結成10周年!Nothing’s Carved In Stoneが日本武道館のステージに立つ!村松 拓(Vo&Gt)インタビュー!

インタビュー | 2018.07.02 18:00

──「Nothing’s Carved In Stone『10 YEARS HISTORY』」と銘打った映像企画では、過去のライブ映像が公開されていますが、順番に見ていくとどうしても歴史を感じますよね。

赤裸々ですからね、あれは(笑)。いちばん最初のライブ(2009年2月/代官山UNIT)なんて全員めちゃくちゃ若いし、ずっと見ていくとだんだん現在に近づいていきて。「がんばってきて良かった」と思いますね。途中で「このまま続けていく意味ってあるのかな?」という時期もあったと思うんですよ、4人とも。でも、きつくても続けることでしか得られないことがあったなって。

Nothing's Carved In Stone
「10 YEARS HISTORY Chapter 1 FIRST LIVE 2009.02.27 DAIKANYAMA UNIT」

──それぞれにキャリアがあったとは言え、バンドを結成すれば1から始めるしかないですからね。

それがバンドのいいところですよね。それぞれに経験やキャラクターはあるんだけど、4人で一緒に作ると、まったく別の音楽が生まれてくるので。4人が思い描いてるイメージって、絶対に違うじゃないですか。それぞれの頭のなかにあるイメージや絵をぶつけ合って、また壊して。それはしんどい作業だし、上手く行かなくて別れしまうバンドもいるので。こうやって続けられているのはすごいことだなと思います。

──特にNCISは4人ともキャラが強いですからね。プレイヤーとしても人としても。

みんな濃いですよね(笑)。ステージに上がると理性のタガが外れて本当の自分が出て来るんですけど、おもしろいことに、それは普段の自分ともつながっているんですよ。4人とも性格がバラバラで、ステージングだったりライブ中に見ている風景も違うと思うけど、どこかでバチッ!と合う奇跡的な瞬間もあって。そういう瞬間を更新しながら10年やってきた感覚もありますね。

──個性の強いメンバーが揃っているなかで、「自分がフロントマンなんだ」という意識も当然ありますよね?

うん、それはずっとありますよ。ボーカルとしてステージの真ん中に立ってるわけだから。ただ、やっぱり変化はありますけどね、気持ちのうえで。最初はバンドを二つやってたんだけど、Nothing’sが始まって3年目くらいにもう一つのバンドは休止して。「もうNothing’sしかない」という気持ちも生まれたし、そのあたりからステージングや発する言葉も変わってきたんですよね。もともとは「MCは要らない」と思ってたんですよ。素晴らしい演奏をすごい熱量でぶつけて、それをお客さんが共有することで「よし、明日もがんばろう」と思ってもらえるようなライブが理想だったから。でも、最近はその場で思ったことを伝えるようにしているし、それによって曲の響き方も違ってきてるんじゃないかなと。制作のときも「ライブでこういう曲があったらいいよね」という視点で作ることがあるし、「もっとこういう景色が見たい」「お客さんにこんな景色を見せたい」という欲があるんですよね、やっぱり。それはもちろんお客さんも感じてくれてるだろうし……カッコいいバンドを知ってると、自分自身がカッコよくなった気がするじゃないですか。俺自身、いまもそうなんですよ。昨日も好きなバンドのライブにチケット買っていったんですけど、めちゃくちゃ最高で。Nothing’sがそういうバンドであってほしいと思いますね。

──新木場Studio Coastのライブときに生形さんが「武道館の後もいろいろ考えているから」と言っていたのも印象的でした。よく言われるフレーズですが、武道館はやはり通過点という捉え方ですか?

うん、本当にそうだと思います。武道館の後もカッコいいことがやれないと意味がないので。だからこそ、武道館でいいライブをしたいんですよね。

PRESENT

Nothing’s Carved In Stoneサイン入りTシャツを1名様に!

受付は終了しました

公演情報

DISK GARAGE公演

10th Anniversary Live at BUDOKAN

2018年10月7日(日) 日本武道館
チケット一般発売日:2018年7月7日(土)

村松 拓 出演!
「夏のSHIKABANE~日比谷場所~」

2018年7月22日(日) 日比谷野外大音楽堂
出演:SHIKABANE
佐々木亮介(a flood of circle)/菅原卓郎(9mm Parabellum Bullet)/村松 拓(Nothing’s Carved In Stone)/山田将司(THE BACK HORN)

※雨天決行/荒天中止
※入場特典:浴衣(男性は甚平でも可)で来場するとイベント限定うちわをプレゼント

RELEASE

「Mirror Ocean」

NEW ALBUM

「Mirror Ocean」

(Dynamord Label)
NOW ON SALE
  • 森朋之

    インタビュー

    森朋之

    • Facebook

SHARE

Nothing’s Carved In Stoneの関連記事

アーティストページへ