【対談前編】SHOW-YA・寺田恵子×Mary’s Blood・EYE、歌詞に込める想いと恋愛観を赤裸々に語る!

インタビュー | 2018.10.12 15:00

ガールズロックバンドの草分け的存在として、日本のロックシーンをリードし、今も尚、活躍し続けるSHOW-YA。そんな先輩たちが切り開いたガールズバンドシーンを立派に引き継ぎ、絶対的なスキルで多くのロック信者を唸らせるMary’s Blood。ボーカリストとしてバンドをリードする寺田恵子とEYE。今回は、幾度もステージをともにした仲でもある寺田とEYEのロック談義をお届け。彼女たちはどんな想いを歌詞として綴り、どんな想いを込めてその言葉を歌っているのだろう?ロックボーカリストとして、ロッククイーンとして、そして、1人の女性として、彼女たちは何を想い、何を伝えようとしているのか?全2回に渡る本対談の前編で炸裂したガールズトークは必見の価値あり!

洗面所で下着姿の自分を見た瞬間にこれだって思った。
それで事務所に電話して“下着に鋲打ってくんない?”って言ったのよ(寺田)

──2人の初対面はいつだったんですか?
寺田<NAONのYAON>に最初に出てもらう前に、Mary’s Bloodのライヴを観に行かせてもらったのが最初だったんじゃなかったっけ?南青山のFuture SEVEN。VIPルームでsun-go(五十嵐☆sun-go☆美貴)と私とで観に行ったのかな。
──それは偵察的なところで行かれたんですか?
寺田それもあったと思うんだけど、誰かに、“こういうバンドがいるよ”って言われて。その前にSAKI(Gt)を知っていたんだけど、SAKIがMary’s Bloodっていうバンドに入るって話を聞いて、観に行ってるんじゃなかったかな。
EYEそうだったと思います。今のメンバーになって少し経ったくらいじゃなかったかな。
寺田そのときが、私の中では初めて観たEYEだったね(笑)
EYEいやいやいや、もぉお恥ずかしい!恵子さんが来てくれるってSAKIから聞いて、めちゃくちゃ緊張したの今でも覚えてますよ(笑)!
寺田EYE、あのときまだミニスカートで歌ってたよね?
EYEやめてくださいよ(笑)!そんなとこは覚えてなくていいです(笑)!めちゃ足元スースーしてました(笑)
寺田あははは。私なんか昔は下着で歌ってたからね!スースーどころじゃなかったから(笑)!

──あははは。The Runawaysも女性ならではの魅力を武器にしたバンドでもあったように、女性ならではの強みでもありますからね。よくガールズバンドのインタビューをすると、女性ならではの葛藤があったりしますけど。
寺田うん。すごく分かるな。あると思うよ。魅せ方をどうしていくか。本当に悩んだり葛藤は私たちもあったからね。きっとEYEたちもあると思うし。お互いにね。根底にあるものはお互いあるんだけど、時代とともに表現の仕方とか、年代的な部分で感じることって全然違うじゃない。例えば恋愛とかでもEYEちゃんの恋愛と私の恋愛は多分全然違うからさ。
──先輩の恋愛観、ぜひともお聞きしたいです!そんなところから、歌詞の話にも繋げていけたらと。
寺田恋愛観、話しちゃう!?
EYEお!女子会始まっちゃうか!?いいっすね!
寺田てか、EYE、トキメク(笑)?
EYEいや、トキメかないっす(笑)。乾いてんな〜今。潤い足りてないな〜(笑)

寺田あははは。でも分かるよ〜。トキメキがないんだよ!テレビでドラマとか観て“いいな〜”とかはあるんだけど、男の人を見て“は〜(うっとり)”ってなることがまったくなくて、これはマズイなって思い、アルバムの中で恋の歌を重点的に何個か入れてもらったりしたんだけど、純情だった時の自分がわからなくなっちゃって、エロい歌になっちゃうんだよね(笑)
EYEそれがカッコいいんですよ!私にはまだそのエロス出せないですもん。まだまだひよっこすぎて(笑)。だから、せめてトキメキがあれば………。生々しい恋愛の歌詞とかも書けるんでしょうけどね……。ダメだなぁ、今、乾いてるかなぁ〜(笑)
──寺田さんは、実体験とかを歌詞にされていく方ですか?トキメキがないときはどういうインスパイアで歌詞を書くんですか?
寺田そうだね、どうだろうな。私は昔から実際に自分で歌詞を書いてるわけじゃなく、“こういう歌が歌いたい!”って説明して歌詞にしてもらうから、言葉のチョイスっていうのは作詞家さんがしてくれるんですけど、そこは実体験だったり、そうじゃない場合もあるかな。“もうとにかくエロいの!”って、けっこうざっくり投げることも多いからね。
EYEでも、書けるときには土台も書いちゃうっておっしゃってましたよね?
寺田そうだね。それはね、日記。日記を渡すの。
EYE日記?
寺田そう。“てめーふざけんじゃねぇ!”みたいな、本当にプライベートで殴り書いた日記とかを渡して、歌詞を書いてもらったりするの。“この曲には、このときの心情が合うと思うから”って話して。だから、日記を書くときにちょっとだけ詩的な日記を書くときもあって。それはわりとそのまま歌詞になっていたりするときもあるかな。最近はけっこう、“Aメロはこんな感じとか、Bメロはこういう世界観で”って、走り書きを渡して作ってもらうこともあるけどね。だから、強烈に自分の中で揺るがないものが見えてるときは、絶対にそこからズラさないって思ってるかな。EYEは、自分で歌詞を書いてるんだよね?
EYEはい。そうですね、自分で書いてます。

公演情報

ディスクガレージ公演

【Mary's Bloodイベント情報】

<CROSS THE LINE>
2018年12月5日(水) LIQUIDROOM

出演:Mary’s Blood / 夢みるアドレセンス / むらたたむ&レディビアード

<CROSS THE LINE>
2018年12月6日(木) LIQUIDROOM

出演:Mary’s Blood / SHOW-YA / ベッド・イン

チケット一般発売日:2018年10月5日(金)

RELEASE

「AURORA」

SHOW-YA 11th ALBUM

「AURORA」

(マスターワークス)
2017年9月27日(水) SALE
「LIVE at BLITZ~Make The New WORLD Tour 2018~ 」

Mary's Blood 映像作品

「LIVE at BLITZ~Make The New WORLD Tour 2018~ 」

(JAPAN RECORD)
2018年10月24日(水)リリース!
※DVD・Blu-rayの2形態
  • 武市尚子

    取材・文

    武市尚子

  • 東 美樹

    撮影

    東 美樹

    • ツイッター

SHARE

関連記事