LEGO BIG MORL 新体制初のアルバム『気配』リリース!「3人だけの力で、ファンのみんなに届けよう、っていう、僕たちの覚悟の表れ」

インタビュー | 2020.09.15 17:00

引き算が上手なプロデューサーにお願いした(ヤマモトシンタロウ)

──プロデューサーを4人立てたのは?
タナカまず、一緒にやりたい人ですね。
ヤマモト単純に、いろんな人とやってみたいという。今は、自分たち3人でやることの可能性を広げたかったので。いろんな人とやってみて、いろんなものを吸収したかったんですよね。だからオファーする時も、今までのLEGOを一回崩して、ベースも生楽器じゃなくてもべつにかまいません、ぐらいの感じだったので。
──プロデューサー、生バンドのプロデュースよりも、打ち込みだったりエンジニアリングだったりに長けている方が揃っているような。
ヤマモトそうですね。そういう方で、引き算が上手な方たちにお願いしたと思います。自分はどんどんトラックを足してしまう人間なので。それを引いてくれる人がよかった、という。
──やってみていかがでした?
タナカ四者四様やったなあ。
ヤマモトそうやったなあ。でもほんと、これはコロナの影響だと思うんですけど、アレンジとかで……「この曲のここの雰囲気が、なんか違うんですよ」の、その「なんか違う」という空気感が、メールでは伝えられへんねんな、っていう。そういう部分は、リモートだと、どうしても、もどかしいものがあったんですけれど。
カナタシンタロウが、アレンジャーの方々と俺らの間に入ってくれてる形で、僕やヒロキが思ったことをまとめて投げかけてくれてたんですけど、僕も自分の「こうしたい」ってことを、シンタロウにメールで伝えるのが難しくて。電話でもう何時間も、ああだこうだ話して、「じゃあこれを、まとめて伝えてくれるかな」とか。
ヤマモトあの、メールは、音楽制作にむいてないんですよ、ほんと(笑)。緊急事態宣言で、家を出るなっていう状況だったので。でも、この状況だからこそ、できるものを……レコーディング・スタジオも稼働してない中で、僕も、ベースは家で全曲レコーディングしたりとか。今やれる、今作れる方法で作りました。
──そういえば、リード曲の「火のない所の煙が僕さ」のミュージック・ビデオも、メンバーがアクリル板で囲われていましたよね。
タナカまず、ちょっと裏側の話になっちゃうんですけど、監督も、手伝ってくれたスタッフも、みんな10年来のお世話になっている方々なんです。このコロナ禍の中、僕らよりもその方々が、すごい力を出してくれて。そこは僕らが14年やってきて培った部分で。本当に人に恵まれている、というのは確実にあります。
カナタアクリル板を使って、距離感を出して、この半年間を具現化したミュージック・ビデオになって。で、もうひとり俳優、自分たち以外の、象徴となる人間が出演していて。彼と、アクリル板越しだから、距離がゼロにはならないけど、近づきたい、みたいな気持ちの表れにもなっている演出で。そこがいちばん、ファンに届くメッセージなのかな、とも思います。
ヤマモト稲垣哲朗監督には、LEGOのいろんな曲のMVを、これまで撮っていただいたりしてるんですけれども。それとは関係なく、コロナ禍になってから、稲垣監督と「今やるべきクリエイションってなんなんだろうね?」っていうことを、ずっとリモートとかで話してたんですよ。それは音楽のことにかかわらず。だから、このMVを撮る時も、そういうディスカッションを、改めてしながら……久々に、監督とすごく密なクリエイションをして作ったので。自分たちの思いも、相当入ったMVになったと思います。

『火のない所の煙が僕さ』Music Video

いい違和感も、悪い違和感も、察知しておきたいなと思う、ミュージシャンである以上(タナカヒロキ)

──で、「取捨選択」で始まって「HOW TO」で終わるって、すごいアルバムだなあと、聴き通して思ったんですけれども。「全部無くして それでも残るもの」について歌った曲で始まって、「正解なんてないよ 例外なんてないよ 平等なのは死だけ それまでは自由に」っていう曲で終わるという。
3人(笑)。
タナカ「HOW TO」のそれは、『MONSTER』の名セリフからですね。
ヤマモトあ、浦沢直樹の?
タナカそう。
カナタ「取捨選択」は、1コーラスで終わるんですけど、正直、このサイズしか作れなかったんですよ。「ここで終わる以外考えられへんねん」ってメンバーに伝えたところ、ふたりとも「いや、これがいいやん」って。で、「これがアルバムの1曲目やな」っていうことになって。「HOW TO」は、今、会えないからこそ、アンセムっていうものが大きなテーマになってきて。会えないけれども、みんながそれぞれの場所で歌っているのをイメージした曲で。これも「最後の曲だな」っていうふうに、早くから決まってました。
──だから、メロディもアレンジもフィジカルに気持ちいいんですけど、歌詞は、けっこうなことをどの曲も言っているなあと。
タナカ(笑)。今回は、言うこと、ネタが豊富すぎたんですよ。脱退のことやったり、コロナのことやったり。時代性を今出すアルバムに反映してないと、アーティストらしくないな、っていうところもあるし。そこでは、ネタが尽きない1年やったというか。これでも言い足りない、ぐらいなところはあります。
  • 兵庫慎司

    取材・文

    兵庫慎司

    • ツイッター

SHARE

LEGO BIG MORLの関連記事

アーティストページへ