今年デビュー10周年の吉田山田にインタビュー!10周年の完結と新しい始まり。『大感謝祭』は“これからの吉田山田”を見せるライブに。

インタビュー | 2019.06.19 18:00

自身2度目の47都道府県ツアー「吉田山田47都道府県ツアー〜二人またまた旅2019〜」を開催中の吉田山田。8/24(土)にはツアーファイナル、翌25(日)には夏の恒例イベント「吉田山田祭り2019」を上野水上音楽堂で行い、さらに11/30(土)には中野サンプラザホールで「吉田山田10周年記念『大感謝祭』」も決定した。アニバーサリーイヤーを機に、さらに充実した活動を続けている吉田結威(Gt, Vo)、山田義孝(Vo)に聞いた。
──まずは現在行われている「吉田山田47都道府県ツアー〜二人またまた旅2019〜」について聞かせてください。このツアーでは47都道府県を6つのブロックに分けて、各ブロックでこれまでリリースしたアルバムを1作品ずつ全曲網羅し披露するという内容ですが、ここまでの手ごたえはどうですか?
吉田結威(Gt/Vo)「episode5」(アルバム『変身』6/8〜6/23公演)に入って、だいぶ最近の曲に近づいてきましたね。
「episode1」(アルバム『と』3/2〜3/31公演)、「episode2」(アルバム『ココロノート』4/12〜4/20公演)あたりは、ずいぶんやってなかった曲もあったんですよ。
その頃の曲をいまの気持ちで歌うのが新鮮だったし、大変なことも多いぶん、楽しさも大きくて。ギターを弾くのも、いまがいちばん楽しいんです。
山田義孝(Vo)そのぶん、僕はタンバリンを張り切って叩いてます(笑)。
吉田今回はループマシンも使っているので、ギター弾いて、リズムもやって、ブルースハープも吹いて。ギャグで「これで同じギャラはおかしい」って言ってるんですよ(笑)。
山田ハハハハ(笑)。
吉田それは冗談ですけど(笑)、ちゃんとセッションできてる実感もあるんですよね。僕がいいグルーヴで演奏できたら、山田もちゃんと返してくれて。いい機材やいい音も大事だけど、主役はあくまでも歌と言葉。それがちゃんと伝えられているのはいいことだなって。
山田そうだね。僕はそこまで実感してないというか、ふわっと「何かよかった」という感じですけど(笑)。
吉田いろんな時期の曲を演奏することで、制作のときに自分たちがこだわっていた部分を改めて感じることもできて。10周年のタイミングでこういうツアーをやれたのは良かったですね。
山田曲の作り方も時期によって変化してますからね。曲のなかにはその時期の気持ちが自ずと出ていると思うし、今回のツアーを通して「この時期はこういう感じだったんだな」と自分の心のなかを振り返るような感じもあって。
吉田もしかたら、初めて“振り返る”という作業をやっているのかも。ずっと前だけを見て進んできたので、あまり振り返ることをしてこなかったんですよ。
──“10周年”はやはり大きな節目なんですね。
吉田メジャーデビューした頃、最初に関わってくれたスタッフの方に「まずは10年続けることが大事」と言われていたんです。「10年やれたら、一生、アーティストとしてやっていけるかもね」って。いまは時代も違うし、音楽業界も変わってきてますけど、ずっと「10年続ける」というのが刷り込まれていたので。
山田うん。デビュー当初は漠然と“何か”を追いかけていた気がするんですが、10年やってきて、音楽が生き方の一部になった感じがあるんですよ。自分たち自身がそのまま楽曲やライブに出るし、2人で「日ごろの生き方が大事だよね」という話もするようになって。
──深いですね…。“生き方が大事”と考えるようになったのは、いつ頃からですか?
吉田3年前に47都道府県ツアーを初めてやったんですよ。「47【ヨンナナ】」というアルバムを中心にしたツアーで、47公演ほぼ同じことをやって。「次はもっといいライブをやろう」という気持ちでやってたんですが、なかなか壁を超えられなかったんです。「どうしてだろう?」と突き詰めて話しているなかで、気づいたことがあったんですよね。それまでは「ステージに上がるときにスイッチを入れる」という感じだったんですが、そうじゃなくて、普段の生き方がすべて出るんだなっていう。そのことをきっかけにして「10周年を迎えたとき、どういう自分たちでありたいか」「そのために何をするべきか」を考えるようになって。

