WOMCADOLE メジャーデビューアルバム『黎明プルメリア』を引っ提げ、全25本のリリースツアー開催!新作の聴きどころ、ツアーへの思いをメンバー全員にインタビュー!

インタビュー | 2019.11.19 12:00

──今作は明るく開けたポップ性からダークかつヘヴィな曲調まで、バンドの振れ幅を存分に発揮した素晴らしい作品ですね。
樋口侑希(Vo&Gt)リリースするたびに言ってますけど、最高傑作と言えるものができたなと。13曲が13曲とも作りながら楽しかったし、俺らの“型にハマらんぞ!”って気持ちを意思表示できたと思います。普通のギターロックだね、と言われることが嫌いなんで。やりたいことをやるバンドがかっこいいし、くよくよするよりも、やってみれば?と思うほうだから。
安田吉希(Dr)フルアルバムは2枚目ですけど、前作もいろんな色を持つ曲があって、それから各々が成長しているので、メンバーの個性もより出てるかなと。1曲1曲に対して真摯に向き合って、全員でああでもない、こうでもないと言い合って作ったから、いいアルバムに仕上がったと思います。
黒野滉大(Ba)いままでよりもグレードアップした曲や挑戦した曲もあるから。それは自分のベースにしろ、楽曲にしろ、そうですね。
──今作はさらにチャレンジしよう、と話し合ったりも?
黒野特にそういう話はしてないですね。作りたい曲を作ったらこうなったという。
古澤徳之(Gt&Cho)前作までは、少なからず伝わりにくいところもあったかなと思うので。抽象的だったものが、輪郭がはっきりしてきたのかなと。特にメッセージ性の強い、アルバム後半のブロックは歌詞カードを見ながら、聴いてほしいですね。
樋口うん、歌詞や音色の一つひとつに血を巡らせるようにしました。前作からライヴをいっぱいやったし、人間的にもしっかり成長できたので。
──人間的な成長というと?
樋口メンバー内でこういうことがしたい、とはっきり言えるようになったんですよ。いろんな摩擦があった方が面白いアイデアが生まれますからね。
──メンバー4人で話し合う時間も増えたと?
樋口はい。プリプロも2回したので録音含めて3回やりましたからね。時間もあったし、アレンジを考えられたので。
安田曲の構成も長い時間をかけて話し合って、録音に臨めましたからね。過去作と比べて、突き詰めることができました。
──今作は「ライター」のように熱く焚き付ける曲だけではなく、いろんな球種を備えた一枚に仕上がってますよね。
安田「ライター」から変わったところはあるよな?歌詞のニュアンスが変わったし。
樋口うん。「FLAG」は未完成でもいいし、満たされなくてもいいし、なんて言うんだろ、今のままでも十分かっこいいから。お客さんに対して歌いたいことが明確になりました。「一緒に旗を握っていこうぜ!」という前向きな曲なんですよ。そういうニュアンスを書けるようになったのは「ライター」を作ってからですね。
──「FLAG」は覚悟の強さが滲み出た1曲ですからね。
樋口はい。大切なのは何かをやろうとする衝動や思いだから。不安定だっていいじゃないですか、と思うんですよ。むしろ不安定の方がちょうどいい。めちゃくちゃキレイな道よりも、俺らは砂利道、デコボコ道を歩いた方が辿り着いたときに達成感があるし。俺らは自分たちで道を作りたいし、そこはお客さんも俺らと同じことを思っているんじゃないかな、と思って書きました。
──その意味で「FLAG」ができたことは大きい?
樋口めちゃくちゃ大きいです。「FLAG」ができたからこそ、ほかの曲でもいろんなことを書けたし。13曲とも同じ方向を向いてないから、いろんなところに突き刺さると思う。そういう意味で成長できたと思います。「黎」という曲が最後にできたものなんですけど、「FLAG」を作った後にできた曲なんですよ。また違う形で伝えることを考えて、手紙っぽい歌詞が書きました。ギターに関しては消しゴムでピッキングを試した曲もありますからね。
──消しゴムですか!
古澤一度、消しゴムで弾いてみてください(笑)。アタック感をなくした上でニュアンスを出すのが大事だなと思う曲があったので。カスがいっぱい出ました。
──ははははは。
安田うん、サウンド面でもこだわりました。普段使わないシンバルとか、曲が求めているものに以前よりも手段が増えたというか。1曲1曲に対して、曲がこうして!という声を聞くようにしました。1曲1曲、音質も違うのでそこも楽しめると思います。
──特にチャレンジした楽曲というと?
安田「‪wariniawanai」という曲はギターのフィードバックから入って、スネアの柄の悪さがめちゃくちゃ良くて。曲もダーティーだし、イメージとしてはドラム缶を木の棒で叩いているようなニュアンスですね。
