CASCADEのTAMA、Psycho le CémuのAYA&seek、元Hysteric Blueの楠瀬タクヤによる新バンドMIMIZUQ始動!メンバー全員に緊急インタビュー!

インタビュー | 2018.07.03 12:00

──なるほど。seekからしたら、告白したようなものだからね。

Ba. seek

ほんまですよ。バンドは告白ですからね。

Vo. TAMA

嬉しかったんですよ、告白。seekくんたちも、いろんなバンドをやられている中で、いろんな人達を見てきているだろうし、その中で自分を誘ってくれたというのは、本当に嬉しいことで。Mix Speaker's,Inc.もすごくいいバンドやったし、Psycho le Cémuもライヴを見せてもらったときに、すごく振り切ってて感動しましたしね。とにかく、お客さんを楽しませるということに、命をかけてる人やなって思ったというか。人としてももちろん、ミュージシャンとしてもすごく尊敬できる人だなと思っていたので。でも、その場で返事したら、なんも考えてない人みたいやから、ちょっとジラしたんですけど(笑)。“是非、自分でよければ”ってお返事させてもらったんです。一緒にお客さんを楽しませていけたらって思ったんです。って、俺、めっちゃええこと言ってるね。珍しくええこと言ってるわ。

Dr. 楠瀬タクヤ

あははは。間違いないです!ドキュメンタリー番組かと思いました(笑)。
僕もTAMAさんと同じく、共通の知人を介しての知り合いで、たまに吞みに行ったりしてましたし、seekくんの印象もTAMAさんと同じでしたね。AYAくんとは会ったことがなかったんですけどね。

道化. AYA

そうなんですよね。

Ba. seek

でも昔、Psycho le Cémuで佐久間さん(佐久間正英)にプロデュースしてもらってたときに、Hysteric Blueも佐久間さんがプロデュースしていらしたので、当時からめちゃめちゃタクヤくんのことは意識してましたからね(笑)。AYAくんは佐久間さんのことをリスペクトしていたので、佐久間さんからいろいろとタクヤくんのことも聞いてましたから。

道化. AYA

ほんまに尊敬してましたからね。そんで、のちに、TAMAさんとseekと一緒にご飯食べてたときに、タクヤくんがドラム叩いてくれたら最高なのになって話したんですよ。

Ba. seek

でも、タクヤくんはヴィジュアル系というシーンではないところでやってこられているし、どうなんやろな?と思いつつも声をかけさせて頂いて。

Dr. 楠瀬タクヤ

そうなんですよね。ほんまにseekくんは律儀の王様みたいな人で、ずっと自らのバンド情報を細かく連絡くれていたから、会って飲んだりはしていなかったけど、常に身近に感じていたというか。畑が違うところで音楽をやっていたけど、本当にしっかりしてる人やし、音やバンドに向き合う姿勢は本当にリスペクトしていたので。そんなある日、seekくんから電話がかかってきて。でも、僕ちょうどその電話に出られなくて。季節の便りのようにメールをくれていたseekくんが、めったに電話してこないseekくんが、電話なんて、きっと事件や!って思ったんです!これは、なんかあったぞ!と。

一同:(爆笑)

Dr. 楠瀬タクヤ

で、折り返したら、バンドのお誘いだったという。昔、佐久間ファミリーでもあったのでPsycho le Cémuはもちろん知っていたんですよ。僕としては、Mix Speaker's,Inc.を解散したから、Psycho le Cému1本になっていくんだろうなと思っていたので、正直、“おいおい。またバンド組むんか〜い!”って思ったんですけど(笑)。“またAYAくんと一緒か〜い!”っていうツッコミ的なところから入ったんですけど(笑)、TAMAさんと一緒で、そこに僕を誘ってくれるっていう光栄さと、嬉しさを感じましたね。長いバンド人生をやってきていて、いっぱい関係性があって、誘える人はたくさんいただろうに、僕を誘ってくれたという嬉しさといいますか、畑は違うところでしたけど、このお誘いを断ったら、後悔するなぁと思ったんですよね。

Ba. seek

ソロでの活動も、作曲家としても、ディレクターとしてもすごくお忙しい方ですし、キャリア的にもスキル的にも、自分達がとても刺激される存在の人だなと感じたんです。実際、先日レコーディングをしたんですけど、ドラマーとしての部分はもちろん、レコーディングの進め方から、ボーカルのディレクションをみていて、すごいなと思いましたからね。

道化. AYA

任せて良かったって尊敬しましたからね。

Ba. seek

自分達がこの先10年やっていたとしても、絶対に越せないなと思いましたから。僕らも長く音楽やってきましたけど、TAMAさんにしてもタクヤくんにしても、僕らからしたら、本当にかなわない素晴しいものを持っていらっしゃるし、尊敬できる人達だなと改めて思いましたね。この先も、刺激をたくさん頂けるんじゃないかと思っています。
──なるほど。素敵な関係性だね。今回、AYAはこのバンドのコンセプトリーダーでもあると聞いているけど、どうしてこういうスタイルのバンドにしようと思ったの?

道化. AYA

バンド名が決まってからかな。TAMAさんがMIMIZUQっていうバンド名を持ってきてくれてから、一気にイメージが沸いて。

公演情報

DISK GARAGE公演

MIMIZUQ 60min Showcase ONEMAN LIVE

2018年9月8日(土) 新宿BLAZE

一部:木漏れ日で眠る
二部:暗闇で光る
※1日2回公演

7月22日(日)SALE

■ オフィシャルサイト先行受付!
詳細はオフィシャルサイトにてご確認ください

RELEASE

会場限定SINGLE「ずっと好きでした」

会場限定SINGLE「ずっと好きでした」

9月8日(土)新宿BLAZEにて発売!
  • ライター

    武市尚子

SHARE

MIMIZUQの関連記事

アーティストページへ