SUSHIBOYSのラップは、なぜ笑いと強い共感を呼ぶのか?初のワンマンツアーに臨む2人にその秘密を聞く

インタビュー | 2018.11.14 19:00

素の自分でステージに立つようになってからは
ライブ自体をもっと楽しめるようになった

──「味の素」はSUSHIBOYSのユーモアがウマく出た曲でしたが、どんな経緯でできたのですか?
ファームハウス今年(2018年)の3月くらいに、みんなでカンボジアに遊びに行ったんです。街を歩いていたときに現地の客引きが、僕らが日本人と分かると“味の素、味の素”って言いはじめて……たぶん振り向いてほしくて、とりあえず知っている日本語を発していたと思うんですが、それまで味の素がそんなに世界的に知られているって思ってもいなかったんですよね。
こうなってくると、僕らとしては曲にするしかないなって感じで。で、味の素をテーマにして、今の日本人の文化はこうなっているぞっていうのを世界に向けて発信したのがこの曲ですね。味の素しか知らない人に「味の素」で返してやったというか。
──やっぱりそういうテーマを選ぶセンスが面白いですよね。
ファームハウスどうなんだろう……それは僕らでも正直あまり分かっていないというか。普段からそういう視点で物事を見ているんですよ。物事には1つひとつストーリーがあって、それを自分の体験に重ねてみたりして、リリックを書いています。
──前作『WASABI』のリリースツアーをやってみて、印象に残っていることはありますか?
ファームハウスすごくお客さんがついてきてくれた印象があって、それって1年前には考えられなかったことでした。前に「Peach jonn」って曲でパンツ被ってライブをやったりしてたんですけど、全然人も少ないし、盛り上がらなかったりもして。でも『WASABI』を出したあとのツアーは、地方でもみんな盛り上がってくれたから、正直驚きました。
──前回のツアーで印象に残っている場所はありますか?
ファームハウスどの場所も盛り上がってくれたので、一番どこがいいとかは決められないですね。
サンテナ名古屋ですね。飯が美味かったんですよ。はじめて“なか卵”に行って……。
ファームハウスなか卵かよ。
(一同笑)
サンテナ昔、大阪はお客さんが全然入らなかったけど、前回のツアーはしっかり入ってくれたし、盛り上がったので嬉しかったですね。
──これまで、ライブのスタイルの変遷みたいなものってあったりしますか?
ファームハウスそんなに変わっていないんですが、最近、個人的に変わった部分があって。それまでは自分が思い描くアーティスト像にこだわっていた時期があって、ライブをやっていても最後まで自分自身が楽しめなかったんです。で、それが必要ないと気づいてからは素の自分でステージに立つようになって、ライブ自体をもっと楽しめるようになった。それがお客さんにも伝わっているって感じるんですよね。ある意味では、よりユルくなった感じもあるというか。
──新作『350』のツアーをもって、メンバーのエビデンスさんが脱退ということですが。
ファームハウスエビデンスの脱退に関して、僕らがそんなに語ることはないんですけど……全員が楽しく音楽を続けていくためには正しい判断だったというか。脱退したからといってSUSHIBOYSがなくなるわけじゃないし、何年後かにエビデンスが戻ってきて、もっとヤバいグループになるっていうシナリオも、僕のなかにはあります。
──ツアーは12月からはじまりますが、意気込みについて教えてください。
ファームハウスもっと盛り上げたいですし、ライブに来てくれる人をがっかりさせたくないって気持ちがあります。来てくれたひとりひとりが楽しんで、明日からもSUSHIBOYSを聴きながら、がんばろうっていうくらいのテンションで帰ってもらいたいというか。そのために僕らも楽しい仕掛けを考えています。ある意味ショウもPVと同じというか。前回のツアーならアヒルのボートを客席に投げ込んだり、ああいう変わったハプニングもあったらいいなって思ってます。あと、前回のツアーもMCのシナリオみたいなものを仕込んでいたんですけど、それは今回もやろうかなって思っていますね。
──ツアー初日は渋谷WWW Xですね。
サンテナツアーのなかで一番大きい会場だし、やっぱりツアーの初日でもあるので、来てくれた人に行ってよかったなって思ってもらえて、“渋谷のライブ、マジでヤバかった”って噂が広まるようなものにしたいです。
──SUSHIBOYSのライブをより楽しむために、知っておいたほうがいいことってありますか?
サンテナ1曲でも僕らの曲を知っていたら楽しめると思います。あと、PVを観てもらって、一緒に歌えるフックを覚えてきてもらったりすると、もっと楽しめるかなと。そうは言っても、1人ひとりライブの楽しみ方は違うと思うので、好きに楽しんでくれたら、僕らも嬉しいですね。

PRESENT

「SUSHIBOYS ソックス&ステッカー2枚セット」を1名様に!

※転載禁止

受付は終了しました

公演情報

ディスクガレージ公演

<SUSHIBOYS ワンマンツアー2018>

2018年12月2日(日) 東京 Shibuya WWW X
2018年12月7日(金) 愛知 CLUB ROCK’N’ROLL
2018年12月9日(日) 北海道 SPIRITUAL LOUNGE
2018年12月12日(水) 大阪 心斎橋Pangea
2018年12月14日(金) 福岡 graf
2018年12月22日(土) 埼玉 川越G-style

チケット一般発売日:2018年10月27日(土)

RELEASE

『350』

ミニアルバム

『350』

2018年11月21日(水)SALE

【収録曲】
01.Shopping Cart Racer
02.味の素
03.Drivin'
04.8月32日
05.遊戯王
06.USB
07.とりま-Bonus Track-
  • 取材・文

    伊藤大輔

SHARE

SUSHIBOYSの関連記事

アーティストページへ