──確かにこの曲だけドラムの音色が違いますよね、スリップノットのドラム缶仕様のパーカッションみたいな。
安田ああ、まさにそうです!やんちゃな音がほしかったから。
──ヘヴィ繋がりで言えば、「深海ゲシュタルト」、「R−18」もかなり攻めてますよね。
樋口コテコテの黒いリフに日本語が乗るとかっこ良くて。「深海ゲシュタルト」はずっと同じリフが鳴っているので、その意味でもゲシュタルトを崩壊させたくて。
──ベースもかなり歪ませてますよね。
黒野「深海ゲシュタルト」、「R-18」はいわゆるベースの音ではないですよね。ずっと極悪な音してるから。
安田「R-18」はブレイクダウン的なアプローチをしたら面白いんじゃない?と提案したら、メンバーにええやん!と言われて。実際に演奏したらぴったりハマッたんで、新しい自分たちを出せました。
──こういうヘヴィな曲調もやってみたかったこと?
樋口そうですね。「R-18」は初めてのピンボーカルで、楽器は3人にまかせました。それも初めてやし、自由に歌えるからめっちゃ気持ちいいなと。俺はアークティック・モンキーズも好きで、ちょっとエロいリフというか、日本人ぽくないリフも好きだから。そこに日本語を乗せたら、こんな不思議な感じになるんだ!って、作りながらドキドキしてました。
安田既にライヴでもやっているんですけど、ヴォーカルはめちゃくちゃ自由に動き回ってますからね。
──「R-18」はヴォーカルにエフェクトを掛けたり、ナレーション風のパートもあり、歌詞も攻めてますよね。
樋口超攻めてますね。気持ちいいことは犯罪でなければやっていいと思うし、狂ってるのは俺じゃなくて世界の方だぜ!って、強く言い切ってるところも気に入ってます。
──そして、アルバム前半を経て、中盤以降は作風の色合いがまた異なります。
樋口「kamo river」から雰囲気がガラッと変わって、Oasisぽくなるから、自分でもすごくいい曲順やなって。
安田自分たちでも笑っちゃうくらい、思い切った曲の並びやなと思いますね。
──ええ。「kamo river」以降は歌詞やメッセージに重きを置いた楽曲が並びます。
樋口アレンジも歪ませず、キレイな音を狙ってレコーディングしました。いろんな機材を使って、いろんなことに挑戦したんで。「kamo river」は夕方6時の音を作りたくて。時間帯の狙う音作りって難しいようで簡単だったりして。それでさっき話した消しゴムに辿り着いたんですけど、ばっちりハマりましたからね。「黎」という曲ではストラトキャスターで悲しい、冬っぽい音色を出したくて。
──今作はWOMCADOLEが持つ情熱と繊細さ、その両極にあるものがきっちりと表現されているなと。
樋口赤い炎だけじゃなく、青い炎の方が温度が熱かったりするじゃないですか。13曲とも違う方向を向いた曲を書けたことも誇れるし、早くツアーしたいですね。
──いろんな炎を描きたいという思いはいつ頃から?
樋口活動しながら、そういうものを描きたくなってきて。活動休止して…あの期間がなければ表現者として進化しなかった。その後、黒野が入ってくれたことが大きくて、いい意味で楽曲でも遊べるようになったし、それで「R-18」、「深海ゲシュタルト」みたいな曲もできたから。
──今作のレコ発ツアーはどんな感じになりそうでしょうか?
樋口「旗鼓堂々ツアー」というツアー名なので、旗を振るだけじゃなく、みんなで旗をてっぺんにぶっ刺したいなと。
安田ストリングスを入れた曲や、打ち込みっぽいドラムを入れた曲もあるし、それをどう再現しようかなと。来てくれたお客さんが新曲に対して、どんな反応をしてくれるのか、未知数ですからね。全25本、ファイナルが3月19日のマイナビBLITZ赤坂なんですけど、それもバンド史上最大のキャパなので、単純にワクワクしますね。記憶に残るツアーになるやろうし、みんなにめっちゃかっこ良かった!といってもらいたいですからね。
黒野今回はパワーのある曲が多いので、曲に食われずにやれたらいいなと。このツアーでは技術面でも成長できそうです。
古澤楽曲のアプローチの仕方が以前と違うし、今回のアルバムはいろんな顔がありますからね。マイナビBLITZ赤坂でやるときには自分たちはどんな表情で、お客さんはどんなリアクションをしてくれるか、楽しみですね。
──マイナビBLITZ赤坂でライヴをやったことは?
樋口いままで一度もライヴをやってないし、誰かのライヴを観に行ったこともないので、めっちゃいろんなドキドキが詰まってます。
黒野映像でしか観たことがないんですよ。そこに自分たちが立って、どんな見え方をするのかなって。ほんまにわかんないっす。
安田挑戦していくしかないよな。
樋口(マイナビBLITZ赤坂が)似合うバンドになろう!

