【Legend Guitarist】異伝 Vol.2 ~Le Voyage~ you(Janne Da Arc)/RENO 対談

インタビュー | 2018.10.18 15:00

複数のギタリスト参加によるギターインストのイベント「Legend Guitarist」。そのスピンオフといえる「Legend Guitarist 異伝 Vol.2 ~Le Voyage~」が開催される。前回はKOJI(ALvino、La’cryma Christi)とyou(Janne Da Arc)の2人が密度の濃いギターインストを聴かせてくれたが、今回はyouとRENOという組み合わせ。さらにLeda(Far East Dizain)のゲスト参加もあり、最強にプログレッシブ度を増した攻撃的な内容になりそうだ。
──前回の「異伝 Vol.1」ではKOJIさんとyouさんという組み合わせで開催されましたが、あの時の感触が良くて2人のパターンをまた行おうと思ったんですか?

you

いつもやっている「Legend Guitarist」の「異伝」ってことで、また違った魅力を見せるっていうコンセプトに賛同しまして。本筋のスピンオフとして、2人で表現する「異伝」で、より個性を発揮するのもとても魅力的だな、と。
──大人数の良さもあるけれど?

you

そうですね、もちろん。「Legend Guitarist」があるからこそ、この「異伝」がまた光ると思っていますしね。
──2人だけでやる前にイメージしたのと、実際にやってみての違いはありました?

you

最初はなかなか想像できなくて。でもやっていく中で見えてきたし、やっぱり印象深かったのは共作を作ったことですね。このイベントに向けての共作ということを意識することで、全体像も見えましたしね。しかも、KOJIさんの作ってきたものに僕がプラスして作っていくというやり取りも初めてだったし、そういうのって機会がないとなかなかできないですから。
──そもそも、共作ってあまりないですよね?

you

そうなんですけど、この「Legend Guitarist」で参加してくれているメンバーは、壁を取っ払ってできる感じがあって。それは新鮮で楽しいですし、やりがいもありますね。
──リハだけでも大変ですけど、新曲も作って、となるとさらに大変ですね?

you

労力はかかりましたけれど、それはそれで楽しい作業ですね。前回はKOJIさんの曲がなかなか大変でしたけど(笑)。
──RENOさんは、2人だけでイベントという話が来た時はどう思いました?

RENO

大人数の良さも2人の良さもどちらもあるので、今回はyouさんとということで、かなりプログレッシブな内容ができそうだなという気がしました。6月の自分のライブにyouさんにゲスト出演していただいたんですけど。その感じもあったので、ファン同士もすんなり入れるライブだと思いますね。
──ギタリスト2人だけが前面に出るライブって、あまりないですけど?

RENO

そうですけど、youさんがリードを弾いていて僕がバッキングを弾いたり、ハモリをやるというのはイメージしやすい形なんです。逆に5人いたりするほうが考え込みますね。

you

それは僕も同じです。結構考えますし、頭を悩ますところです。でも、その構築がギタリストならでは、って部分ってところもありますけどね。

RENO

純粋に2人のギターの音が前面に出せるというところは、逆に一番のメリットだと思いますね。
──どちらかがソロ、どちらかがバッキングという役割も明確に出せる?

RENO

そうですね。ギターが2本しかないので、シンプルかつ音が分離して聴けるライブになると思います。それを目指してやったらいい気がします。
──さっき、よりプログレッシブな内容になりそうという話が出ましたけれど、どんな感じを思い描いていますか?

