“いつもの毎日に、胸高鳴る音楽を”。ディスクガレージ主催の新イベント「MUNETAKA」Vol.1をライブレポート!

ライブレポート | 2018.12.11 20:00

「いつもの毎日に、胸高鳴る音楽を」というコンセプトで、ディスクガレージの現場スタッフたちがジャンルレスでニューカマーたちをブッキングしていく新イベント『MUNETAKA』。そのVol.1が、12月3日、渋谷duo MUSIC EXCHANGEで開催された。OOPARTZ、Wonder Child、THREE1989、髙橋颯、BuZZの5組が出演し、まさにジャンルレスな音楽性とパフォーマンスで、ここに集まった耳の早いオーディエンスを楽しませた。

OOPARTZ

RYUICHIとJUVENILEの2人組。RYUICHIはボーカルでJUVENILEはサウンド・プロデュース、手弾きシンセやトークボックス(という機材のような楽器のようなもので、口にくわえて操作する。一見の価値あり)を担当。EDM色の強いダンス・トラックに、常にどこかセンチメンタルな歌メロをのせる音楽性。RYUICHI、身体のキレが「ダンスもできるボーカリスト」ではなく「一流のダンサー」のそれだが、曲のアウトロでちょっと踊るくらいで全開にしないのが憎い。なお1曲目でJUVENILEもちょっとダンスを見せたが、それもRYUICHI同様のキレのよさだった。

RYUICHI

JUVENILE

SET LIST

1. ウォーリー
2. ハイパーシンセサイザー
3. 特急コスモスライナー
4. Good Night Baby
5. 1人のダンス

Wonder Child

「Everybody say,Who are you?」のコール&レスポンスでスタートした2MC&1DJ、Wonder Child。「誰やねんって感じだと思うんですが」などと言いつつ、1曲目からハンドクラップ、シンガロング、振り付けなどなどを矢継ぎ早に求め、2曲目ではオーディエンスを座らせてジャンプさせるなど、全員参加型のパフォーマンスでどんどんみんなを巻き込んでいく。結果、4曲目「曖昧 Me Mind」あたりでは、duoに響くハンドクラップの大きさ、えらいことになっていた。ピアノやアコースティック・ギターを多用したトラックも印象的。なお、12月15日(土)の渋谷STAR LOUNGEからSkip the Chipsに名前を変えるとのこと。

Fumiya

YuSuKe

SET LIST

1. 不完全Vibes
2. Get Down
3. Days
4. 曖昧 Me Mind
5. Holiday

THREE1989

「THREE1989」と書いて「スリー」と読むそうです。ボーカル、DJ、キーボードのメンバー3人に、ドラマーと女性コーラスふたりが加わった6人編成でのライブ。プロフィールを見ると「エレクトロバンド」と書いてあるし、現にバック・トラックも使っているので全然間違いではないのだが、出している音は70~80年代のディスコやソウルやR&B、しかも歌ものとしてかなりレベル高いやつ。名古屋、福岡、東京と回って来て正直疲れていたが、オーディエンスのリアクションのよさでその疲れが吹っ飛んだ、と、うれしそうなShohey(Vo)だった。そのオーディエンスのリアクションは、ラストの「mint vacation」で、さらに大きくなった。

Shohey

Shimo

Datch

SET LIST

1. UMBRELLA
2. High Times
3. UNIVERSE
4. 涙のダンスフロア
5. Jungle Love
6. mint vacation

髙橋颯

髙橋颯

初めてのミニ・アルバムをリリースしたばかりの弱冠20歳のシンガー。ステージ上はひとりだけ、バック・トラックと歌のみのライブ、しかも基本バラード。でも、そのまま最後まで走り切った。つまり、そこまでの力を、この透明な声の歌そのものが持っていた、ということだろう。MCで対人恐怖症であることをぶっちゃけすぎて大ウケ、あったかいオーディエンスのリアクションに感激して、「イヤなことがあったら今日のことを思い出します」と言ったりする、愛されるだろうなあと思わせるキャラクターでもある。ラストの5曲目は1曲目にやった「大切な君へ」のリミックス・バージョンでは、フロアから大きなハンドクラップが響いた。

