家入レオ、5thアルバム『TIME』ツアーを展開中!1公演づつ大切に想いを込め、歌を届けに全国を回る!

インタビュー | 2018.06.05 16:00

家入レオは今、変化の真っ只中にいる。昨年2月にデビュー5周年を迎えた彼女は、秋にはドラマ「新宿セブン」に女優として出演し、今年1月にはリーディング・オーケストラ(朗読、演奏、歌を組み合わせた朗読劇コンサート)にも参加した。活動のフィールドを広げる彼女は、約1年7ヶ月ぶりとなる通算5枚目のアルバム『TIME』に、乃木坂46「君の名は希望」などで知られる杉山勝彦や、欅坂46「二人セゾン」で注目を集めたSoulifeを楽曲提供者として迎える一方、元Galileo Galileiの尾崎雄貴も参加するなど、これまでにない新たな化学反応と表現方法を楽しんでいるように映る。さらに、5月からスタートしたツアーではバンドメンバーを一新。ニューアルバムに「アフターダーク」「祈りのメロディ」を提供した須藤優(Ba)に加え、名越由貴夫(Gt)や玉田豊夢(Ds)といった名うてのプレイヤーとのライブはどんなステージになっているのか。八王子、大阪の3公演を終えたばかりの彼女を直撃した。
──本題に入る前に少し近況に関してお聞かせください。現在、上演中(5/31にファイナル)の劇団☆新感線『修羅天魔〜髑髏城の七人 Season極』の劇中歌をデーモン閣下と一緒に歌っていることも話題になっています。最初にオファーを受けたときはどんな心境でしたか?

お話を頂いた時は少しびっくりしましたが、声をかけて頂けたことがすごく嬉しかったです。ドラマなどでは毎回どんな風に自分の曲が流れるか分からないけど、舞台では、毎回同じ場面で曲が流れるので。より歌詞に込める気持ちを絞って、限定して歌唱できたのが新鮮でした。歌入れの時、どんな場面で流れるのかを映像で見せて頂いて臨めたのでよかったです。

──客席が360度回転するステージアラウンドで観劇しました?

私はゲネプロで拝見させて頂いたのですが、デーモンさんと岡崎司さんが作られた素晴らしい曲が、役者の皆さんの熱演でより大きくスケールアップしていて貴重な経験をさせて頂けたな、と思いました。

──また、この春にプライベートでロンドンに行っていたそうですね。音楽活動において何か刺激を受けましたか?

サム・スミスのライブに行ったんですけど、旅行先のロンドンで観れたということも手伝って、いつも以上に気持ちが開放的になっていました。ステージに知っている方もいなかったですし、全てがナチュラルだったんです。開演時間になって、照明が消えて。あぁいよいよ会える!ってきらきらした気持ちになった時、自分のライブとも向き合えたんです。あっ、普段私のライブに来てくださっている人も、きっとこんな気持ちで私を待ってくれているんだって、改めて知ることができて、すごく嬉しかったです。よりライブという空間を大事にしていきたいな、と思うようになりました。

──現在、まさにツアー中ですよね。「6th Live Tour 2018〜TIME〜」がスタートしたばかりですが、3公演を終えた時点での手応えは?

1公演1公演の濃さがすごくて。来てくれた皆さんに、自分の気持ちをどう伝えるか、瞬間に込める力、パワーみたいなものが、どんどん大きくなってきているのを感じます。

──ちなみに、本ツアー前に、ブログで発表した「ペンライトをお休みにしたい」という発言が誤解をよんだ部分もあったかと思います。

誤解を、よんでたんですね。今知りました(笑)

──(笑) 誤解というか、以前はペンライトをツアーグッズとして販売もしていたので、いろんな意見が出たかなと思うんです。改めて、その真意と、ツアーが始まってからのお客さんの実際の様子を知りたいなと思いまして。

相手を信じて気持ちを伝えることを大事にしたいと思っているので、そこから先は受け取った人の自由だと思うんです。こう感じて欲しい、というのは違う気がするし、これだけ人がいたら色んな意見が飛び交うことは予想はしてました。それでも、ちょっと違うかも、と感じたことに目隠しをして歩いて行くほうが私は皆さんに対して失礼だと思ったので気持ちをブログに綴ったんです。
終演後のアンケートを読んでいると、ペンライトの一体感も好きだったけど、でも一番は家入レオに会いにきて、歌を聴きにきてるから、って、ちょっぴり寂しい気持ちを見せてくれながらも、真っ直ぐな気持ちが書かれていて、ありがとう、って思いました。