RENO

youさんと僕なので、キャッチーさもありつつ、変拍子も取り入れたり。youさんが今までやってこなかったyouさんの大作を披露することもできるかなと。

you

その大作をもしやるとしたら、それは5人でやると大変なんですけど、2人でやるとなったらできるかもしれないって思ってRENOくんにも相談して。今までやりたいと思っていた曲の中のいくつかは、RENOくんとだったら二人の空気感の中でできるような気もして。
──ただ、やりすぎると聴き手が置いて行かれるかもしれないような?

you

そのバランスは考えないとですね(笑)。でも、“これでもか!”っていう感じは出していきたいですね。基本的にはお客さんをいかに楽しませるかをメインに考えていて、そこは今回も変わらないですけど、今回はそういう“これでもか!”って部分も楽しませたいなって。

RENO

より深くなりそうですね。5人のパターンの時は広く、ですけど、今回は「異伝」ということでエクストラなもの、マニアックなものに行ってもいいんじゃないかなと思うので。入り口はキャッチーにしつつも、中盤で“沼”みたいな感じがあってもいいかな(笑)。

you

そういうセクションがあってもそれはそれで面白いよね。無理やりお客さんを“沼”に引きずりこむような(笑)。

RENO

ここでやるのがいいんじゃないかなと思ってます。
──お2人でのセッションは増えそうですか?

RENO

カバーとかも2人でやりたい曲の候補があって。今までとは違うカバーというか、知っている人が聴いたら激アツなカバー、知らない人が聴いてもかっこいい曲、そういう曲をやれたらなと。

you

カバーもこれまでは誰でも知っている曲をやってたんですけど、もしかしたら今回はちょっと違うかもしれない。
──それに、Ledaさんがゲスト参加されるんですよね。このいきさつは?

you

これが、すごい軽いいきさつで(笑)。

RENO

6月の僕のライブにyouさんに出ていただいた時、Ledaくんも観に来てくれていて。打ち上げで普通に飲んでいる時に、“出る?”って聞いたら、スケジュールを見て“空いてる”って。

you

“じゃあ出る?”“OK”って。すぐにゲスト参加決定(笑)。

RENO

そういうのは大事ですよね。ガチガチに決め込むのもあるけれど、“やりたい、行きたい”って、その時に出た気持ちで参加してくれたら盛り上がりますからね。
──Ledaさんが参加する曲はよりプログレッシブ度が高くなりそうですね?

RENO

そうですけど、Ledaくんにはなるべく負担のないように(笑)。

you

ゲストとしてお招きするので、負担なく(笑)。

RENO

前日は自分のライブだって言ってるし(笑)。

you

“来て良かった、楽しかった”ってLedaくんにも思ってもらえたらいいですね。
──そして、今回の「異伝」のサブタイトルは、“Le Voyage”(旅)ですけど、これはどんな意味合いが?

you

2人の楽曲に偶然にも旅をタイトルにしたものがあって、この二人の共通点ってことで、サブタイトルにしてもらいました。

RENO

あとは挑戦という意味もありますね。これまでやってこなかった曲調、表現してこなかった雰囲気も含め、もっとストイックな部分を見せられればという。

you

今まで「Legend Guitarist」では見せなかったRENOくんが出ると思うし、もっとギタリストとしてのRENOくんが炸裂するのは間違いないと思います。もちろん、僕も負けてたまるか!という思いはあります。

RENO

これまでの僕のライブでもそこまでマニアックに行ってないので。せっかくの機会なので、youさんの楽曲に対して自分のバッキングでよりソリッドに表現したいなとか、ワクワクするところはありますね。
──今回、スタンディングの会場ですけど、youさんは前回やってみて、違いを感じました?

you

正直、違いは感じなかったです。空気感は一緒でしたね。まあ、やる曲調もあると思いますけど、お客さんの雰囲気も変わったということもなくて。
──スタンディングの会場向けの曲をやったわけでもなく?

you

スタンディングだからといって、そこまでガラッと雰囲気を変えなかったのもあるんですよ。もちろん意識して変えたところはありましたけど、全てが激しい!みたいな感じにはしてなくて。

RENO

ちなみに、どんな曲調だったんですか?

you

KOJIさんのミドルな曲の魅力も出していただきつつ、僕も聴いて欲しい曲があったりして。

RENO

それは合作も?

you

うん。基本をKOJIさんが作ってくれて、すごくそれが魅力的でね。今回はあえて激しい曲、ノリのいい曲を多めにしてみようか!とRENOくんとも話しているところなので、また違った「異伝」になるかもしれませんね。

