あゆみくりかまき、「みんなと作る」無観客生配信ライブを開催!“変わることを楽しみながら3人でトライしていきたい”

インタビュー | 2020.07.08 18:00

アイドルパンクDJユニット・あゆみくりかまきが初の無観客生配信ライブ「みんなと作るHAPPY ROCK LIVE」を2020年7月12日(日)に開催する。トークとライブで構成される同公演は、その場でセットリストを完成させて披露するなど、まさに「みんなと作る」を体現した視聴者参加型生配信ライブだ。新型コロナウイルス感染症の影響で6周年ライブの中止を余儀なくされてしまうなかでも、配信限定EP『Grateful』をリリースし、YouTubeやLINE LIVEなどインターネットを通じて積極的に発信を続けてきた3人。初の無観客生配信ライブにかける想いから、今の彼女たちから生まれる頼もしさやHAPPY ROCKを感じ取ってほしい。
──5月5日のEX THEATER ROPPONGIでの6周年ライブ、実現ならずで残念でした。
まきそうですね……。でも、誰のせいでもないですからね。
──ただライブは中止でしたが、配信EP『Grateful』をリリースできたのは良かったですよね。あの時期はCDのリリースの延期が相次いだり、TVもドラマの再放送が多かったので、新曲を聴けることがとてもうれしいことでした。
まきあのEPは、6周年ライブを終えて日付が変わったら配信する予定やったんです。いつもは、ライブで披露してから配信したりCDをリリースすることが多かったんですけど、順番が狂ったことで初めて聴く楽曲をEPとしてプレゼントできた。いつもと違う届け方ができたことが、結果的にうれしかったし、HAPPY ROCK全開の楽曲をこういう時代に発信できることに、自分たち自身も勇気づけられました。
くりか「Grateful」は今のあゆくまをすごく表現できてる楽曲やから、ライブはなくなってしまったけど、大切な記念日に今のあゆくまを楽曲で伝えられたことがすごくうれしかったです。
あゆみ『Grateful』のリリースは、会えないなかで音楽を通してみんなと会えた感覚があって。配信リリースができてよかったなって思ってます。
──「夢の続き」と「ビリーでGO!」はライブでまだ披露なさってないですものね。ライブだとどんなふうになるんだろう?と期待を煽られます。
まきわたしたちも今リハに入ってるんですけど、「どんなふうに盛り上がってもらえるんやろ?」ってドキドキしてますね。
──そのリハというのは、7月12日に開催される無観客生配信ライブ「みんなと作るHAPPY ROCK LIVE」のリハですか?
まきそうです! じつはこの取材の前にゲネプロに入ってて。3人で練習着でコンビニに行ったら、店員のおばあちゃんに「お姉さんたち体操の人?」って声掛けられて「ダンサーです!」って返しました(笑)。
──微笑ましいエピソード(笑)。あゆくまにとって初の配信ライブ、いつ頃から企画なさっていたのでしょう?
まき実は7月に東京・横浜・大阪でツーマンライブ「尊敬という名のGIG tour」を開催する予定やったんです。「新型コロナウイルスの影響で開催が難しい状況だけど、3人はどうしたい?」とスタッフさんから言ってもらって、3人全員一致したことが「とにかくまたぎ(※あゆくまのファンの総称)に会いたい」と。そこからワンマンツアーに内容を変えたり、開催に向けて色々な形を考えて、最終的には無観客ライブに行きついたんですけど……これは自分たちのなかでも勇気の必要な決断で。あゆくまのライブはお客さんがいてくれるからこそ成り立つと思っているから。
──あゆくまは歌とパフォーマンスでお客さんを巻き込んでいくスタイルですからね。
まきだからどんなライブをしたらいいんやろ?とすごく不安やったんですけど、自分のそういうものは全部一旦置いて「今なにをすべきか」を最優先に考えて。「あゆくまのHAPPY ROCK満載のライブをみんなに観てもらうことがいちばん大事やな」と思ったら、悩みが吹き飛びましたね。くぅちゃん(くりか)がポジティブに「大丈夫やって!やろやろ!」と言ってくれたのも大きかったです。
くりかまたぎが今いちばんなにを望んでくれているかと考えたら、やっぱりライブやなと思った。なにか行動を起こすなら、絶対ライブやなと思いました。
あゆみ会えない状況になってからYouTubeも積極的にやらせてもらったり、発信してることは多いんですけど、やっぱり届けたいのは歌、HAPPY ROCKなので。配信ライブというかたちでも歌を届けられることはすごくうれしい。楽しみです。

SHARE

あゆみくりかまきの関連記事

アーティストページへ