中島卓偉、“16ビート”の楽曲のみを演奏する東名阪ツアーを開催。その挑戦的な試みの真意を聞く

インタビュー | 2018.06.04 18:00

中島卓偉が、2018年6月に東名阪ツアー<(16 BEATS ONLY!!)Dance!Feel The Noize.>を開催する。このツアーは、その名のとおり16ビートの楽曲のみを演奏するという挑戦的な構成だ。なぜ、彼はこのようなリズムにこだわったライブを行おうと考えたのか。ツアー直前の5月下旬に中島のもとを訪れ、その真意を聞いた。
──2018年6月に東名阪で<(16 BEATS ONLY!!)Dance!Feel The Noize.>と題したワンマンライブを行いますが、そもそも16ビート縛りのライブをやろうと思った経緯をお聞きしたいです。
これがすごく長くなるんですよ(笑)。どこから話せばいいのか……。まず、自分が16ビートの曲が好きだからというのは当然あって。そもそも日本人ってリズムの受け止め方が全部8ビートなんですよね。僕はデビューして19年目で、2000年に1stアルバムを出したんですけど、そのアルバムは12曲中、8ビートは2曲しか入ってないんですよ。基本全部16ビートで、8ビートの曲であっても符割りが16であることをマストにして曲を書いてきたんですけど。だから、初期の頃から、なんでこんなにみんなスウィングしないのかなってずっと思っていて。それは別にファンが悪いとか、コール&レスポンスがどうこうという話じゃなくて、グルーヴの話。そこが通じ合えないというか。
──齟齬みたいなものがずっとあったと。
こっちも人間なので、そういう状態が続くと、こういうリズムはやっぱり難しいのかなっていう気持ちにもなってくるし、僕も若かったから、レコード会社から“お客さんがノリにくいから、8ビートの曲を増やしたらどう?”って言われるわけですよ。で、わりかしエイトタッチの曲を書いてライブでやると、実際に盛り上がるんです。そうなのであればこれでもいいのかなって思う気持ちもあって、8ビートの曲を増やした時期があったり、バラードだけやっていた時期があったり、いろいろ試行錯誤しながらやっていたんですけど。でも、8ビートでずっとライブをやっていると、正直、ヘドが出るほどつまんないんですよ(笑)。
──(笑)。確かに、自分の思い描いているものとは違うわけですし。
僕は小さいときから洋楽どっぷりだったんで、いろんな人のライブや映像で、みんながスウィングしてノっている光景を見てきたんですよ。ロンドンのクラブに行ったときも、みんなそうやってリズムを取っていた。LAでブライアン・セッツァー・オーケストラのライブを観たときも、もう50代とか60代のお父さんたちがいまだにリーゼントにしてツイストを踊っているんだけど、やっぱり16でリズムを取っていた。だから、ロックンロールってやっぱりこうだよなっていう気持ちがずっとあったから、お客さんと血が通い切っていないまま時間が経っている気がしてならなくて。それならもう、これをライブのテーマにしてしまおうと。

──それで今回のライブに至ったと。
とにかく自分の好きなように踊らせてもらって、ライブに来たお客さんが演奏している曲をどう理解しようが、今日は16ビートの曲しかやっていないということを知っていれば、“これがスウィングなのか”“これがダンスビートなのか”とわかってもらえるだろうし、話も早いなと。それに、僕が知っている限りではこういう企画は見たことも聞いたこともないし。
──そうなると、“16ビート縛りのライブをやってみる”というのは、“そもそも自分は16ビートでリズムを取り、曲を作ってきた”という証明みたいな意味合いもあるんですね。
そうですね。基本、洋楽ってエイトタッチの歌はほぼないですし、リズムのとり方も1拍目と3拍目ではなく、2拍目と4拍目が絶対基本で。でも、日本はどうしても祭りの国だから、揉み手というか、1拍目と3拍目にクラップがくるっていう。これはもうDNAレベルの話だからしょうがないのかもしれないんですけど(笑)。
──土着的な問題というか。
ロックが入ってくる前までならそれでもOKだったんですよ。でも今は違うじゃないですか。みんな“ロックが好きだ”とか“テンポが速い音楽が”と言って楽しんでいますけど、リズムの捉え方を変えるだけで、音楽ってもっと楽しめると思うんですよね。僕が見ている限り、8ビートと16ビートの違いを理解している日本人って少ないし、僕としては、それは自然と身につくものだと思っていたんです。僕はごくごく自然にビートルズを聴いて、パンクが好きで育ってきたんですけど、8ビートのシンプルな曲でも、16ビートのタンバリンとか、ゴースト(ノート)とか、シェイカーが入っていることによって、この曲は16でとるべきなんだなっていうのを小さい頃から理解していたんです。
──なるほど。
それから90年代になり、たとえばイギリスだとジャミロクワイが出てきて、すごくわかりやすいダンスビートに16ビートのループを足して、これはそういうノリなんだと。キックは4分打ちだけどノリは16なんだっていうのを、言葉ではなく音源やライブでもって説明してくれたことに感動したし、そういうものだと思って自分はフロアで踊ってきたんですね。でも、自分が20代のときはそういうことをファンに説明してこなかったんです。自然とわかってほしいと思ってたから。

公演情報

ディスクガレージ公演

TAKUI NAKAJIMA LIVE TOUR 2018(16 BEATS ONLY!!)Dance!Feel The Noize.

2018年6月8日(金) 大阪:Music Club JANUS
券種:スタンディング
19:00 開場/19:30 開演

2018年6月17日(日) 名古屋:JAMMIN’
券種:スタンディング
17:00 開場/17:30 開演

2018年6月22日(金) 東京:Shibuya WWW X
券種:スタンディング
19:00 開場/19:30 開演
Shibuya WWW X公演詳細はこちら

出演:中島卓偉
[musicians] Guitar生熊耕治 / Bass鈴木賢二 / Drums安東祐介

チケット一般発売日:2018年4月28日(土)

♪全公演学割対象
・小学校、中学校、高等学校、短期大学、大学、高等専門学校(高専)、専修学校(専門学校)に在籍の方は会場にて¥1,000キャッシュバック致します。

  • インタビュー&文

    山口哲生

  • 撮影

    村上龍介

SHARE

関連リンク