──では、デビュー5周年を経て、6度目の全国ツアーはどんな内容になってますでしょうか。

歌うこと、その瞬間を生きることをシンプルに大事にしたステージになっていますね。

──バンドメンバーを一新したことで、どんな変化や化学反応が生まれてますか?シンガーとして、ご自身の歌や音楽に対する現在の心境を知りたいです。

バンドメンバーもすごく想いを込めた熱い音をぶつけて来てくれる人たちなので、歌へのアプローチがどんどん変わって来ているように思います。あとは自分自身がよりシンプルに、いい意味で削られて来ているな、とも感じますね。もっとそのままで、もっとありのままで、って毎回思います。私は常に、その日の私らしくそこにいることを大切にしてて。だからこそ、来てくれたみんなと強く繋がれるんじゃないかなって思ってます。

──様々な作家、アーティストが参加した最新アルバム『TIME』の収録曲をライブで歌うことで新たな気づきはありましたか?

その曲に体も心も全部預けて、仲良くなることでより自分というものが見えてくるんです。だから最近自分で曲を作っているとき、前よりもっと濃い私にしか作れない、歌えないものが出てくるようになりました。

──近年、めざましく変化してるように感じてるんですが。

うん、これからも私自身いい意味で変わっていくだろうなと思います。新しい出会いがあったり、逆に別れがあったり、また海外に行ってみたり、恋をしたり。日々生き方が少し変わると、おのずと音も変わってくるだろうから。その瞬間にしか作れない曲を作っていきたいです。

──新曲でいうと、早くも初日公演から水野(良樹/いきものがかり)さん作曲、家入さん作詞のヒューマンラブソング「あおぞら」を披露しましたよね。お客さんの反応はどうでした?

ライブにぴったりな曲だなって思いましたね。来てくれた人たちの、みんなの顔を見ながら歌うと、無限に想いが膨らんでいきます。みんなのパワーってすごいな、こんな気持ちを教えてもらって、こんな気持ちでこの曲を歌わせてくれてありがとうって思ってました。みんなが泣き笑いみたいな顔をしているのが、本当に、いい景色なんです。

──最後に、これからツアーへ足を運ぶ方へのメッセージをお願いします。7/1(日)の国際フォーラムでのファイナル公演に向けた意気込みも聞かせてください。

待ってるよ。たくさんアルバム『TIME』を聴いて遊びにきてね。ファイナルの意気込みは難しくて、本当にどの公演も同じように大事にしてるんです。みんなに会えるのが楽しみです。

家入レオ「あおぞら」 6th Live Tour 2018 ~TIME~ @オリンパスホール八王子 2018.05.03

家入レオ 5th ALBUM「TIME」トレイラー

PRESENT

サイン入りオリジナル『TIME』砂時計を1名様に!

受付は終了しました

公演情報

ディスクガレージ公演

家入レオ 6th Live Tour 2018 ~TIME~

2018年5月3日(木)オリンパスホール八王子(東京都) SOLD OUT!
2018年5月12日(土) 大阪国際会議場 メインホール(大阪府)
2018年5月13日(日) 大阪国際会議場 メインホール(大阪府)
2018年5月19日(土) 上野学園ホール(広島県)
2018年5月20日(日) サンポートホール高松 大ホール(香川県)
2018年5月26日(土) 名古屋国際会議場 センチュリーホール(愛知県) SOLD OUT!
2018年6月1日(金) 札幌市教育文化会館 大ホール(北海道)
2018年6月2日(土) 音更町文化センター(北海道)
2018年6月9日(土) パシフィコ横浜 国立大ホール神奈川県 SOLD OUT!
2018年6月16日(土) 福岡サンパレスホテル&ホール(福岡県)
2018年6月22日(金) 三重県文化会館 大ホール(三重県)
2018年7月1日(日) 東京国際フォーラム ホールA(東京都)【追加公演】

チケット一般発売日:2018年4月7日
※追加公演の一般発売日は後日発表。

rockin'on presents
ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2018

2018年8月11日(土) 国営ひたち海浜公園
※出演ステージ等は後日発表

RELEASE

「あおぞら」

新曲

「あおぞら」

(Colourful Records)
※配信限定販売中
「TIME」

5th Album

「TIME」

(Colourful Records)
2018年2月21日(水) SALE
※ジャケ写は通常盤
  • 永堀アツオ

    取材・文

    永堀アツオ

SHARE

  • ツイートする
  • LINEでシェア
  • Facebookでシェア
  • Pocketに保存
  • はてなブックマーク