安藤裕子、ファン投票でセットリストを決める15周年ライヴの開催が決定!聴いてきてくれた方が楽しめる感謝祭にしたい

インタビュー | 2018.04.07 18:00

現在はマイペースに音楽活動を続けている安藤裕子。デビュー15周年を記念して開催されるライヴは、ファンのリクエストによりセットリストが決定する1部と、オリジナルの構成で行なわれる1部という豪華なもの。このライヴについてはもちろん、15年の活動を改めて振り返ってもらった。

これまで聴いてきてくれた方が楽しめる感謝祭にしたい

──5月26日に昭和女子大学人見記念講堂にて行なわれる、『安藤裕子15周年LIVE~長くなるでしょうからお夕飯はお早めに~』は、どんなライヴになりそうですか?

今回は15周年ということもあり、これまで聴いてきてくれた方が楽しめる感謝祭のようなものにしたいと思っているんです。なのでリクエストを募り、1部はリクエストの上位10曲を歌い、もう1部はあらためて構成を組んでやろうと思っているんです。

──もうリクエストの集計は出ているんですね。

はい。ランキングは思っていたものよりもかなりメジャーな人気曲が揃ったんですが、1位に「さよならと君、ハローと僕」(2008年5月発表のアルバム『chronicle.』収録曲)という曲がランクインしたんです。この曲はバンドでは演奏が中々難しいのでライヴではほとんど演奏していなかったんですよね(笑)。

──その飢餓感が1位につながったのかもしれないですね(笑)。

そうだと思います(笑)。今回はリクエスト制なので、逃げずに演奏します!

──あはは。楽しみにしていますね。さて、改めてデビューからを振り返ってみていかがでしょうか?

デビューしてからの10年は本当にあっという間でした。20代前半までに生きてきた人生のアウトプットをし続けていた10年だったので、どこにも出かけずに部屋に篭もり、曲を作り、レコーディングして、ライヴをして…というローテーションの生活だったんです。丸1日パジャマで過ごす日が当たり前だったので、人とも会わなければ話もしないのでインプットがほぼないんですよ。でも、食べ物は大好きなので、そのパジャマのまま高級料理を食べに行ったりしていました(笑)。

──きっと、ファンの方たちも、想像以上の生活で驚いていると思います…(笑)。

あはは。化粧もしていないし、ファッションにも興味がなくて、呼んでいただいたライヴなどもパジャマのようなスウェットにすっぴんで行ったらさすがに怒られて(笑)。そんな生活を10年も送っていたら、アイデアも枯渇して、描く自分もほぼいなくなってしまったんです。その時に初めて、まとまったお休みをとらせてもらったんです。

──どこかに行かれたんですか?

2カ月くらい海外に行っていました。まずアメリカにホームステイをしに行き、モロッコにも行ってきました。そこはすごく刺激にあふれていて、もう一度自分を考える良い機会になったんですよね。そこで思ったのが、小さな頃から夢だった“お母さんになること”。でも、今の追われた生活のままじゃ子供も育てられないよなと思ったんです。

──女性が30歳になると、その問題には必ず対面しますよね。

私もそのタイミングだったと思うんです。その後、生活も整えて、いざ出産してみたら、驚くほど子育てに追われていました(笑)。

──どうしたって追われますよね(笑)。

はい(笑)。そのあとしばらくして、ディレクターから“もう一度我々の原点に返って、遊びながら音楽をやろうよ”と言ってもらえたんです。そこで重い腰を上げてはみたものの、あまり楽しめていない自分がいて…。そこで、自分が曲を作るのが難しいなら、歌い手になればいいんだと思い、作ったのが『頂き物』(2016年3月発表のアルバム)です。みなさん、本当に素晴らしい曲を提供してくださったんですが、最後に1曲、自分で絞り出して作った曲を歌った時に、“やっぱり自分の曲が一番歌いやすい”と思ってしまったんです。でも、今はその曲が書けない…そのジレンマに押しつぶされそうになり、一度すべてをリセットしようと思い、しばらく制作を休ませてもらいました。

──その期間中も、ライヴはされていましたよね。

はい。“ライヴもやらなかったら、君は音楽の世界に返ってこない”ってスタッフに言われてしまって(笑)。そのままライヴだけを続けていたら15周年が迫ってきて、このライヴの構想が始まったんです。

──15周年は、アニバーサリーイヤーですからね。

そうなんですよね。近年、自分の迷いをフィーチャーした音楽を歌っていたりもしましたが、その曲を聴いてくれるだけでなく、大事な曲として、その人たちの人生や楽しみ、思い出などを詰め込んでくれていると思ったら、その人たちが心から喜んでもらえるようなものをやりたいと思ったんです。その流れで、リクエストを募ってみました。

公演情報

ディスクガレージ公演

『15周年 LIVE ~長くなるでしょうからお夕飯はお早めに~』

2018年5月26日(土) 東京・昭和女子大学 人見記念講堂

お申し込み・詳細

※プレゼント付

【BAND MEMBER】
Pf.山本隆二 / Gt.設楽博臣 / B.沖山優司 / Dr.伊藤大地 /
Cho.酒井由里絵 / Sax.後関好宏 / Tp. 村上基 / Tb. 滝本尚史

プロフィール

安藤裕子

1977年生まれのシンガーソングライター。2003年、ミニアルバム『サリー』でデビュー。2005年に月桂冠のTVCMに「のうぜんかつら(リプライズ)」が起用され、大きな話題となる。物語に対する的確な心情描写が高く評価され、多くの映画、ドラマの主題歌も手掛けているほか、ライヴステージの評価も高く、バンドセットとアコースティックセットの2形態で、全国を細かく回っている。2016年3月2日には、多数のアーティストの楽曲提供からなる9枚目のアルバム『頂き物』をリリース。2018年5月26日に東京・昭和女子大学 人見記念講堂にて自身のデビュー15周年を記念した『15周年 LIVE ~長くなるでしょうからお夕飯はお早めに~』を開催する。

RELEASE

『ITALAN』

セルフプロデュースアルバム

『ITALAN』

(Mastard Records)
ライブ会場先行発売:2018年5月26日(土)
一般発売日:2018年6月27日(水)
<収録内容>
■短編集「至らぬ人々」
風雨凄凄
娑婆訶
こどものはなし
■アルバム『ITALAN』
至らぬ人々
SVAHA
太古の時計
こどものはなし
風雨凄凄
花柄        
(未定)

※限定盤[1CD+小冊子(短編小説)]、通常盤[CD]

RELEASE

『探偵物語』

配信シングル

『探偵物語』

(Mastard Records)
配信開始日:2018年4月8日(日)

★テレビ朝日系 ドラマスペシャル【探偵物語】
4月8日(日)21:00~『日曜プライム』枠にて放送。

赤川次郎原作『探偵物語』を34年ぶりに、斎藤工×二階堂ふみで映像化した、今なお色あせないミステリー×ラブロマンス!
  • TEXT

    吉田可奈

SHARE

安藤裕子の関連記事

アーティストページへ