LAMP IN TERREN。二度目となる日比谷野音ワンマンを控えた今、思う事。いまは全力で楽しむ

インタビュー | 2019.07.23 14:00

──っていうバンドのモードのなかで、間もなく二度目の野音でのワンマンが開催されます。それに先駆けて、リリースされる新曲が「ホワイトライクミー」ですね。『The Naked Blues』の剥き出しの自分っていう流れも汲みつつ、開放感のある曲かなと。
松本これは野音に合わせて曲を書きましたね。実は、いまの自分たちのモードは、ちょっと違うところにあるんですよ。グランジみたいなものをめちゃくちゃ聴いてて。
──ギターを歪ませた、暗い曲みたいな?
松本暗めだったり、バンド感みたいなものにこだわってるんです。いまはヒップホップが流行ってるから、ザ・バンドみたいなものが減ったなと思ってて。どうやってバンドを成功に導くかみたいなことを考えてるんですよ。轟音とか、トゲトゲしいロックバンドをどうやって世に浸透させるかっていうことを突き詰めてる途中なんです。でも、さすがにそれを野音に合わせて出す新曲に持っていくのは微妙だなと思って。深海に潜っていくなかで、「光を見なきゃ」と思って、水面のほうに泳いできたのが、この曲ですね。
──じゃあ、野音に相応しい開放的なサウンドから作り始めたんですか?
松本そうですね。最近は曲の作り方を変えてて。詞先にしてたんですけど。
──それは『The Naked Blues』からですか?
松本いや、『The Naked Blues』までは、曲先ですね。いま作ってるグランジっぽい曲が詞先なんです。ちゃんと自分の言葉をメロディにのせたくて。でも、この曲は夏に出すし、爽やかさが重要だったから、曲先にしたんです。昔やってたことに戻しただけなんですけど、逆に難しかったですね。
中原最初は「速い曲がほしい」っていう始まり方だったよね。『The Naked Blues』以降、あんまり速い曲がなかったんですよ。「オーバーフロー」ぐらいで。っていう大まかなイメージはあったんですけど、けっこう迷いながら作りましたね。もともとサビだったところがBメロになったり、曲全体の構成が行ったり来たりして。
松本全員ですごく生い茂った草むらのなかを掻き分けて、「ない!ない!こっちは違う!」みたいな感じだったよね。
中原美味しい匂いがするほうはわかるんだけど、そっちには行かない、みたいなところはあったと思います。
──その話、具体的に聞きたいです。いまバンドとして「やらない」って決めてたことは何なのか。結局、何を探していたのか。
松本うーん……ポップスの王道みたいなものって、もう割とわかりきってるんですよ。シンプルにAメロ、Bメロのあとにくる良いサビの作り方はわかるんですけど、そういうありふれたものにはしたくなかった。曲先で言葉がないから、どういう方向性の音にしていいかもわからなくて、挑戦的なことをしたかったというか。
──いわゆるA→B→サビの展開じゃなくて、A→Bのあと、またAに戻るとか。
松本そうそう、僕らはサビに行くのが遠い曲を作るのが好きなんですよ。
大屋焦らすよね。
松本「緑閃光」はそういう感じだったんです。焦らしたあと、サビに辿り着いたときの開放感が好きなんですよね。最近はそれを封印してたところもあったんですけど。この曲はAメロの美しさを残すために、どんどんサビが遠くなっていって。サビまで我慢するぶん、とてつもない広がりを持つ曲になったと思いますね。
──あと、この曲は川口くんの軽快なリズムが、曲全体を引っ張っていくシンプルなアレンジも肝かなと思いますけど。
松本シンプルな曲にしたいっていうのはありましたね。
川口リズムはループしてる感じもありつつ、微妙な変化で曲を引っ張っていく感じがありますよね。無駄のない演奏ができたなと思います。
松本今回はやってること自体は王道なんですけど、いまの時代にはあまりない曲のスタイルはどういうものかな?っていうことを考えながら作ってたんです。
──いまは曲を作るうえで「新しいチャレンジをしたい」という気持ちが強いですか?
松本いや、純粋に「楽しいことをやりたい」っていう感じかな。中途半端に良い曲を作るよりは楽しくチャレンジしていたい。アベレージで良い曲は作れるっていう自負はあるんですよ。ただ、その曲に対する最大限の愛をもって、一緒に正解を探していきたい感覚ですね。自分たちなりの「真剣な遊び」みたいな感じ。
川口本気で遊んでるもんね。
──なるほど。その気分っていうのは、“生きてる事を喜べるように”っていう歌詞にも、つながってるのかもしれないですね。
松本歌詞は、本当にいま思ってること、そのままなんです。伝えたいことがないんですよ。「背中を押したい」とか、そういう気持ちは本心じゃない。だったら、シンプルに、自分はどういうものが好きなのか、どういうふうに生きていきたいかっていうことしか提示できないなと思ったんです。もっと「みんなの先導に立つ人の意識が必要かな?」とか、「みんなの救いになる曲が必要なんじゃないかな?」っていうことも、頭の片隅にはあるんですけど、どうがんばっても、そこが出てこない。真っ白だったんですよね。
──だから、タイトルは「ホワイトライクミー」なんですね。
松本そう、だから、ホワイトの部分はソングでも良かったかもしれない。
──「ソングライクミー」?
松本僕のような歌。この曲は自分の分身なんです。「自分が空っぽだ」っていうことを言いたかったんだと思います。ふっと出てきたワードで、最初は自分でも意味がわかってなかったけど、書いてるうちに答えが見えてきたんです。
──なるほど。
松本あと、ひとつ狙ったことがあるとしたら、小さい頃に見た感動を共有したいっていうのはあったと思います。あの頃、何も知らずに「美しい」と思って見ていたもの。もっと言うと、本当はすべてが美しかったはずなのにな、っていうような気持ちというか。それも「白」に向かっていく感覚ですよね。
──《何が綺麗 何が好き 君と見たい綺麗な星空》っていうフレーズなんかは、本当に子どもみたいなピュアな感情ですもんね。
松本うん。この先ずっとそうかもしれないなって思いますね。『fantasia』(2017年リリースの3rdアルバム)までは、僕はそれをないがしろにして、「良いことを言おう」っていう気持ちが強かったんです。でも、これからは自分が好きなこと、正しいと思ったこと、こうあってほしいなっていう願いが曲になっていくんだろうし、それがいちばん良いかたちだろうなって思いますね。
中原本当にそうだね。
松本それこそがLAMP IN TERRENである理由ですよね。意味とか理由は、自分たちが楽しんだ結果でしかない。本当に、この曲に書いたことしか言えてないんですけど、ある種、この曲は決意表明かもしれないです。
──じゃあ、最後のフレーズで、これが《君に伝えたい事なんだよ》って歌ってるのは、決して最初から思ってたわけじゃなくて、曲を書きながら気づいたことだったんですね。
松本そうですね。あなたに伝えたいことは何もなかったけど、自分のことを探せば探すほど、自分が生きてきた時間に意味とか理由、結果みたいなものが、「あ、そういうことだったのか」って見つかるような感覚があって。だから、「伝えたいことがない」と言いながら、自分の手から離れる瞬間に、「これが伝えたいことだったんだ」って気がついたんです。
中原(いまの松本は)すごく良い状態だと思うんですよ。ずーっと自分のことを考え続けた結果、どんどん素直になって、自分の本心を取り繕わずに「伝えたいことは何もない」って言えてるわけじゃないですか。
川口伝えたいことを書いて、共感してくれるも良いことだけど、自分が思ってることを書いて、それに共感してくれたほうが嬉しいですよね。「お前、仲間だな」って思っちゃう。この共感は本物だなと思います。

