違ったスタイルです。2時間半、最初から最後まで一人だけで歌う、今はそんな魅せ方です。でも基本、やっていることはあまり変わってないかな。

──昨秋より一人でステージに立っていますもんね?誰かに頼ったりしたくなったり、寂しく思ったりは?

ファンの方々が信じてついてきてれるし集ってくれるので、その辺りは全くないです。逆に一人になってからの方が孤独感が無くなったかも。まさかこんな10年目を迎えるとは、去年の今頃は思ってもみませんでした。

──お一人でライブを満喫しているわけですね。

自分一人でスタジオにこもってライブ用のトラックを作っているのも楽しいし、それを披露するのも楽しいです。体力面や作業面では2倍の負担になりましたけど。

──この6月12日には、新曲も交えたリメイクベスト盤『SUN ~リメイクベスト1~』を出されますが、オリジナルをキチンと踏襲しつつ、ライブ仕様になった作品という印象を受けました。

まさにそうです! 2009年や2010年の曲を、今のスタジオで、今の技術でミックスしたり作り直したりして、今の感じの作品になりました。あとは、よりライブを意識して作ったりミックスしたので、かなり聴きごたえはあるんじゃないかと思います。

──そもそも何故今回このような企画を?
理由は幾つかありました。10周年だったこと、あとは自分たちの過去曲の配信等がストップしているので、聴きたくても聴けない方がこれで再び聴けるようになるということが大きいです。
──選曲もまさにベストです。

Hilcrhymeの曲の中でもライブでは外せないキラーチューンばかりで、普通に幅広い人におススメできる1枚です。これだけ聴いてライブに来てもけっこう楽しめると思います。

──リメイクにしてはかなりオリジナルに忠実ですね。

あえてそうしたかったんです。「今の俺だったらこうするぜ!!」的な内容にする気は全くありませんでした。そのような行為自体が好きじゃないので。

──それは?

みなさんに深い思い入れがあるであろうトラックは、そのまま踏襲したかったんです。

──この後、来春までに『MOON ~リメイクベスト2~』『STAR ~リメイクベスト3~』も続いて出ます。

『SUN』は明るいイメージの曲、『MOON』は「大丈夫」等のちょっと癒しや泣ける曲、『STAR』はもう<ザッツTOC!>と言える自分自身をボースティングしている曲、をセレクトしました。『STAR』は完全にラップがメインで盛り上がる曲ばかりです。

──で、7月13日~15日まではそれぞれ日替わりの内容で3Daysライブが控えています。

この10年を大事にした内容にしたいです。「10周年だから久々に行ってみようか」って方もいらっしゃると思うんです。その方々が聴いていた頃の青春やHilcrhymeの想い出を、現在に蘇らせられるような、そんな空間にしたいです。それこそ解像度の高いタイムマシン、そこを目指しています。

──13日は新潟にゆかりあるCreepy Nuts(DJ松永が新潟出身)とMy Hair is Badといったアーティストたちとの対バンライブですね。

若手で今、ガッときているユニットとバンドをお迎えしてお送りします。Creepy Nutsは同じヒップホップ/ラップ畑なので、付き合いもあるし、特にDJ松永は同じ新潟出身で昔から親交が深かったですからね。実はMy Hair is Badは今回が初の絡みなんです。地元の新潟、しかも同じ上越出身で3人組でここまで大きくなった若手のバンドが居るって話は数年前から聞いていました。で、どこかのタイミングで会えたらいいなと思っていて。この間、初めてライブを観に行かせてもらったんです。自分たちもかつて立ったことのある、地元では最大規模の朱鷺メッセという会場だったんですが、その際の彼らのMCが、かつて自分たちがそのステージに立った際とほぼ同じようなことを言っていて。ジャンルは違えど、思っていることや気持ちが、どこかでキチンと繋がっていたんだなと改めて確信しました。これは記念すべき10周年のライブにお誘いして大正解だったなって。

──それはきっと当日のお客さんも感じるでしょうね。

基本自分はワンマンしかやってこなくて、実は対バン企画自体が初めてなんです。彼らを自分のファンに紹介したいというよりも、これからも彼らと絡みたい。その思いの方が強いですね。

──14日はアコースティックスタイルのライブだそうですが?

バンドや弦楽器も入れてのライブを予定しています。いやー、この日は自分でこの日用のトラックを作らなくていいので助かります(笑)。選曲と当日のラップに専念すればいいので。あとは一流のミュージシャンたちの創り出す生の音に乗った僕のラップも是非楽しんで欲しいです。

──15日はワンマンライブですね。

この日はオールタイムベストで王道を行きますが、新曲も発表する予定です。どちらかというとそっちの方が自分としては楽しみかも。

──では、これまでとこれからが同時に楽しめる日になりそうだと。

実はこの日が正真正銘デビュー10周年の日なんです。スタンダードなHilcrhymeはもちろん、10周年だからこそ新しいHilcrhymeを提示したいと思っています。過去を振り返るのが好きじゃないタイプなので、より今後が楽しみになるようなライブにしたいです。あと13日からは僕がプロデュースしているサングラスもお披露目します。

──かなり盛り沢山な3日間ですが、これ以降、また11年目に突入するわけですね。

今後も<Hilcrhymeはこう!!>というのをブレずにやっていきたいです。10年もやっていると批判の声も減ってきて。それは自分としてもつまらないし、寂しいことでもあります。デビュー時のバッシングは半端なかったですから(笑)。それが10年同じことを続けているとそのような批判もなくなってきちゃう。芯を持って続けていることを認めてもらえたからかなって。でも、それでもダメだと戒めています。

──常に賛否両論でありたい?

それは常にそうであって欲しいです。それが売れている人の定めでもありますから。常にある程度の否定派が居るのが理想です。そう考えるともっと色々なアクションを起こさないと、と。これからも、いつも危機感は持って活動していきたいですね。

PRESENT

オリジナルハンドタオルを1名様に!

※転載禁止

ツイッター応募方法

①DI:GA ONLINEの公式Twitterアカウントをフォロー
②表示されているツイートをリツイート
③ツイートのリプライから「Hilcrhyme10周年のお祝いメッセージ」を送って下さい!
応募〆切は2019年7月20日(土) 23:59まで。

※DMでのご応募は受け付けておりません。

詳細を見る

公演情報

ディスクガレージ公演

Hilcrhyme LIVE 2019 "MILESTONE 10th"

2019年7月13日(土)14日(日)15日(月・祝) 豊洲PIT

◆7月13日(土) ~DAY 1・招待=Show Time~
ゲスト:Creepy Nuts / My Hair is Badを迎えた対バンナイト!

◆7月14日(日)~ DAY 2・アコースティック~
生バンドと弦楽器でお送りするアコースティックナイト!

◆7月15日(月・祝) ~DAY 3・ワンマン~
メジャーデビュー日当日にお送りする、記念すべきワンマンナイト!

チケット一般発売日:2019年6月1日(土)

RELEASE

『SUN ~リメイクベスト1~』

NEW ALBUM

『SUN ~リメイクベスト1~』

(UNIVERSAL CONNECT)
2019年6月12日(水)SALE
  • インタビュー

    池田スカオ和宏

SHARE

Hilcrhymeの関連記事

アーティストページへ