公演情報

ディスクガレージ公演

吉田山田47都道府県ツアー
~二人またまた旅2019~

2019月3月2日(土) 神奈川・神奈川県民ホール 小ホール
2019月3月3日(日) 埼玉・三郷市文化会館 小ホール
2019月3月9日(土) 栃木・HEAVEN’S ROCK 宇都宮 VJ-2
2019月3月10日(日) 茨城・mito LIGHT HOUSE
2019月3月15日(金) 鹿児島・CAPARVO HALL
2019月3月16日(土) 宮崎・WEATHER KING
2019月3月17日(日) 大分・DRUM Be-0
2019月3月19日(火) 福岡・イムズホール
2019月3月21日(木・祝) 佐賀・LIVE HOUSE GEILS
2019月3月23日(土) 熊本・LIVEHOUSE 熊本B.9 V1
2019月3月24日(日) 長崎・DRUM Be-7
2019月3月30日(土) 群馬・高崎club FLEEZ
2019月3月31日(日) 千葉・柏PALOOZA
2019月4月12日(金) 愛媛・松山キティホール
2019月4月13日(土) 高知・高知X-pt.
2019月4月14日(日) 香川・高松DIME
2019月4月16日(火) 徳島・club GRINDHOUSE
2019月4月20日(土) 沖縄・桜坂セントラル
2019月4月27日(土) 福島・郡山HIPSHOT JAPAN
2019月4月28日(日) 山形・山形ミュージック昭和Session
2019月4月29日(月・祝) 宮城・仙台darwin
2019月5月1日(水・祝) 岩手・盛岡CLUB CHANGE WAVE
2019月5月3日(金・祝) 秋田・Akita Club SWINDLE
2019月5月4日(土) 青森・Quarter
2019月5月6日(月・祝) 北海道・札幌PENNY LANE24
2019月5月18日(土) 大阪・umeda TRAD
2019月5月19日(日) 滋賀・U☆STONE
2019月5月21日(火) 京都・KYOTO MUSE
2019月5月23日(木) 兵庫・THE LIVE HOUSE CHICKEN GEORGE
2019月5月25日(土) 和歌山・CLUB GATE
2019月5月26日(日) 奈良・NEVER LAND
2019月6月8日(土) 鳥取・米子 AZTiC laughs
2019月6月9日(日) 島根・松江 AZTiC canova
2019月6月13日(木) 山口・RISING HALL SHUNAN
2019月6月15日(土) 広島・HIROSHIMA CLUB QUATTRO
2019月6月16日(日) 岡山・CRAZYMAMA KINGDOM
2019月6月22日(土) 三重・松阪 Live Music M’AXA
2019月6月23日(日) 岐阜・club-G
2019月6月29日(土) 山梨・甲府CONVICTION
2019月6月30日(日) 長野・長野CLUB JUNK BOX
2019月7月6日(土) 新潟・studio NEXS
2019月7月13日(土) 富山・富山SOUL POWER
2019月7月14日(日) 石川・金沢AZ
2019月7月15日(月・祝) 福井・福井CHOP
2019月7月20日(土) 静岡・Live House 浜松窓枠
2019月7月21日(日) 愛知・名古屋 DIAMOND HALL
チケット一般発売日:2019年1月12日(土)

~二人またまた旅2019 ファイナル~
2019年8月24日(土) 上野水上音楽堂
チケット一般発売日:2019年5月18日(土)

小学生以上有料/未就学児童無料 ※但し、座席が必要な場合はチケット必要

吉田山田祭り2019

2019年8月25日(日) 上野水上音楽堂
チケット一般発売日:2019年5月18日(土)

小学生以上有料/未就学児童無料 ※但し、座席が必要な場合はチケット必要

吉田山田10周年記念「大感謝祭」

2019年11月30日(土) 中野サンプラザホール
チケット一般発売日:2019年6月22日(土)

小学生以上有料/未就学児童無料 ※但し、座席が必要な場合はチケット必要

RELEASE

「桜咲け」

13th SINGLE

「桜咲け」

(ポニーキャニオン)
2019年2月20日(水) SALE

≫ 詳細はオフィシャルサイトへ!
  • 森朋之

    インタビュー

    森朋之

    • Facebook

SHARE

吉田山田の関連記事

アーティストページへ