Diggy-MO’、10周年を祝うツアーファイナル。全34曲ノンストップ、圧巻のステージをレポート

ライブレポート | 2018.11.30 21:00

Diggy-MO' LIVE TOUR 2018 “ IN SKIN ”
2018年11月25日(日)LIQUIDROOM
Diggy-MO'
[メンバー] JUNKOO (Piano) / 篤志 (Guitar)/ 山崎 慶 (Drums) / DJ Taik i(DJ) / アミーゴ (Percussion)/ chloe [DOG MONSTER] (Bass)
[ゲスト] 大神:OHGA / SHEILA

2008年11月26日にシングル『爆走夢歌』をリリースしてから10年、Diggy-MO'がソロ活動10周年を迎えた。11月7日にはベストアルバム『DX』(ディー・テン)をリリースし、それを引っさげて東名阪のツアーを敢行。そのツアー「Diggy-MO' LIVE TOUR 2018 “ IN SKIN ”」のファイナルが、ソロデビュー記念日の前夜となる11月25日に恵比寿リキッドルームで行われた。10年のキャリアを総括し、さらなる進化をも見せつけた一夜の様子をレポートする。

荘厳なSEに手拍子も起きる中、まずはバンドが登場。今回のメンバーは、JUNKOO(Piano)、篤志(G)、山崎 慶(Dr)、DJ Taiki(DJ)、アミーゴ(Per)というおなじみのメンツに、紅一点のベーシストchloe [DOG MONSTER]を加えた編成だ。そこにいよいよDiggy-MO'が登場すると、ひときわ大きな歓声が上がる。1曲目は「SHOTTTTEQKILLA」。いきなりchloeのスラップベースが唸りを上げ、重厚なファンクネスがリキッドルームを覆っていく。そこからSOUL'd OUTの楽曲「Sweet Grrl パイセン」へ。のっけからフロアを煽りまくるDiggy-MO'の姿に、オーディエンスの興奮もどんどん高まっていく。重いビートが会場を震わせた「COME ON」、Diggyのスキルが爆発する「Lost Ones」と「MUZiiK FVCK」……オープニングからパンチありまくり、怒涛の展開だ。

それにしてもこの序盤だけで改めて圧倒されるのは、Diggy-MO'の歌とラップを盤石のグルーヴで支えるバンドアンサンブルの強固さだ。音数が多く音符の配置も複雑なサウンドを、まるで生き物のようにうねらせ、跳ねさせ、躍らせる。Diggy-MO'ミュージックを真に理解しているメンバーで積み重ねてきた時間があるからこその一体感。そこにchloeの新しい血が入ってアップデートされた最新型のDiggy-MO'サウンド。そしてそのサウンドを自在に乗りこなしてみせるDiggy自身のヴォーカル・スキル。すべてが緻密なメカニズムで絡み合い、Diggyの声とメッセージをヴィヴィッドに伝えてくる。中盤ではSOUL'd OUTのナンバー「Sticky 69」に、Diggy-MO'のピアノプレイにフロアが沸いた「首都高2」、待ってましたとばかりに大歓声が巻き起こった「先生、」とキラーチューンを畳み掛ける。マイクを何度もオーディエンスのほうへ向け、シンガロングを誘うDiggy。それに応えてフロアからも大きな歌声が起こる。

「PSYCHE PSYCHE」を歌い終えた後、「スペシャルなゲスト」としてDiggyがステージに呼び込んだのはSHEILA! ふたりの付き合いの長さと深さが伺い知れるやり取りを経て、披露されたのはもちろん「ノンシャランにゆけば」だ。妖艶なグルーヴの中でDiggyのラップとSHEILAの伸びやかなヴォーカルが絡み合う。SHEILAがDiggyとハグしてステージを去ったあとは「ToMiTaMi ToMiTaMo」からジョージ・マイケルのカヴァー「Careless Whisper」、そして「GIOVANNI」とジャジーな世界を展開し、Diggy-MO'の音楽世界の奥行きを印象づける。

そして後半戦、ここからがすごかった。「GOD SONG」に始まり「PTOLEMY」「Cap Song」とテンションはうなぎのぼり。Diggy自身もどんどん熱くなっていっているのがフロアにも伝わってくる。大歓迎を受けた「TOKYO通信 〜Urbs Communication〜」を経て投下された「サムライズム」ではツアーではおなじみ、ベーシストであるchloeを無理やり(?)ステージ前方に連れ出し歌わせるという一幕も。キュートに「間違えちゃった!」と叫ぶchloeの姿に野太い歓声が上がると、Diggyも思わず「野郎ども、満足かー!」と絶叫する。さらに続けて記念すべきデビュー曲「爆走夢歌」に突入すると、一気に場内は沸騰。全員がスリーピースサインを掲げ、リキッドルームは興奮のるつぼだ。そのまま本編ラスト「ONE VOW」までを駆け抜けると、熱狂渦巻くなかバンドはステージを去った。

しかし、もちろんこれでは終わらない。バンドメンバーはツアーTシャツを着込み、Diggyも白いシャツに衣装替えをして再び登場したアンコール。「VOODOO KINGDOM」で再びピアノを披露すると、続く「ASTRONAUT」では盟友・大神:OHGAが登場。白熱のラップバトルを繰り広げると、スケールの大きなサウンドがハコの天井を突き破るように広がった「YOYOY」を経て、「i<3U」(アイ・ラヴ・ユー)と名付けられた新曲を開陳する。

ほとんどMCもなく展開した怒涛のライヴの最後、Diggy-MO'は「ソロで10年もやることになるとは夢にも思っていなかった」と率直な思いを語った。「とりあえず……楽しんでくれているといいけど」。そしてバンドメンバー、そしてファンへの感謝を述べるDiggy。「どんな奴らが来ているかわからないけど、いつでも応援してるよ」という言葉に、彼らしい正直さと誠実さが窺える。

