黒木渚が“捉われ”と“繰り返し”をテーマにした新曲を発表!初の有料オンラインライブも予定する彼女に現在のモードについて聞いた。

インタビュー | 2020.12.10 21:00

黒木渚からニューシングル「ダ・カーポ」が届けられた。
アルバム『檸檬の棘』から1年2か月ぶりとなるこの曲は、高度なアンサンブルを爆音で打ち鳴らすバンドサウンドと起伏の激しいメロディ、“捉われ”と“繰り返し”をテーマにした歌詞がせめぎ合うアッパーチューン。人間の危うさと愛しさを生々しく描き出す、“これぞ黒木渚!”と快哉を叫びたくなる楽曲だ。
12月26日には、初の有料オンラインライブも決定。「コロナに売られたケンカを買うスタイル」で奔放な創作活動を続ける彼女に現在のモードについて聞いた。
──2020年は世界中が大変な状況になりましたが、黒木さんはどう過ごしてましたか?

じつは停滞した感じは、私のなかではなくて。喉の病気もあって、2~3年前からマイペースで活動することに馴れてたんですよね。なのでコロナ禍になったときも、「これは創作の時間だな」と早めに切り替えられて。焦らず、いいものを作ろうと思ってました。

──音楽も小説も、ですよね?

そうですね。アルバムのリリースを目指して曲を作っていたんですけど、コロナになって歌いたいことがさらに出てきて、精力的に新曲を作って。デモを作るための機材、制作環境もグレードアップさせたんですよ。執筆は以前からコンスタントにやってましたけど、自粛期間中にペースアップしました。

──素晴らしい。1日のスケジュールもしっかり決めてたんですか?

いや、明確にはなくて。締め切りがあればそれをやりますけど、「今日は曲を作ろう」とか「小説の日だな」っていう朝の気分があるんですよ。やりたいことをやりたいタイミングでやるというか。夜はお酒が飲みたいので(笑)、基本的に夜9時以降は作業しないって決めているので、自分の時間もしっかりありますね。

──インプットの時間もある。

たっぷりあります。自粛期間中、リモート飲みが流行ったじゃないですか。「これを上手くインプットに使いたいな」と思って、編集者やライターの方々とリモートグループを作ったんです。テーマを決めて、週に1回、勉強会を兼ねた飲み会を開いて。しょうもないテーマなんですけどね、「うんこでアートは作れるか?」とか(笑)。土曜の夜にお酒を飲みながらプレゼンし合うんですけど、それがすごくいいインプットになりました。

──クリエイティブな飲み会ですねー。

最後は酔っぱらっちゃうんですけど(笑)。“論破しなくていい議論”が少なくなってるし、みんなでひとつのアイデアを転がすのは楽しかったですね。

──フィジカルの面ではどうですか?

序盤はけっこう筋トレしていました。外に出られなくなってからは、スポーツジムと同じエアロバイクを購入して、ロードバイクの映像を観ながらやってました(笑)。ただ、移動できないのはきつかったですね。私は足で稼ぐタイプというか、いろんな場所にいって、そこで情報を得ていたので。

──なるほど。コロナ禍になって、社会に対して感じることもあったと思うのですが……?

SNSに疲れてました。Twitterやインスタを更新するのも仕事の一つですけど、ハッシュタグにコロナを入れるべきだろうか?って考えたり、けっこう肩身の狭い思いをしたので。あとは、「孤独な人たちが叫んでるな」という印象もありました。孤独をこじらせて、他者を攻撃してしまったり、行き過ぎた正義感に転化してしまったり。

──「ヘイトの根本の原因は孤独」ということも言われてますよね。

そうですね。私、ファンのみなさんとのコミュニティを作ったんですよ。クローズドなSNS空間、もしくは巨大なLINEグループみたいなものなんですが、日々ファンの方々と交流できたのも良かったですね。誹謗中傷が飛び交わない、ホッとできる場所が作れたんじゃないかなと。

──そういう場所、本当に大事だと思います。そして新曲「ダ・カーポ」について。曲を書いたのはいつ頃なんですか?

アルバム『檸檬の棘』(2019年10月発売)を作ったすぐ後ですね。バンドのレコーディングは今年の2月に終わってたんですよ。ツアーと同時進行だったんですけど、コロナでリリースが延期になったので、歌録りは自宅でやりました。いいマイクを買って、自分の部屋にブースを作って。

黒木渚「ダ・カーポ」Lyric Video

──まず、バンドのアンサンブルがめちゃくちゃ凄くて。

ですよね(笑)。打ち込みで作ったかようなアレンジを超絶技巧のミュージシャンのみなさんに人力で演奏してもらって。

──演奏の難易度が恐ろしく高いですからね……。

曲を作ってるときは自然に歌ってるので、譜割りはそんなに気にしてないんですよ。言葉の通りにメロディを付けるんだけど、楽譜にすると変拍子になってたり、複雑な構成になってるみたいで、とんでもなく難しくなって。もともと「聴いてる人を圧倒するような曲にしたい」と思っていたし、思ってた以上のオケになって嬉しいです。ミックスもすごく上手くいったんですよ。それぞれの楽器の良さがきちんと聴こえてきて、ライブ感もあって。柏倉隆史さんがドラムをタコ殴りしているところもきれいに聴こえます(笑)。

──凄まじい迫力ですよね。レコーディングが延期になって、改めて歌録りするとき、歌詞を変えたりしました?

2番は今年になってから書きました。1番は去年の段階である程度書いていたんですが、そのときに書いていた小説と紐づけたくなって。その小説は暗闇のなかで暮らす家族の話で、“光と闇”がテーマだったので、それと関連づけたり。あと、日記を10年分くらい読み返して、「ずっと同じことで悩んでるな。変わりたいと言いながら、かわってないじゃん」と思ったことも反映されてますね。それが音楽記号のダ・カーポ(“曲のはじめに戻る”を意味する音楽記号)という発想に結びついたんです。“捉われ”と“繰り返し”がテーマですね。

──コロナ禍の現在にぴったり合致したテーマですよね。同じ場所に閉じ込められて、グルグル回ってるような……。

世の中が追いかけてきたというか、不思議でしたね。こういう状況になって、「ダ・カーポ」という曲の理解が深まった感じもあって。去年の段階では、「これを世の中に出すと、“癖が強い”って思われるかも」と思ってたんですけど、コロナを経験したことでハードルが下がったと言いますか、「これを投げても大丈夫だな」と。

SHARE

黒木渚の関連記事

アーティストページへ