株式会社キューブ代表の北牧裕幸氏が語る、長岡市の魅力が詰まったファミリー向けフェス『長岡 米百俵フェス』とは

インタビュー | 2018.09.08 15:00

長岡に受け継がれる“米百俵の精神”とは?

──新潟発のアイドルグループNGT48、長岡市出身のシンガーソングライター・琴音さんなど、地元に縁があるアーティストも出演。さらに長岡市民割引チケットも販売されていますが、まずは地元のみなさんに来てほしいという気持ちもあるのでしょうか?

そうですね。市内、県内、県外のバランスが取れていることが一番いいと思うのですが、まずは市民のみなさんに応援してもらいたいので。
長岡市の方々にはぜひ、おもてなしの精神でこのフェスを迎え入れてほしいと思っているんです。
フェス当日には長岡駅前をTシャツで飾る企画などもあるのですが、そうやって“自分たちのフェス、自分たちの祭り”という意識を持っていただかないと、長続きしないと思うんですよね。
『長岡 米百俵フェス』は発足当初から、5年、10年と続くフェスにしようと話していて、そのために長岡市とも協力体制を整えています。やり続けないと定着しないし、将来的には8月の長岡祭りと『長岡 米百俵フェス』を長岡の2大イベントにしたいと思っています。

会場となる東山ファミリーランド

──オープニングアクトをつとめるアーティストを選ぶ『COME100 オーディション』も、“地元初のアーティストを発掘する”という意図なのでしょうか?

オーディションは、長岡に伝わる故事“米百俵の精神”とも関わっているんです。
長岡は戊辰戦争の戦場になったのですが、復興のためにと支藩(三根山藩)から送られてきた米百俵を藩士に分配せず、将来を担う人材を育てる学校設立の資金に充てた。その逸話を山本有三が戯曲「米百俵」で描き、最近では小泉純一郎さんが施政方針演説で“米百俵の精神”として紹介したことでも知られています。
今回のフェスでも、子供たちの未来、音楽の未来に役立つことをやりたいと思い、オーディションを行うことになりました。
これも継続して、このフェスでチャンスを掴んだアーティストを送り出していきたいなと。その時に建立された学校は今も存在しているのですが、その学校の生徒のみなさんにも協力してもらいたくて。
いきものがかりの山下穂尊がこのフェスのために書き下ろした「輝き」をレコーディングして、楽曲をフェスの最後を飾る花火の打ち上げのときに音楽花火としても聴いていただこうと思っています。

──なるほど。北牧さんは音楽プロダクションの代表として、いきものがかり、wacciなどを手掛けてきたわけですが、以前からフェスを主催する構想はあったのですか?

そういうわけではないのですが、2016年に『いとうせいこうフェス』を開催したことがひとつのきっかけになっているかもしれないですね。
東京体育館で2日間に渡って開催し、素晴らしいアーティストの方々に出演していただき、お客さんにもたくさん集まっていだいて。
『長岡 米百俵フェス』は長岡の開府400年がきっかけでしたが、こういう大掛かりなイベントは僕らも楽しいですからね。お祭りを作るのが好きだから、この仕事をやらせていただいてるところもあるので(笑)。

──『長岡 米百俵フェス』は“お祭り”という呼び方が似合うと思います。音楽はもちろん、その土地に根差した文化、食などがここまでしっかり取り入れられているフェスは、稀ですよね。

そうですね。よく“もの”から“こと”へと言われますが、音楽業界の重点がライヴに移る中でどういうイベントを提供できるかはいつも考えていて。
これまでの音楽フェスは友達同士やカップルで行く人が多かった思いますが、今後はファミリー層にどうアピールするかが重要になってくるのではないでしょうか。
家族みんなでフェスを楽しむことでたくさんの思い出を作り、絆を強めることにもつながると思います。
キャンプ場もあるので、ぜひ利用してほしいですね。アウトドア好きの山下穂尊のアイデアも取り入れながら、初心者でも楽しめるように準備しているので。

キャンプサイトは車を横付けできるため、会場まで楽々。

──最後に、『長岡 米百俵フェス』に足を運ぼうと思っている方にメッセージをいただけますか?

音楽、花火、食を味わっていただいて、長岡の魅力を知ってほしいなと思いますね。
関東圏であれば日帰りもできますし、フェスが終わった後には市内に戻って食事などもできるので、地元のみなさんと交流してもらえると嬉しいです。
そして、“毎年このフェスに来たい”と思ってもらえるようなフェスにしていきたいと思っています。

長岡 米百俵フェス ~花火と食と音楽と~ 2018

公演情報

DISK GARAGE公演

長岡 米百俵フェス ~花火と食と音楽と~2018

長岡 米百俵フェス ~花火と食と音楽と~ 2018

2018年10月6日(土)7日(日)
新潟県長岡市・東山ファミリーランド

【10月6日(土)出演者】
NGT48、神田莉緒香、岸谷香、GLIM SPANKY、琴音、サンプラザ中野くん&パッパラー河合、にゃんぞぬデシ、BEGIN、BIGMAMA、藤木直人、FLOW、wacci
MC:楠雄二朗 / U.K. 、長井短

【10月7日(日)出演者】
いとうせいこう is the poet、Creepy Nuts、Shiggy Jr.、JUNNA、東京パフォーマンスドール、ねごと、ひなた、平原綾香、杏子/スキマスイッチ/松室政哉 from 福耳、安田レイ、横山だいすけ、渡辺美里
MC:楠雄二朗 / U.K. 、 加藤諒

■米フェススペシャル・ナビゲーター:山下穂尊(いきものがかり)

■米フェスサポーター(ロゴデザイン):森本千絵(アートディレクター)

■HOUSE BAND MEMBER
本間昭光 音楽監督(Key)
島田昌典 音楽監督(Key)

松永俊弥(Dr)
安達貴史(Ba)
林部直樹(Gu)
中村タイチ(Gu)
坂井”Lambsy”秀彰(Per)
足立賢明(Manipulator)

チケット一般発売日:2018年9月9日(日)

  • 森朋之

    インタビュー

    森朋之

    • Facebook

SHARE

関連記事

イベントページへ