MAYKIDZ、堂々参上!肩書きを持つメンバー同士が集まった新鋭パンクバンドに迫る

インタビュー | 2018.08.03 12:00

小林光一(Vo&Gt/SAY MY NAME.、超飛行少年)、高田雄一(Ba/MEANING、ELLEGARDEN)、BEAK(Dr/NICOTINE)からなる3ピースバンド・MAYKIDZが1stアルバム『9/Theories』を完成。爽快なパンクを響かせるメンバー全員に今後の活動を含めて話を聞いた。

届きやすいものをやろう
というコンセプトがあった

──アルバム『9/Theories』を聴かせてもらったのですが、すごく良かったです!シンプル、キャッチー、メロディアスの三拍子が揃っているなと。
BEAK狙い通りですね。一枚目は届きやすいものをやろうというコンセプトがあったので。
小林うん。分かりやすいものをやりたかったんですよ。
──高田さんはどうですか?
高田サポートから始めた流れの中で、気付けば9曲できていたという。自分は主導権を握ることがあまりなくて、ベースラインを決めてくれたほうが嬉しいくらいなんで(笑)。とにかく波に乗って、ここまで来たんです。
──結成は今年5月ですけど、バンドの構想はいつ頃からあったのですか?
BEAK1年半前ぐらいに(高田)雄一さんと何かやりたいなと思ってギターヴォーカルを探してたんです。それで、俺が“いいヴォーカルを知ってる”と言って小林くんを呼んだんですよ。それでスタジオに入ったら感触もよくて。その頃にちょうど小林くんのソロ名義のライヴがあって、その流れでサポートをすることになって、今のMAYKIDZにつながってます。
小林実は今作にも入ってる「Magic」という曲はソロ用に書いたんですけど、せっかくならバンドでやりたいなと思ったんですよ。一気に溜めていたデモやこのバンドのために書いた曲を寄せ集めて、作品を出せるのかも決まってなかったけどとりあえずワンマンをやろうと。
──結成を発表してすぐ、5月26日に初ワンマンを決行してますもんね。
BEAK何もかもが急ピッチで進んで、かなりバタバタでしたね。
──初めて3人で合わせた感触はどうでした?
BEAKそれがすごく良かったんですよ。これはバンドを組んだほうがいいなって思うくらい。

photo by 三條康貴

小林光一(Vo&Gt) photo by 三條康貴

高田雄一(Ba) photo by 三條康貴

BEAK(Dr) photo by 三條康貴

──では、MAYKIDZとしてはどんな音楽をやろうと?
小林シンプルな音楽が好きなんですよね。いろんな文明が発達している中で、シンプルを突き詰めて、いいメロディーを書く。あとは、ギター、ベース、ドラムというこのメンバーで再現できる曲を作ろうと思いました。
高田縛りがある中でやってますからね。特に僕のやりたいことは限られてるし。
小林確かに、雄一さんができることは限られてる(笑)。
高田ははは。スラップ始まりと言われても、できませんからね。
──小林さんが思うシンプルな音楽とは?
小林The Fratellisのようにコード弾きだけでメロディーが成り立つ音楽だったり、ほかにはGreen Day辺りですかね。
──資料に“パンクロック”という言葉もありますけど、パンクロックやメロディックに対するこだわりはあるんですか?
小林特にそういうのはないけど、この3人でやるとそこに落ち着くのかな?とくにこのふたり(高田、BEAK)は年季の入ったパンクをやってきてたし。僕がやっていた超飛行少年はJ-ROCKというカテゴリーでしたけど。でも、自分の中で“シンプルに音だけで伝わるようなものをやりたい”と思うところもあって…ELLEGARDEN、NICOTINEとかも聴いて育ってきたし(笑)。ただ、メロディーに関しては弾き語りで作るので、そこは自分の色が出てるんじゃないですかね?
──つまりMAYKIDZは小林さんにとって夢のラインナップということ?
小林そうなんですよ!雄一さんに“ELLEGARDEN、聴いてました?”とスタジオで聞かれて、“あれっ、バレてる!?”と思いました(笑)。
高田ははは。ちょっとした節々から感じたんですよね。
──それは僕も感じました(笑)。
小林これまでのバンドではできなかったフラストレーションもこのバンドで吐き出せました。
BEAKでも、英語と日本語のバランスは考えましたね。もともと英語だった曲を日本語にしてほしいと頼んだりして。日本語の分かりやすさも大事なので、半々ぐらいにしたかったんです。「Sentimental Town」も最初は英語だったんですけど、日本語にしたらしっくり来ました。
──曲調は通常の2ビートよりもさらに速いですよね。
BEAKめちゃくちゃ速いです。NICOTINEは2ビートが多いバンドなんですけど、その中でもこの曲より速いものはないです(笑)。
小林「Sentimental Town」は僕がこれまでやってきたことを活かした曲調にできましたね。
BEAK過去にSAY MY NAME.と対バンしたこともあって、その頃から小林くんが作る楽曲は好きだったんです。すごくいいバンドだけど、個人的に“もっとこうしてほしいなぁ”と思うところもあって。小林くんの声は爽やかなので、そこに強さが出てきたら、より良くなるかなと。だから、デモの段階よりもキーをほとんど上げたんですよ。それだけで歌の印象が変わりますからね。

公演情報

ディスクガレージ公演

『9/Theories Tour』

2018年8月29日(水) 東京・新代田LIVE HOUSE FEVER
オープニングアクト:moke(s)
ゲスト:PAM
チケット一般発売日:2018年7月14日(土)

2018年9月24日(月・振休) 大阪・福島LIVE SQUARE 2nd LINE
2018年9月25日(火) 名古屋・新栄アポロベイス
ゲスト:PAM
発売日:未定

『Final Oneman Live』
2018年10月21日(日) 東京・代官山SPACE ODD
発売日未定

RELEASE

『9/Theories』

1st Album

『9/Theories』

(NAKED SONGS)
2018年7月18日(水) SALE

PROFILE

MAYKIDZ

MAYKIDZ:2018年5月結成。小林光一(Vo&Gt/SAY MY NAME.、超飛行少年)、高田雄一(Ba/MEANING、ELLEGARDEN)、BEAK(Dr/NICOTINE)からなる3ピースバンド。5月に始動すること、キッズたちの遊び場を作ることを目標にバンド名“MAYKIDZ”と名付ける。5月26日に東京・恵比寿club aim にて初のワンマンライヴを開催し、同日に1stアルバム『9/Theories』を発表。

MAYKIDZ オフィシャルサイト

  • 取材

    荒金良介

SHARE

MAYKIDZの関連記事

アーティストページへ