wacci 「バンド活動の一番根本にあったこと“共感”=アルバム“Empathy”」を携え、2年連続2度目の47都道府県ツアーを開催中!

インタビュー | 2019.11.13 12:30

──ニューアルバムは、“Empathy”という言葉に出逢ってから、楽曲のテーマやアルバムのコンセプトが決まっていった感じですか?
橋口いつも通り、いい曲を作ることだけを考えて制作に入りました。いい曲がたくさん溜まった中から曲を選んで、レコーディングして、最後にアルバムのタイトルをつけました。今までのアルバムは、『日常ドラマチック』『感情百景』『群青リフレイン』と、“〜常、情、青(じょう)+カタカナ”みたいなルールでタイトルをつけてきたんですけど、今回は結成10年でもあるので、今までとこれからを一言で表わせる言葉を探している時に“Empathy”という言葉に出逢って。
──“Empathy”は、“共感”という意味ですよね?
橋口はい。共感とか共有という意味です。“Sympathy”は同情の共感みたいな感じで、“Empathy”はポジティブな想いを含めた共感とか共有という意味。僕らは日常を歌ってみんなに、私のことを歌ってる!と思ってもらえるような歌をうたいながら、明日も明後日も一緒に日常を過ごしていけるバンドになりたいと思って、ずっとやってきたので。共感してほしい、共感したいというところはバンド活動の一番根本にあったことだなと思うんですね。それで、今回のアルバムとしてふさわしいんじゃないかなと思ってつけたタイトルです。いつも通り、僕が30個ぐらいタイトルを出したら、みんなが選んでくれた中に全員“Empathy”が入ってて。いつも他のことは意見が割れるんですけど、アルバムのタイトルだけはなぜか割れなくて(笑)、すぐに決まりました。
村中みんなで、裏でラインし合ってるんで。冗談です(笑)。
──収録されている楽曲には、ウェディングソングも、別れの歌も、応援ソングもあって。日々の生活の中で思うこと、経験することを歌った曲に共感できる人も多いと思います。「東京ドリーム」は、地方から上京して頑張ってる人には共鳴できる歌だし、「元カノの誕生日」も、わかるなって男子も多いと思うんですけど。
村中「元カノ」に引っかかってくれてよかったぁ(笑)。
──アルバム用に新しく書き下ろした曲も多いですか?
橋口もともと曲があって、歌詞を全部書き換えた曲もありますけど、基本的には最近書いた曲ですね。歌詞は、ほぼ今年書いてます。
──曲ができた時は、歌詞も一緒についているのですか?
橋口仮歌詞がついてたり、本ちゃんの歌詞がついてかり、なにかしら言葉は入れてます。僕はメロディよりも言葉が大事というか、言いたいこと、伝えたいことがあるから歌になるので。小野君がアレンジすると、そのアレンジに触発されて、歌詞を全部書き換えたくなるんです。「どうかしている」が、まさにそうなんですけど。もともとは恋愛の歌だったのに、エッジの効いた歌詞に書き直しました。
小野橋口君とは違って、僕はサウンドと歌詞の内容を、普段からそれほどリンクさせずに聴いてる人なんですね。「どうかしている」は、橋口君から提示された2000年以降の音の情報量が多い歌ものというアイデアからサウンドを作っていきました。そうしたら途中で歌詞が全部変わると聞いて。それもバンドメンバーがアレンジをしているからこその良さなのかなと。
──「元カノの誕生日」は、歌詞もサウンドも耳に残る曲でした。
村中「元カノ」は、もともと歌謡曲っぽい感じだったんですよ、メロディが。おもしろい歌詞だし、歌謡曲っぽいアレンジでやってもおもしろいかなと思ったんですけど、せっかくだからもっとイカレた感じにならないかなと思って(笑)。ファンクロックみたいな感じがかっこいいなと思いながら、マイナーロックからサビで転調して、無駄に明るくなるのがこの歌詞には合ってるかなと思いながらアレンジしました。
──因幡さんがアレンジする時のポイントを教えてください。
因幡アレンジする時は、いつも個人的に裏テーマをつけてて。自分がアレンジを楽しむ意味での縛りかもしれないんですけど、自分のルールみたいなのがあって。今回の「ピント」の裏テーマは、脱ストリングス。ストリングスが必要だと思っても、入れない!と決めてました。この曲は、音数が少ないほどいい曲になるだろうと思ってたので、勇気を持ってストリングスには頼らない、音の隙間があってもビビらない(笑)というのは意識しました。
──「東京ドリーム」では、きらびやかなブラスが入っていたりと、「ピント」とは真逆な印象ですが。
因幡はい、真逆ですね。今までのwacciを最大限出してるんですけど、更なるブラッシュアップをした感じという。きらびやかな曲なので、きらきらするものを徹底的に入れようと思いました。ブラスもストリングスも、鉄琴も木琴も(笑)。
──ジャジーな雰囲気も新鮮でした。
因幡でもジャズになりすぎないように、ちゃんとポップスとして昇華させてあげるというところはこだわりました。それも裏テーマなんですけど。
──いろいろなタイプの曲があるから、横山さんもプレイしていて楽しかったんじゃないですか?
横山三人三様にドラムの捉え方が違うので、楽しかったですね。小野君のアレンジは、音楽ファン目線というかプレイの内容にも踏み込んでて。できないことも入れてくるけど、それを攻略するのが叩いてて楽しいんですよ。(村中)慧慈君は、あまりドラマーが叩くことを考えずにリズムのアレンジしてくるので、それを実際のプレイに落とし込みつつ彼のイメージ通りのものが録れるとやりきった感があって。(因幡)始ちゃんは、音色にすごくこだわる。レコーディングの時間よりも、音色をキメる時間の方が長かった(笑)。
──「ここにいる」は、wacciが歌うことの意味を言葉にした歌かなと感じたのですが?
橋口実は、今まで自分たちが歌をうたうこと、演奏することに対しての想いをテーマにした曲はなかったので、いい機会だから入れたいと思いました。“なくても生きていけるけど あるから生きてこれたって いつまでも振り向けば 僕ら歌ってるから…”という歌詞の最後の2行は、どうしても伝えたかった言葉ですね。歌って、この程度だなと僕は思ってて。なくても生きていけるし、台風とか災害があった時に、最初に必要なものじゃないと思うんです。でも振り返った時に、音楽があったから励まされたり、乗り越えられた部分って、きっと後からわかってくると思うんですよね。僕らの歌は、そういう存在でありたいなと思って書きました。今回は、自分でも歌詞を書ききったなと感じてて。いろんなところに想いを散りばめたので、言葉の部分で悔いはないです。
──改めて、アルバムの聴きどころを聞かせてください。
橋口共感というところを大事にしてきたwacciが結成10年、歌詞も含めて10年前なら絶対に書けない曲たちというか。10年間の活動を通していろんな景色を見て、叶った夢も叶わなかった夢もあるけど、ここまでやってきたからこそたどり着いた1枚という感じがありますね。wacciの10年分の想いと、11年目からの決意をアルバムの曲たちから感じとってもらえたら嬉しいなと思います。あとは、この曲たちを持って、ファイナルの神奈川県民ホールまで、ツアーに来てくれたひとりひとりに、ちゃんと想いを伝えていきたいと思っています。