ライヴのフィナーレを飾ったのは「JUVES」と「Lovin’Junk」の最強コンボ。天井知らずの昂揚感がリキッドルームの空気を震わせるなか、記念すべき一夜は終わりを迎えた。振り返ってみれば3時間超、アンコール含め全34曲。圧倒的なヴォリュームのライヴでDiggy-MO'が見せつけたのは、際限なく広がるその音楽的振れ幅と、どんなスタイルでもブレないDiggy-MO'という表現者の芯の強さだった。ベストアルバムが(初回盤にいたっては)3枚組という物量になったのも、この日のセットリストが長くなったのも単なるサービス精神というわけではないだろう。Diggy-MO'というアーティストの輪郭を捉えるには、それぐらいの曲数が必要だったのだ。

シーンに登場した瞬間からそうだったが、SOUL'd OUTでの活動、そしてソロでのキャリアを経て、ますますDiggy-MO'というアーティストはジャンルや音楽性では定義できない存在になっている。ある一面を見れば極めてハードコア、しかし別の一面に目を向ければ極めてポップ。歌詞には確固たる哲学や人生観が表れているが、それをことさらに強調することなく、自らの声すらプロダクションの一部としてなめらかに音に織り込んでいく。そこから浮かび上がるのは、唯一無二の音楽家として進化し続けるDiggy-MO’の姿だ。10周年の節目を超えて、ここからどんな展開を見せるのか。12月24日、クリスマスイブにはピアノ・トリオ編成に豪華ゲストも迎えて1夜かぎりのプレミアムライブ「Tiny Xmas Concert 2018」も開催される。いつもとは一味違うステージでどんなパフォーマンスを発揮してくれるのか、こちらも大いに期待したい。

Diggy-MO' LIVE TOUR 2018 “ IN SKIN ”
2018年11月25日(日)LIQUIDROOM
SET LIST

01. SHOTTTTEQKILLA
02. Sweet Grrl パイセン
03. COME ON
04. Lost Ones
05. MUZiiK FVCK
06. SHE
07. ZAZA
08. Heartache Jive
09. Sticky 69
10. 首都高2
11. ビヨルン
12. 先生、
13. PSYCHE PSYCHE
14. ノンシャランにゆけば feat. SHEILA
15. ToMiTaMi ToMiTaMo
16. Careless Whisper
17. GIOVANNI
18. GOD SONG
19. PTOLEMY
20. Cap song
21. Bayside Serenade
22. TOKYO通信 〜 Urbs Communication 〜
23. サムライズム
24. 爆走夢歌
25. Blue World
26. STAY BEAUTIFUL
27. ONE VOW

EN1. VOODOO KINGDOM
EN2. ASTRONAUT feat.大神:OHGA
EN3. YOYOY
EN4. i<3U
EN5. Dream Drive
EN6. JUVES
EN7. Lovin' Junk

▼Spotify Play List

公演情報

ディスクガレージ公演

Diggy-MO' presents " Tiny Xmas Concert 2018 "

2018年12月24日(月・振休) EX THEATER ROPPONGI
Diggy-MO’
[メンバー]
JUNKOO (Piano) / 遠藤優樹 (Bass) / 中村“マーボー”真行 (Drums)
[ゲスト]
lecca / 日ノ内エミ / HAMMER

※U-18:当日会場にて身分証提示で¥1,000キャッシュバック

チケット一般発売日:2018年12月1日(土)

RELEASE

Best Album『DX – 10th Anniversary All This Time 2008-2018 -』

(SME Records)
2018年11月7日(水) Release!

■初回生産限定盤
CD2枚組:disc 1・2+特典CD1枚:outworks+ブックレット「帽子の中身」150Pインタビュー冊子
¥4,500(税込)

■通常盤
CD2枚組:disc 1・2
¥3,500(税込)

<CD:disc1>
01. JUVES (ジュヴィズ)
02. Lovin’ Junk
03. 先生、
04. PSYCHE PSYCHE
05. SHOTTTTEQKILLA (ショッテキーラ)
06. ノンシャランにゆけば feat. SHEILA
07. STAY BEAUTIFUL
08. Bayside Serenade
09. GIOVANNI (ジョヴァンニ) ※未発表曲
10. PTOLEMY (トレミー)
11. GOD SONG ※未発表曲

<CD:disc2>
01. 首都高2
02. Blue World
03. ZAZA
04. YOYOY
05. Heartach Jive
06. COME ON feat. J’quartus
07. サムライズム
08. FIRE WOO FOO FOO feat. LISA
09. 爆走夢歌
10. ONE VOW
11. Arcadia

<CD:Outworks>※初回限定盤特典
01. HALF Diggy-MO’ Remix / 女王蜂
02. Friday let me down featuring Diggy-MO’ (SOUL’d OUT) / a.mia + Key of Life
03. Ruby Hooty Jack / ViRCAN DiMMER
04. オアシス feat.Diggy-MO’ (SOUL’d OUT) / BENNIE K
05. BELLE EPOQUE feat. Diggy-MO’ / lecca
06. DOPEMAN? / m-flo ♥ EMYLI & Diggy-MO’
07. Garden feat. DJ KAORI, Diggy-MO’, クレンチ&ブリスタ / May J.
08. Diggy Diggy Diggy Pt.II (ViRCAN DiMMER Mix) / SOUL’d OUT

  • 取材・文

    小川智宏

  • PHOTO

    Yusuke Fujimaki (TAKIBI)

SHARE

Diggy-MO'の関連記事

アーティストページへ