首振りDolls、メンバーが初めて行ったライブ&愛用品について語る、独占動画コメント第2弾!

インタビュー | 2018.10.05 17:00

めんたいロックのDNA、極彩色の遺伝子は首振りDollsに受け継がれていた…!! 
4月にキングレコードから、アルバム『真夜中の徘徊者~ミッドナイトランブラー』でメジャーデビューした、北九州発の危険な3人組首振りDolls。
メンバーは、ドラムボーカルのnao、ギターのJohnny Diamond、ベースの
John。北九州市小倉で2012年に産声をあげたスリーピースのロックバンドだ。

4月25日に発売され、発売から現在も好調な売り行きを見せているメジャー1stアルバム『真夜中の徘徊者~ミッドナイトランブラー』は、彼らのルーツでもあるロックンロールやハードロック、昭和歌謡、ヘヴィ・メタル、メロディック・ハードコアといった様々な音楽的要素が採り入れられた個性的な音楽性がとても魅力的である。そんなサウンドの上に乗るnaoの書く歌詞も実に深く、寺山修司や夢野久作からも影響を受けているという文学的かつ、映像的な独特な描写が唯一無二な世界観を創り上げている。
退廃的なメイクのルーツはグラムロックをイメージするもので、KISSやAlice Cooperや、日本のパンクロックシーンの草分け的存在である遠藤ミチロウなどへのリスペクトもあるのだと言う。

音楽を尊敬し、音楽を愛し、探究し続ける彼らが創り出すサウンドは、年齢問わず、コアなロック好きも唸らせることは証明済み。しかも、コア層だけではなく、“ロックバンドの音には抵抗がある”という人達にも、彼らのキャッチーなロックンロールは必ずや響くはず。
是非、彼らの音に触れて、新たなロックシーンの幕開けを感じてほしい。

今回、5月に行われた、メジャーアルバムを引っ提げた全国ツアー『MIDNIGHT COLORS -真夜中の極彩夢-』の追加公演が10月12日(金)に大阪FANDANGOにて行われることになった彼ら、首振りDollsからの独占映像が届いたので、お届けしよう!

メンバーが初めて行ったライブ&愛用品について語る!
DI:GA ONLINE独占動画【その2】

『イージーライダー』Music Video

『煙突の街』Music Video

公演情報

ディスクガレージ公演

「MIDNIGHT COLORS~真夜中の極彩夢~」

2018年10月01日(月) 京都・磔磔
2018年10月02日(火) 名古屋・得三
2018年10月12日(金) 大阪・十三FANDANGO 【追加公演】
2018年10月13日(土) 静岡・浜松 MESCALIN DRIVE
2018年10月14日(日) 東京・下北沢 CLUB Que
2018年10月15日(月) 東京・池袋 LiveGarage Adm
2018年10月17日(水) 東京・TSUTAYA O-East
2018年10月27日(土) 鹿児島・Speed King
2018年10月29日(月) 大阪・心斎橋 Music Club JANUS
2018年10月30日(火) 東京・新宿 LOFT
2018年11月02日(金) 福岡・小倉 FUSE
2018年11月03日(土) 大分・T.O.P.S Bitts HALL
2018年11月16日(金) 岡山・PEPPERLAND
2018年11月17日(土) 福岡・黒崎 MARCUS
2018年11月18日(日) 福岡・小倉 FUSE
2018年11月21日(水) 東京・下北沢 CLUB Que
2018年11月23日(金) 愛知・名古屋 HUCK FINN
2018年11月24日(土) 大阪・南堀江knave

主演:首振りDolls
VJ:TRASH ART WORKS

PROFILE

2012年1月結成。爆発的成長を続ける今最も危険な三人組。
ドラムヴォーカルをフロントとした3Pバンドであり、Dr./Vo.ナオの昭和歌謡やガレージをルーツとした楽曲に、Gt./Vo.ジョニーとBa.ジョンの初期パンクやハードロックのルーツを融合した独自のサウンドを武器としている。
ホラーテイストなメイクとド派手でシアトリカルなパフォーマンスに乗せた捻じ曲がった感情を吐き出すような歌唱は、一つの舞台を見ているようだと好評を博す。
2018年4月にキングレコードから〝真夜中の徘徊者〜ミッドナイトランブラー〜〟をリリースしメジャーデビューを果たす。
プロデュースはTHE SLUT BUNKSの戸城憲夫(ex・ZIGGY)。
奇抜なルックスとは裏腹な純度の高いロックンロールを武器に日本各地に爆音を届けている。

  • 武市尚子

    ライター

    武市尚子

SHARE

関連記事