PRESENT

『黎明プルメリア』B2ポスターを3名様に!

ツイッター応募方法

①DI:GA ONLINEの公式Twitterアカウントをフォロー
②表示されているツイートをリツイート
③ツイートのリプライから「WOMCADOLEの音楽・ライブの魅力」を書いて送って下さい!
応募〆切は2019年12月31日(火) 23:59まで。

※DMでのご応募は受け付けておりません。

メール応募方法

以下を明記の上、メールにてご応募ください。応募〆切は2019年12月31日(火) 23:59まで。

※Twitter DMでのご応募は受け付けておりません。
※「メールで応募」ボタンを押すとメールが自動生成されます。
※当選者の発表は賞品の発送をもって代えさせていただきます。
《宛先》paper-dg@diskgarage.co.jp
《必須記載事項》希望賞品:【WOMCADOLE】『黎明プルメリア』B2ポスター、郵便番号、住所、氏名、年齢、「WOMCADOLEの音楽・ライブの魅力は?」

メールで応募

詳細を見る

公演情報

DISK GARAGE公演

旗鼓堂堂ツアー

2019年
11月29日(金) 心斎橋BIGCAT [SOLD OUT] ※ワンマン
12月7日(土) 甲府KAZOO HALL w/Halo at 四畳半
12月8日(日) LIVE HOUSE 松本ALECX[長野] ※ワンマン
12月12日(木) HEAVEN’S ROCK さいたま新都心 w/Halo at 四畳半
12月13日(金) 千葉LOOK w/GOOD ON THE REEL
12月14日(土) 静岡UMBER w/GOOD ON THE REEL

2020年
1月12日(日) 札幌 COLONY ※ワンマン
1月17日(金) F.A.D YOKOHAMA w/アルカラ、Suspended 4th
1月18日(土) 高崎 club FLEEZ w/Suspended 4th、mol-74
1月23日(木) MUSIC ZOO KOBE 太陽と虎 w/後日発表
1月24日(金) 高松・DIME w/後日発表
1月26日(日) 大分・clubSPOT ※ワンマン
2月8日(土) HEAVEN’S ROCK Utsunomiya 2/3(VJ-4) w/後日発表
2月9日(日) 水戸 LIGHT HOUSE w/後日発表
2月11日(火) 仙台 MACANA w/後日発表
2月15日(土) 岡山CRAZYMAMA 2nd Room w/後日発表
2月16日(日) 広島 SECOND CRUTCH w/後日発表
2月22日(土) 石川 金沢・vanvanV4 ※ワンマン
2月23日(日) 新潟・CLUB RIVERST ※ワンマン
2月29日(土) 愛知・NAGOYA CLUB QUATTRO
3月5日(木) 山口・LIVE rise SHUNAN w/climbgrow 他
3月7日(土) 福岡・Livehouse CB w/後日発表
3月8日(日) 熊本・Django w/climbgrow 他
3月14日(土) 京都・KYOTO MUSE w/後日発表
3月19日(木) マイナビBLITZ赤坂 [TOUR FINAL] ※ワンマン

チケット一般発売:2019年11月2日(土)

KICK OFF VIVA!!! 【北浦和KYARA編】出演!

2019年11月24日(日)ライブハウス北浦和KYARA
※フリーライブ
[ご入場方法等、詳細はオフィシャルサイトにてご確認ください]

RELEASE

「黎明プルメリア」

Major Debut ALBUM

「黎明プルメリア」

(Universal J)
2019年11月20日(水) Release!

※初回限定盤(CD+DVD)、通常盤(CD)の2形態あり
※画像は通常盤
  • 取材・文

    荒金良介

SHARE

WOMCADOLEの関連記事

アーティストページへ