CHiLi GiRLはどの様にして生まれたのか。倉品翔(GOOD BYE APRIL)とGIVE ME OWを交えたロングインタビュー!

インタビュー | 2022.06.10 20:00

──共演してみて、改めて気付いたお互いの魅力は。
GIVE ME OW言葉ですね。歌詞の世界観の中に、生きているということが分かりました。自分にはない世界観がありました。歌入れの時には、お互いのリズム感に違いがあることも分かって、それが心地よかったです。あとはニュアンスの付け方が、吸収が速くて。
CHiLi GiRLそれは美緒のディレクションが面白かったから。自分の中にあるスポンジに染み込ませてレコーディングに臨みました。「すぐに吸収して、表現してくれる」とほめてくれて。
GIVE ME OW私は音楽について理論や知識ではなく、「波っぽい感じ」とか感覚的に伝えることが多いのですが、それを全部吸収して表現してくれて楽しい時間でした。
CHiLi GiRL口伝(くでん)方式で稽古をつけてもらうことが多い津軽三味線奏者からすると、そんなに苦じゃなくて。楽譜以外で表現しなくてはいけないニュアンスを大切にしていていて、うちの先生も感覚で伝えてくださったので。集中してこの人が歌ったものと、自分が歌ったものの違いを瞬時に判断するということは得意なんです。私は割と前のめり突っ込み型なので、レコーディングの時に細かいニュアンスを伝えてもらったことは、同じアーティストとして「この人は何を伝えたいんだろう」とリスペクトして、興味を持っている部分なので楽しかったです。
──おふたりとは7月10日のリリースライブでも共演されますね。
CHiLi GiRLはい。倉品くん、美緒をゲストボーカルに迎えます。私だけでは表現できなかったものを表現できる夜になると思います。映像も収録して、YouTubeで公開していく予定です。海外にも待っていてくれているファンがいるので、届けたいですね。
──コロナ禍が落ち着いたら、海外公演もできるといいですね。
CHiLi GiRLみなさんどこに行きたいですか?
GIVE ME OWLA!
倉品僕は台湾ですね。音楽的にも良さそう。
CHiLi GiRL私はブラジル。元々、サンバとかラテン系がルーツなんです。幼稚園の時から聞いていたので、南米に行きたいです。
GIVE ME OW志乃舞ちゃん前世ラテン系っぽいよね。
倉品オレもいまそう思った(笑)。
──アルバムで共作も経験した今、それぞれ初対面の時の印象から変化はありますか?
倉品僕はそんなに変わらないですね。自分がやっていることを自信を持ってやっていて。そういうことが伝わる人柄なので。話してみるととても謙虚で、葛藤していたり、ギャップもあって。早い段階でそう感じていたので、そういう部分も周りに伝わればいいなと思います。
GIVE ME OW私は最初はパワフルで元気な子の印象でしたが、仲良くなって弱い部分も見せてくれて。そういう部分はすごくかわいいなと思っています。友だちとしても、音楽仲間としても支えてあげたいし、わたしも支えて欲しいと思っています。ちょっと寂しがり屋で、甘えん坊なところもあって、そういうギャップも素敵なところです。
CHiLi GiRL私は倉品くんへの印象は最初は、「手の届かない存在」と思っていましたが、いまはバンバンたたける存在に変わっています(笑)。めっちゃ届くようになりました。倉品くんと出会ったばかりの頃、私はとがっていたので当時は色々な余裕がありませんでした。倉品くんに対してはシンガー、アレンジャーなどアーティストとして大尊敬している部分は変わらずに、バンドを続けているバイタリティーなど裏で努力をしているところ、エンターテイナーとして常に新しいものを発信し続ける部分など、友人として音楽仲間として、色々な側面があることを知ったので、前よりも柔らかい関係性になったかなと思っています。美緒は、いまも昔も変わらないです。芯が強くて、好きなことを突き詰めているタイプ。元々の魅力がパワーアップしています。変わらずおしゃれ、変わらずかわいい。変わらずセンスがいい。美緒に会うたびに、新鮮な気持ちになります。それはこれからも変わらないと思います。
──最後にファンの方にメッセージをお願いします。
CHiLi GiRL7月10日は、CHiLi GiRL初めてのワンマンライブになります。発足して2年。お待たせしました&これからもよろしくお願いしますという気持ちでいます。フィーチャリングアーテイストのお力を借りながら、新しく出会えたファンの方と交流することも楽しみにしています。「才能巻き込み型プロジェクト」としての全体的なショーエンタメを楽しみにして来て欲しいです。
倉品僕もアルバムの曲が大好きなので、この日ライブで聴くことができることを楽しみにしています。バンドと三味線が一緒になった時の、音の奥行きやグルーブを会場で体感していただきたいです。
GIVE ME OW私が関わらせていただいた「MNNS」は、バンドアレンジされるのでとても楽しみです。才能豊かな人たちが集まるので、大パーティーになりそうな予感がしています。一緒に楽しみましょう!

