Caravan 新年祭2020いよいよ開催「今回はバンド・サウンドが活きる曲を」

インタビュー | 2020.01.24 14:00

Caravanが毎年1月末もしくは2月頭に行っているライブ『Caravan LIVE EXTRA SPECIAL“新年祭”2020』が、今年は2月2日に開催される。
今回はバンド編成によるライブで、宮下広輔(ps.gt)、高桑圭/Curly Giraffe(ba)、椎野恭一(dr)、堀江博久(key)が、Caravanとともに出演。場所が川崎クラブチッタであること、来場者全員にワンドリンクとは別に振舞い酒があることが毎年の恒例で、今年はアメリカンクラフトビールのショールームショップ、アンテナアメリカ提供のビール「Firestone Lager」(ファイアストーン ラガー)がプレゼントされる。
彼の音楽に対して長きにわたってく熱い愛情を注ぐ人の多いCaravanのファンの中にあっても、特に濃い人たちが集まるこのライブについて、そしてここ1年のCaravanに関する変化や新しい作品などについて訊いた。
──ニュー・アルバム『The Universe in my Mind』が、2019年の8月にリリースされて。
はい。Slow Flow Musicを立ち上げて、もうすぐ10年になるのかな。Slow Flow Musicから初めて出した『The Sound on Ground』ってアルバムは、「とりあえず録ろう」って言って、勢いで録った、アコースティックな、わりと素朴な作品なんですけど。そこから時が経って、今そのアルバムを聴くと、「もっとこうすればよかった」みたいなところがいっぱいあって。じゃあもう一度、『The Sound on Ground』的な、初期衝動と、あまり作り込まないラフさで、身体ひとつで再現できるような作品を、今の自分で作ってみようかな、っていうのが、『The Universe in my Mind』のきっかけで。
ここ最近、やっぱり、いろんな変化が続いていて。環境も変わってきたし、音楽を聴く形も変わってきただろうし、音楽と人の距離感もどんどん変わっていくんだろうな、っていうのもありつつ。じゃあ自分は自分の宇宙というか、自分は自分の世界でやり続けていこう、という決意みたいなのがあって。
ただ、やっぱり、変わり続けることも必要だと思うので。芯がぶれないためにというか、変わらないために。そういう意味で、配信とかダウンロードも、去年から始めて。今まで、知ってたけど音源は聴いたことなかったっていう人や、いわゆるライブの常連さんじゃない人たちから、意外と反応が返ってきたりしたので、やってみるべきだったな、という手応えもあった1年でしたね。
⇒HARVEST ONLINE SHOP
──変わらないために変わり続ける、とおっしゃいましたが、それ、「Changes」の歌詞にもありましたよね。
ああ、そうですね。
──『The Universe in my Mind』も、これだけいろいろ変わっていく中で、それでも自分の中で変わらないものは何か、というのがテーマのひとつになっているような。
そうですね。説明が難しいんですけど……これだけ変わり続ける世界でも、変わらない人の営みだったり、っていうのも絶対にあると思っていて。それは自分にとってなんだろう? っていうと、新しくできた家族だったり、活動をしていく時の小さいチームだったり、ライブの現場だったり、そばにいてくれる人たちだったり。
あとは、いまだに自分が音楽をやり続けていられることに対しては、これって意外とあたりまえじゃないというか。こんな状況で、いったんメジャーをやめたり、いろんな試行錯誤をしている中で、いまだにこうやってライブができていて、作品を出せている状況っていうのは、すごくやっぱり、ありがたいというか。そういったものに対しての気持ちは、色褪せないでいてほしいというか、自分の中で。慣れていってしまったり、麻痺してしまったりすることもあるんでしょうけど、そこは自分で刻んでおきたいというか。
──そういう曲が揃っていった?
そうですね。何曲かできた時点で……前作の『The Harvest Time』っていうアルバムが、アレンジもカラフルで、自分なりにバンド・サウンドを意識して、宅録で作ったものだったので。そことは違う質感のものになるな、と、2〜3曲できた時点で思って、だったらもうそっちに振り切ってしまおうと。本来だったら、ドラムを叩いて、ベースを弾いて、ってやりたいところを、やらないで終えてみようかな、いちばん核の部分だけ録音に残そうかな、っていうのがあって。
だから、地味な作品ではあると思うんですけど、自分としては好きな質感のものができて。しかもそこから、その反動で、いろんな曲を作りたい今の気持ちにつながったりもしていて。そういう意味では、とてもいい通過点だと思ってるんですけど。