RENO

それに構成に関しても、いつも来られている方にも変化球というか、“おお!”っと思われるような流れになるかもしれないです。
──これまでの流れにはない意外性もある?

you

そうですね。

RENO

ギタリストのイベントっていうところで、キャッチーなのはもちろんあるんですけど、より男の子たちにも観に来てほしいし、ギター好きの方にも観てもらいたいライブなので。自分がリスナーだったら間違いなく楽しめるくらい、観ごたえのあるライブにしたいと思います。

you

より濃厚に、より自由に、「異伝」ならではのプレイをしたいなと。「Legend Guitarist」では、みんなのカラーをなるべくうまく出せたらいいなと思って、一歩引く場面を作ったり、みんなが作ってくれたりっていうのがあってそこが魅力なんですが、今回は引かない(笑)。今回は、RENOくん、Ledaくんなので、一歩も引かずにやってやろうと思います(笑)。

RENO

カラーが近いですから。

you

うん、それもあるよね。

RENO

かっこよさみたいなのは出したいですね。ギタリストとしてのかっこよさ。楽曲にしても、爽やかさというよりロック寄りにして、ギターがドン!としている方向の曲が多いライブにしたいです。女性も楽しめるし、そういう曲が好きな男性も楽しめるライブになる気がします。
──あとはLedaさんが加わってどんな刺激が生まれるか、気になりますね?

RENO

よりマニアックな音楽になるでしょうね。

you

各々が好きなことをやり始めたりしてね(笑)。

RENO

醤油とソースと味噌を混ぜて、ドロドロになる(笑)。決して白くはないですから。

you

そこが今回のポイントかな、なんて(笑)。
──では、改めて今回のイベントへの意気込みをお願いします。

RENO

今まで「Legend Guitarist」ではやってこなかった雰囲気の曲、構成になります。今までの「Legend Guitarist」が白なら今回は黒に寄せて。いい意味でダークサイド寄り、男のザ・ギタリストというところを表現できたらと思います。

you

今回は今まで以上に弾きまくるような、それを前面に出したライブになればと思います。それも、ドヤ顔で(笑)。ただ、自己満足にならないように。来てくれるみんなが楽しいのが一番なので、楽しんでもらえるように一生懸命頑張ります。

RENO

でも、圧倒する瞬間は必要な気がします。2人でユニゾンですごいフレーズをズバズバ弾いて、“ドヤ!”っていう(笑)。そんなライブにしたいですね。

PRESENT

youさん×RENOさん直筆色紙を1名様にプレゼント!

※転載禁止

ツイッター応募方法

①DI:GA ONLINEの公式Twitterアカウントをフォロー
②表示されているツイートをリツイート
③ツイートのリプライから「Legend Guitarist 異伝シリーズで観たいギタリストの組み合わせは?」を送って下さい。
応募〆切は2018年11月17日(土) 23:59まで。

※DMでのご応募は受け付けておりません。

メール応募方法

以下を明記の上、メールにてご応募ください。応募〆切は2018年11月17日(土) 23:59まで。

※Twitter DMでのご応募は受け付けておりません。
※「メールで応募」ボタンを押すとメールが自動生成されます。
※当選者の発表は賞品の発送をもって代えさせていただきます。
《宛先》paper-dg@diskgarage.co.jp
《必須記載事項》希望賞品:【you × RENO】サイン色紙、郵便番号、住所、氏名、年齢、「Legend Guitarist 異伝シリーズで観たいギタリストの組み合わせは?」

メールで応募

詳細を見る

公演情報

ディスクガレージ公演

Legend Guitarist 異伝 Vol.2 ~Le Voyage~

2018年10月29日(月) TSUTAYA O-WEST

[出演者]
Guitarist:RENO / you(Janne Da Arc) GUEST:Leda(Far East Dizain)
Musician:Ba.NATCHIN(21g) / Key.都啓一(Rayflower) / Dr.前田遊野(仮BAND)

  • ライター

    岡本 明

SHARE

関連記事

イベントページへ