久保田利伸、4年ぶりのオリジナル・アルバム『Beautiful People』リリース決定!本日よりスタートするツアーは“安定感とフレッシュ感”をテーマに展開

インタビュー | 2019.10.19 12:00

4年ぶりのオリジナル・アルバム『Beautiful People』のリリースを発表し、4年ぶりの全国ツアーが本日よりスタートする久保田利伸。現在のR&Bシーンを意識したサウンドもあれば、オールドスクールなアプローチもあったりと、カラフルな楽曲たちが収録された今回のアルバム『Beautiful People』を引っ提げ、ツアーでは“安定感とフレッシュ感”をテーマに新旧取り混ぜた楽曲で楽しいステージを展開してくれそうだ。

PeopleであることはBeautiful

──まずは、思い切ったアルバム・ジャケットのヴィジュアルに驚きました。インパクトがすごいですね?

そうですね(笑)。まずは、『Beautiful People』というタイトルが決まって、“人間はそれぞれ素敵です。そのままで良いのです。”というテーマをデザイナーに伝えたんです。すると、デザイナーからいくつかアイデアが上がってきたんですけど、ひとつだけ、びっくりしたもの(今回のデザイン案)があって。まずはデザイン的にいいなと思ったんですけど、とりあえず問題はこの人物(笑)。50歳過ぎた男がこれをやったら痛いような面白いような…。でも今回のアルバムのテーマに一番合っていると思い、“面白いのはこれです”ってデザイナーとスタッフに言ったら、“久保田さんがそう言うなら、これが一番やりたいです”と言われてスタッフも怖気づきながらそれならいいと。大きく言えば、やってることがファンキーなので、いいだろうと思ったんですね(笑)。だから、僕の提案ではないですけど、賛同したということです。

──久保田さん自身は抵抗はなかったですか?

ないですね。気にしていたこととすれば、若者の美の裸を見せるということじゃなく、ちょっとシュールで面白い感じになればいいなと。そっち側に映ればいい、痛い感じに映らなければいい。でも、誰もそういう心配をしなかったし、面白く撮ってくれたので、僕自身は抵抗はないです。

──匿名のモデルとかではなく、久保田さん自身が写っているのが大きいですね?

他人という手もありますよね。最初、顔だけ僕にして、身体は別の人で撮影してもいいんじゃないですかって言ったんですけど、“どうせやるなら久保田さんで”とデザイナーも言ったので、そこは逃げちゃいけないなと。しかも、リリース後はこの話題が必ず取り上げられるだろうと思ったから、これからテレビやラジオの番組にゲストとして出る時、“僕です”って言ったほうがいいと思って、自分でやりました。嘘ついちゃいけないですから(笑)。

──でも、思い切ってますね。修正も加えてない?

ここ1~2年、ジムのトレーナーと、筋肉を作るというよりインナーマッスルをちゃんと鍛えましょうってトレーニングをやっているから、ダラダラしてないですね。でも、最初にデザインが来た時、後ろを向いて逃げている感じをイメージしていたんですが、自分がモデルになると妙にリアリティが出ますね(笑)。

『Beautiful People』ジャケット写真。人物はすべて久保田さんご本人

──『Beautiful People』なので、さらけ出すというか、ありのままの自分を見て欲しいというイメージからきたのかと思いました。

そうです、そっちにもうまく繋がって。これは、もともとのデザイン案の説明に、“何も無くなった時に、人の素が出る。何も無くなった世界、時代も場所も分からない、そういう時に人間そのものが出ることをイメージしたデザインです”と書かれていたんです。しかも、見る人にとってイメージを膨らませやすい写真だし、押し付けもなくていいですからね。

──終わってしまって何も無いのか、これから始まるから何も無いのか、深読みできるデザインですね?

具体的にこれだって言葉に言い直せるような主張がなくていいですね。Beautiful Peopleという言葉も簡単な単語ですけど、解釈はいろいろですから。美男美女という意味に直接取ってしまう人もいるでしょうけど、アメリカの黒人たちの間で聴き慣れている言葉なんですよ。特にBeautifulはきれいという意味にはあまり使わなくて、いい感じ、いい奴、いい行いをした、ラブリーに失敗したとか、そういう時に“It’s Beautiful”って使うんです。人間臭い、頑張っていれば失敗するのは当たり前、とか。もしくはラブリーな、いい加減なところが人に安心感を与えて嬉しい、助けられるとか。そういった、悪い奴という以外は、すべてBeautiful People。行いも含めBeautifulということなので、そういう解釈で取ってくれればいいなと。

──人間らしさを肯定するというか?

そういうとデカいですけど、そうです。人間賛歌とか。

──People Is Beautifulですね?

そのとおり、PeopleであることはBeautiful。

公演情報

ディスクガレージ公演

TOSHINOBU KUBOTA CONCERT TOUR 2019-2020 "Beautiful People"

2019年
10月19日(土) ハーモニーホール座間
10月25日(金) 大宮ソニックシティ 大ホール
11月29日(金) カルッツかわさき[川崎スポーツ・文化総合センター] ホール
12月1日(日) 市川市文化会館 大ホール
12月6日(金) 大阪フェスティバルホール
12月7日(土) 大阪フェスティバルホール
12月14日(土) アイプラザ豊橋 講堂
12月15日(日) 四日市市文化会館 第1ホール
12月20日(金) 新潟県民会館
12月24日(火)25日(水) 東京国際フォーラム ホールA
12月27日(金) 岡山市民会館
12月28日(土) ふくやま芸術文化ホール リーデンローズ

2020年
1月4日(土) 金沢歌劇座
1月5日(日) 富山オーバード・ホール
1月11日(土) 仙台サンプラザホール
1月12日(日) 仙台サンプラザホール
1月15日(水) NHKホール[東京]
1月16日(木) けんしん郡山文化センター 大ホール
1月18日(土) 盛岡市民文化ホール 大ホール
1月19日(日) リンクステーションホール青森
1月25日(土) 静岡市民文化会館 大ホール
2月1日(土) 島根県民会館 大ホール
2月2日(日) 広島文化学園HBGホール
2月7日(金) 福岡サンパレス
2月8日(土) 福岡サンパレス
2月10日(月) 鹿児島市民文化ホール 第一
2月11日(火・祝) 市民会館シアーズホーム夢ホール[熊本市民会館]
2月15日(土) レクザムホール 大ホール[香川県県民ホール]
2月16日(日) 松山市民会館 大ホール[愛媛]
2月19日(水) NHKホール[東京]
2月22日(土) 名古屋国際会議場 センチュリーホール
2月25日(火) ロームシアター京都
3月7日(土) 帯広市民文化ホール
3月8日(日) 札幌文化芸術劇場 hitaru

>>チケット販売詳細はオフィシャルサイトにてご確認ください

RELEASE

「Beautiful People」

NEW ORIGINL ALBUM

「Beautiful People」

(SME Records)
11月27日(水)Release!
【初回生産限定盤】 (CD+DVD)
【通常盤】 (CDのみ)

NEWS

B.LEAGUE2019-20シーズンのテーマソングを担当!

久保田利伸+SASUKE+RUN THE FLOORによる『JAM fo’freedom(SASUKE Remix)』
全国の試合会場、そして、バスケットLIVE のオープニングテーマとしてオンエア!
 
>>詳細はこちら

  • 岡本 明

    取材・文

    岡本 明

SHARE

久保田利伸の関連記事

アーティストページへ