──で、これまで配信もダウンロードもやらなかったのを、このタイミングから始めたのは。
はい。『The Universe in my Mind』の2曲をまず先行で、初めて配信というのを始めたんですね。で、それを追っかけるように、アルバムで秋に配信して。
──2年前に、なぜ配信やダウンロード販売をやらないのか、という話を、インタビューでお訊きしましたが、その時とは考え方が変わってきた、ということですよね。
そうだね。そもそもSlow Flow Musicというレーベルに関しては、ほかと違う動きをしたいっていう目的があって。時代と逆行して、「こんなレーベルがあってもおもしろいよね」っていうものをやろうと。はじめの10年ぐらいは、それをやろうと思ってたんです。パッケージにこだわって、配信だとかダウンロードだとかはせずに。と、考えていたんですが、やっぱり、いろんな声が入ってきて。「配信やってないんですか?」とか。「いや、ライブ会場でCDを売ってるんで、顔の見えるコミニュケーションをしましょうよ」って言ってきたけど、中には、「身体を壊しちゃっていて、ライブに行けないんです」とか、「子供が生まれて今までのようにはライブに行けないんです」という人もいたりして。あと、転勤で海外に行ってしまった、海外へのショッピングはしてないんですね、とか。
そうなってくると、自分がコミュニケーションを取りたくてやっていた手法っていうのが、実はコミュニケーションを取れなくしてしまっていたというか。逆に入り口をすごく狭めていて……血がどんどん濃くなっていくのはいいことなんだけど、新しく入って来たい人が入れない、というのもあるのかなと。だったら、15年やってきて、そろそろ配信というものを始めてもいいのかな、と思っています。
──反応はいかがでした?
けっこう批判的な意見もあるかな、と思ったんですけど、ほぼないっていうか。むしろ「待ってました」的な人が多くて。それを見た時に、「あ、こんなにもうみんな、聴く環境が変わってるんだ」って。みんなパソコンやスマホで聴いてる、そっちが全然主流なんだな、というのを体感しました。
──これまでのファン以外にも広がった実感も、ありました?
うん、「意外なところでCaravanの曲がかかってたよ」って人からきいたり、全然知らない人からSNSでメッセージが来たり。あとは、ずっとライブに来てくれてるようなファンの人も、必ずしもCDをコンプリートで持っているわけじゃないから、「これを機に買いました」って人もいたりして。なんか、CDって、消えていくのかなあ……っていう、せつなさも感じつつ(笑)。まあでも、コレクションしたい人はCDを買うだろうし。だから、作らなくなるってことはまずないと思うんですけど、どちらも分け隔てなくというか、聴いてもらってなんぼだと思うんで。そこはちょっと、柔軟に見なきゃいけないなと思いますね。
⇒Caravan Download & Streaming
──『新年祭』の内容は、どんなことをやりたいと考えておられます?
久々に、バンドのメンバーで、5人でできるので……去年は弾き語り、ないし、プラスアルファでふたり・3人のセッションが多かったので、今回はバンド・サウンドが活きる曲をやろうかな、っていう。それと、去年はニュー・アルバムが出た年なので、ニュー・アルバムにズームインしたライブが多かったので。今回はライブ・ベストじゃないですけど、ライブで映えるような曲をいっぱい選びたいと思ってます。あと、去年のアコースティックの反動で、今はまた、グルーヴのある曲をいっぱい作りたいな、っていう気になっていて、今年に入ってからもたくさん作ってるんですけど。そのうち1〜2曲、ライブでできたらいいなと。なので、新曲も織り交ぜつつ、やろうかなと思います。

今年の振舞い酒決定!

アンテナアメリカのクラフトビールより、飲みやすさを追求しきった究極のラガー「Firestone Lager」(ファイアストーン ラガー)を主に、数種類のクラフトビールが振る舞われる。

来場者に全員プレゼント「キャラバンラバーコインケース」公開!

今年の干支のネズミをCaravan自らドローイングしたファン垂涎の貴重なアイテム。もちろん本公演でしかゲットできません。

「Homesick travelers」が、1月24日(金)より配信開始決定!

2015年にリリースしたミニアルバム「Homesick travelers」が1月24日(金)より配信開始が決定した。
本作は、「Homesick travelers」「Good morning」「アイトウレイ」「Back to roots again」と、「サンティアゴの道」のアコースティックバージョンの計5トラックで構成されている。
⇒配信はこちら

SHARE

Caravanの関連記事

アーティストページへ