PRESENT

サイン入り「手書き楽譜」を各1名様にプレゼント!
(1)CHiLi GiRL & 倉品翔の直筆サイン入り
(2)CHiLi GiRL & GIVE ME OWの直筆サイン入り

ツイッター応募方法

プレゼントはこちらの2種類です。
(1)CHiLi GiRLと倉品翔の直筆サイン入り「MNNS feat. GOOD BYE APRIL」手書き楽譜:1名様
(2)CHiLi GiRLとGIVE ME OWの直筆サイン入り「MNNS feat. GIVE ME OW」手書き楽譜:1名様


①DI:GA ONLINEの公式Twitterアカウントをフォロー
②表示されているツイートをリツイート
③ツイートのリプライから「本インタビューの感想と、ご希望のプレゼント」を送って下さい!
応募〆切は2022年7月10日(日) 23:59まで。

※DMでのご応募は受け付けておりません。

詳細を見る

公演情報

DISK GARAGE公演

CHiLi GiRL 1st album「MEBAE」release live LOVE SPiCE CLUB 芽生えるワンマンショー

2022年7月10日(日) Shibuya WWW
17:00 開場 / 17:30 開演
出演:CHiLi GiRL
【Guest Vocal】GIVE ME OW / 倉品翔(GOOD BYE APRIL)
【Opening Act】服部奈緒

スタンディング ¥4,500(税込)

チケット一般発売:2022年5月14日(土)10:00

RELEASE

『MEBAE』

CHiLi GiRL 1st アルバム

『MEBAE』

2022年6月10日(金)SALE

詳細はこちら

PROFILE

気鋭の三味線プレイヤーであり、シンガーソングライターの川嶋志乃舞が 2020 年 6 月より始動させたソロプロジェクト。 “スパイシーでチャーミング”をテーマに、小気味よくて艶のあるリリックと歌声、グルーヴィーな三味線が刺激的にくすぐるオリエンタルポップで国内外に注目を集めており、果敢にジャンル領域の境界線を攻め続けている。池部楽器店YouTubeアンバサダーやマルチクリエイターとして大学講義にも登壇。2022年6月に1stアルバム「MEBAE」をリリースし、7月10日に渋谷WWWでワンマンライブを開催予定。

川嶋志乃舞としては、東京藝術大学入学前から津軽三味線の全国大会で 4 度の優勝を獲得した伝統芸能家 。幼い頃より海外公演やメディア出演等を経験し、さいたまスーパーアリーナにて小林幸子のバックバンド参加や、バッドボーイズ佐田正樹主演「ひとり芝居4」の劇伴、茨城県アクアワールド大洗サマーイベント曲を書き下ろすなど多岐に渡って活動中。佐々木光儀流光櫻会会主として、全国大会入賞者を多数輩出するなど指導力にも定評がある。みとの魅力宣伝部長、笠間特別観光大使、(公財)日本民謡協会民謡アンバサダー。

CHiLi GiRL オフィシャルサイト

  • 翡翠

    取材・文

    翡翠

  • 撮影

    渡邊シン

SHARE

関連記事

最新記事

もっと見る