wacci『Baton』Short Ver.

PRESENT

直筆サイン色紙を3名様に!

受付は終了しました

公演情報

DISK GARAGE公演

wacci 47都道府県ツアー 2019-20 ~Empathy~

◆チャンネルNECO presents 10th Anniversary Special LIVE
2019年11月29日(金) 横浜関内ホール(大ホール)【神奈川】
チケット一般発売日:2019年11月16日(土)

◆Live House Tour
2019年12月1日(日) HEAVEN’S ROCK さいたま新都心【埼玉】
2019年12月7日(土) 岡山CRAZYMAMA KINGDOM【岡山】
2019年12月8日(日) 松江canova【島根】
2019年12月14日(土) 山形ミュージック昭和SESSION【山形】
2019年12月15日(日) 郡山HIPSHOT JAPAN【福島】
2019年12月21日(土) 松阪M’AXA【三重】
2019年12月22日(日) 福井響のホール【福井】  
2019年12月28日(土) LIVE ROXY SHIZUOKA【静岡】
2020年1月11日(土) 那覇 桜坂セントラル【沖縄】
2020年1月16日(木) DRUM Be-0【大分】
2020年1月18日(土) 佐賀GEILS【佐賀】
2020年1月19日(日) DRUM Be-7【長崎】
2020年1月25日(土) 神戸VARIT.【兵庫】
2020年1月26日(日) 滋賀U★STONE【滋賀】
2020年2月1日(土) 甲府KAZOO HALL【山梨】
2020年2月2日(日) 柏PALOOZA【千葉】
2020年2月8日(土) 和歌山CLUB GATE【和歌山】
2020年2月9日(日) 奈良NEVERLAND【奈良】
2020年2月11日(火・祝) HEAVEN’S ROCK Utsunomiya(VJ-2)【栃木】
2020年2月15日(土) 高知X-pt.【高知】
2020年2月16日(日) 高松DIME【香川】
2020年2月20日(木) 熊本B.9 V1【熊本】
2020年2月22日(土) 鹿児島CAPARVO ホール【鹿児島】
2020年2月23日(日) 宮崎SR BOX【宮崎】
2020年2月29日(土) 広島クラブクアトロ【広島】
2020年3月1日(日) club GRINDHOUSE【徳島】
2020年3月5日(木) CLUB CITTA’【神奈川】
2020年3月7日(土) 水戸LIGHT HOUSE【茨城】
2020年3月8日(日) 高崎club FLEEZ【群馬】
2020年3月14日(土) 周南RISING HALL【山口】
2020年3月15日(日) 米子laughs【鳥取】
2020年3月20日(金・祝) MAIRO【富山】
2020年3月21日(土) EIGHT HALL【石川】
2020年3月26日(木) 盛岡CLUB CHANGE WAVE【岩手】
2020年3月28日(土) 青森Quarter【青森】
2020年3月29日(日) 秋田Club SWINDLE【秋田】
2020年4月4日(土) 梅田BananaHall【大阪】
2020年4月5日(日) 梅田BananaHall【大阪】
2020年4月17日(金) 仙台darwin【宮城】
2020年4月18日(土) 小樽GOLDSTONE【北海道】
2020年4月24日(金) GOLDEN PIGS RED STAGE【新潟】
チケット一般発売日:2019年11月16日(土)

◆Hall Tour
2020年5月16日(土) ロームシアター京都(サウスホール)【京都】
2020年5月17日(日) 名古屋ビレッジホール【愛知】
2020年5月23日(土) 福岡ももちパレス(大ホール)【福岡】
2020年7月19日(日) 神奈川県民ホール 大ホール【神奈川】
チケット一般発売日:後日発表

※終了公演は割愛

RELEASE

「Baton」

8th Single

「Baton」

(EPIC Records Japan)
2019年11月13日(水) Release!
※通常盤[CD]
「Empathy」

4th Album

「Empathy」

(EPIC Records Japan)
2019年12月4日(水) Release!

※通常盤(CD)

※初回生産限定盤A(CD+DVD+フォトブック)

※初回生産限定盤B(CD+DVD)

※初回生産限定盤C(CD+DVD)
  • 取材・文

    伊藤博伸

SHARE

wacciの関連記事

アーティストページへ