漢 a.k.a. GAMIが語る『高校生RAP選手権』の魅力

インタビュー | 2018.02.09 13:00

──漢さんも高校時代にラップを始めています。初ステージはどうでしたか?
高三の時ですね。その時は、高校の奴らと1DJ2MCのグループをやってたんですが、原宿のグラスというクラブでラップしました。パーティーの主催者でもあったので「人が来なかったらどうしよう」っていう心配はあったけど、ラップすることに対するプレッシャーはなかった。そこは高校生ですから。とにかく楽しいことでしかなかった。
──初ライブはいかがでしたか?
グループを結成したDJの奴がなかなかの目立ちたがり屋だったんですよ。こいつがMaccho(※)の曲をフルコピーで覚えてラップしたのを覚えてます。その時は「なんだよズルいな」って(笑)。当時はラップが単純に楽しいことでしかなかったこともあって、俺自身も(他人のリリックを使ってラップすること)を「ズルい」と思って済ませてしまうレベルだった。

※Maccho:横浜ベイスターズとのコラボで話題を呼んだヒップホップグループOZROSAURUSのラッパー。高校時代から活躍していた早熟の天才。
──なるほど(笑)。この辺りのエピソードをさらに深く知りたいという方には、漢さんの自伝『ヒップホップ・ドリーム』を読んでいただくとして、1月24日にMIX CD『ON THE WAY』を発売されました。こちらはどんな内容なんでしょうか。

MIX CD『ON THE WAY』

客演した曲を集めた作品です。ちなみにジャケットは、9Sari Café(※)のお客さんが描いてくれた不動明王と梵字「カーン」(※)を組み合わせた絵を元に作りました。最初の絵では不動明王が立っていたんですけど、片足あぐらだと「修行中」って意味になるんですよ。なので若干修正してもらって、今の形にしました。

※9Sari Café:西早稲田にある鎖GROUPのレーベルオフィス兼カフェ
※梵字「カーン」: MCネーム「漢(かん)」の由来となった不動明王を意味する梵字
──さらに2月21日には自伝『ヒップホップ・ドリーム』と同タイトルのニューアルバムをリリースされるそうですね。これまでの人生や、そこで得た哲学についてラップしたと伺いました。
もう少しで最後の1曲が出来そうで、それで完成ですね。ガキの頃の話も含めて過去のことを歌っているので、高校生にも楽しんでもらえると思いますし、それこそ僕と同世代の人が聴いたら色々と分かってもらえる内容になってると思います。

漢 a.k.a. GAMIニューアルバム『ヒップホップ・ドリーム』

──アルバムリリース後にはフィーチャリング・アーティストを迎えた楽曲をリリースしていくとのことですね。
アルバムリリースの翌月くらいから動画で発表していく予定です。CDでのリリースという形になると間が空いてしまったりもするので、それよりは毎月1〜2曲出していくという方が楽しく作れるかな、と。誘う予定の人は固まっていて、まずは『ヒップホップ・ドリーム』に登場する人たちから。
──では、漢さんから見た『高校生RAP選手権』の魅力を教えてください。
すごくセンスのある子だったり、すごい可能性を秘めている子が突然現れることですね。彼らは高校生ですから、まだラップ始めて1〜2年くらいなんですが、ガキならではの吸収力の高さでどんどん上手くなっていく。で、あのくらいの年頃って、勢いで「神」が降りてくる瞬間も結構多いんですよ。開催スパンも短めなんで、こまめに成長ぶりが見られるのも良い。

──武道館でイベントを成功させているというのも驚異的です。あんなに中高生が集まっている空間というのもなかなかないですよね。
もう五月蝿くてしょうがない(笑)。武道館の時は、審査員をやった鎮座DOPENESS
(※)の心強さにヤラれましたね。というのも、酒を買うために一緒に楽屋を出た瞬間、キッズに囲まれちゃったんです。そういう時って、僕は「なるべく付き合おう」ってタイプなんですが、鎮座DOPENESSは「スイマセーン」「ゴメンナサーイ」って、相手の目も見ないでフルシカトで進んで行く。結局、行きも帰りも彼に先導してもらう形になりました。やっぱりメジャーデビューしてる人間は違いますよ(笑)。対照的にダースレイダーは若いファンに囲まれて嬉しかったのか、時間をかけて丁寧に対応してたり。それはそれで良いことですよね。

※鎮座DOPENESS:前回の『高校生RAP選手権』で審査員を務めた個性派ラッパー。
※ダースレイダー:オフィス北野所属のラッパー。フリースタイルの名手。
──最後に読者へのメッセージをお願いします。
『高校生RAP選手権』はヒップホップファンだけでなく、音楽ファンには一度来てもらいたいイベントです。日本のラップシーンが、技術にしろ意識にしろ国際的なレベルで見て、良い感じになってきているということを直で見ることが出来るはずです。あと、個人的には2月21日にアルバムをリリースする予定なんで。そちらもよろしく。

PRESENT

本大会オリジナルグッズを2名様に!

※転載禁止

受付は終了しました

公演情報

DISK GARAGE公演

BSスカパー!BAZOOKA!!!第13回高校生RAP選手権

2018年3月17日(土) 豊洲PIT
NOW ON SALE

出演:小籔千豊、やべきょうすけ
審査委員長:漢 a.k.a. GAMI
審査員:ANARCHY、R-指定(Creepy Nuts)、DOTAMA、MARIA(SIMI LAB)
レフェリー:HIDADDY
※出演者は急遽変更になる可能性がございます

BAZOOKA!!!高校生RAP選手権とは?
BSスカパー!241chで月曜日夜9時から放送中の番組「BAZOOKA!!!」内の人気企画。
フリースタイルMCバトルで高校生日本一が決まる!

RELEASE

漢 a.k.a. GAMIニューアルバム『ヒップホップ・ドリーム』

漢 a.k.a. GAMIニューアルバム『ヒップホップ・ドリーム』

(鎖GROUP)
2018年2月21日(水)release!
『ヒップホップ・ドリーム』電子書籍版

『ヒップホップ・ドリーム』電子書籍版

(河出書房新社刊)
http://9sari-group.net/release/2034
漢 a.k.a. GAMI客演集MIX CD『ON THE WAY mixed by DJ GATTEM』

漢 a.k.a. GAMI客演集MIX CD『ON THE WAY mixed by DJ GATTEM』

  • ライター

    吉田 大

SHARE

関連リンク