公演情報

ディスクガレージ公演

LAMP IN TERREN 日比谷野音ワンマンライブ
「Moon Child」

2019年7月28日(日) 日比谷野外大音楽堂

チケット一般発売日:2019年5月18日(土)

ライブ情報

◆ MASH A&R presents 「MASHROOM 2019」
2019年8月14日(水) 新木場Studio Coast
出演:THE ORAL CIGARETTES / フレデリック / LAMP IN TERREN / パノラマパナマタウン / Saucy Dog / YAJICO GIRL / ユレニワ
チケット一般発売日:2019年5月25日(土)

◆ SPACE SHOWER TV 30TH ANNIVERSARY SWEET LOVE SHOWER 2019
2019年8月31日(土) 山梨県 山中湖交流プラザ きらら
出演:あいみょん / アルカラ / [ALEXANDROS] / OKAMOTO’S / KANA-BOON / クリープハイプ / KREVA / sumika / the telephones / Nulbarich / NICO Touches the Wals / never young beach / Perfume / Hump Back / 平井 大 / フレデリック / THE BAWDIES / 松本 大(LAMP IN TERREN) / D.A.N. / ReN / ROTH BART BARON
[OPENING ACT]ズーカラデル
[MORNING ACOUSTIC]藤井 風
チケット一般発売日:2019年7月7日(日)

その他のライブ情報についてはオフィシャルサイトにてご確認ください。

RELEASE

「ホワイトライクミー」

Digital Release

「ホワイトライクミー」

2019年7月17日(水) Release!
(A-Sketch)

⇒配信サイト一覧
  • 取材・文

    秦 理絵

SHARE

LAMP IN TERRENの関連記事

アーティストページへ