SET LIST

1. 大切な君へ
2. Never End Love Story
3. 君に恋してたい
4. ムーンライト
5. 大切な君へ remix

BuZZ

ボーカル4人(うちふたりは兄弟)、ベース、ドラム、キーボードの7人編成でのステージ、バック・トラックも使用。上から下までハモりまくり、息ぴったりに踊りまくり、時にはしっとりとウェットに聴かせ、時には4人でラップも繰り出し、MCでは客いじりで爆笑を巻き起こし──と、もうショーマンシップの塊のようなステージ。いかにも今風、というふうにも見えるグループだが、ドゥワップやゴスペル感、つまりルーツ・ミュージック感が色濃く出ているところもとても素敵、というか大きな武器。トリだったことも含め、今日いちばんフロアから歓声と笑い声が飛んだステージになり、オーディエンスに求められて予定外のアンコールも。1曲目の「ワガママなメロディ」をもう一度プレイした。

勇士

清水謙太

KENSUKE

Ü-SAY

SET LIST

1. ワガママなメロディ
2. Bee Quiet
3. Hangover
4. REASON
5. Amazing merry christmas
6. CHOO SEXY
EN. ワガママなメロディ

と、本当にジャンルレスに、新しい才能が集まるイベントになった第1回の『MUNETAKA』。次回『Vol.2』は明日12月12日(水)、渋谷TSUTAYA O-nestにて開催となる。ピアノ・トリオ・バンドOmoinotake、アシッド・ジャズやAORのテイストを持ったMellow Youth、懐かしい歌謡曲の空気を持つポップス・グループevening cinema、以上の3アクトが出演するので、ぜひチェックを!

公演情報

ディスクガレージ公演

MUNETAKA vol.2 -ODORU NIGHT-

2018年12月12日(水) SHIBUYA O-nest
出演:Omoinotake / Mellow Youth / evening cinema

チケット一般発売日:2018年10月27日(土)

プレイガイド
チケットぴあ
ローソンチケット

MUNETAKA vol.3-SURVIVAL-

2018年2月20日(水)下北沢 SHELTER
出演:首振りDolls / NYF

チケット一般発売日:2018年12月9日(日)

プレイガイド
チケットぴあ
ローソンチケット
イープラス

OOPARTZ

2019年春、『1人のダンス』”長編版”が池袋シネマ・ロサにて、劇場公開決定!
主題歌「1人のダンス」のMVは12月14日(金)公開!

Wonder Child

Wonder Child presents 「Soul Picnic」
2018年12月15日(土) 渋谷STAR LOUNGE
Guest:Choco / 大野雄介

チケット一般発売日:2018年8月4日(土)

THREE1989

THREE1989 3rd ALBUM “KISS” RELEASE ONE-MAN LIVE
2018年2月8日(金) Shibuya WWW X

チケット一般発売日:2018年12月22日(土)

髙橋颯

★「髙橋颯/WHITE」CD発売記念インストアイベント開催中!
2018年12月15日(土) HMVイオンモール岡山 [岡山]
2018年12月16日(日) フタバ図書TERA広島府中 [広島]
2018年12月22日(土) イオンマリンピア [千葉]
2018年12月29日(土) イオンモール成田 [千葉]
2018年12月30日(日) トレッサ横浜 [神奈川]

BuZZ

BuZZ EAST BOUND TOUR 2018-2019
2018年12月14日(金) 横浜BAY HALL
2018年12月29日(土) 柏PALOOZA
2018年1月12日(土) HEAVEN’S ROCK さいたま新都心

チケット一般発売日:2018年11月24日(土)

  • 兵庫慎司

    取材・文

    兵庫慎司

    • ツイッター
  • 東 美樹

    PHOTO

    東 美樹

    • ツイッター

SHARE

関連記事

イベントページへ